2014年04月03日

おぼろ雲便りNo.3:ファミリー・ポートレイト

実家に家族がいなくなると帰らなくなるってわかるなぁ…という気分の毎日、兄が登場する夢をよくみるようになりました。案外、ワタクシはブラコンなのかも( ̄0 ̄;


家族ということでは、昨日読んだ『at Home』(本多孝好)、帯に《水中メガネをかけて読むべきだ。
でないと涙が本に落ちて、ビショビショになってしまう。乙一(作家)》とあったのですが、う~んそこまでは…( ̄~ ̄;)


まずアット‐ホーム【at home】とは、自分の家にいるようにくつろげるさま。家庭的……「アットホームな家庭」という言葉はかなりオカシイことがわかりました(^_^;) 英和辞書では、『家庭招待会』のことを指すそうです。家庭招待会とは「招待者側が在宅の日時を知らせておき、客はその時間内の適当なときに現れる略式のパーティー」という意味のよう……ホームパーティのような雰囲気ってことかしらん?←経験がないからわからないけど(笑) またハイフンが入った「at-home」は単に「家での」「自宅での」という意味だそうです。


「at Home」「日曜日のヤドカリ」「リバイバル」「共犯者たち」の4つの短編集なんですが、表題作は先が読めるというか(レンタル家族っぽい繋がりが最初からぷんぷんするんだもん)予定調和なお話で、私はそんなに好きではない……多分、号泣!とかはこの作品を指しているのだと思うけれど(´д`) 私が一番好きなのは「日曜日のヤドカリ」! 主人公である父親と血のつながらない娘の話。ある日曜日に母親が出かけたあと、知らない男の子が「父親の行方を知らないか」と尋ねてくる。その男と母親がカケオチしたのではないか?という娘と一緒に真相を調べていく……。この母親がたまにしかご飯をつくらない人で、また激マズなんですよぉ!!←ここに共感したワケじゃ……(; ̄ー ̄A 問題がとりあえず解決して、夕飯を食べる場面があるんですが、そのやりとりがイイ( ̄▽ ̄)b


「無理しなくていいわよ。我ながら、これはすごい。お寿司でも取ろう。私が奢るから」「もったいないよ、お母さん。そんなに食べられないほどひどくはないから。この前のシチューのほうがすごかったし」「弥生、それは慰めてるの?それとも責めてるの?」「このくらいの困難は、ソースと七味と生卵と、それから楽しい会話とで乗りきれないことはない。ほら、喋りながら食べ続けろ。喋るついでに咀嚼しろ。俺の水、飲んでいいから」


他の人の感想をブログなどで読むと、私と全く反対に一番よかったのが表題作で、つまらないのがヤドカリだったりして……私の感性って鈍っている?おかしい?年をとりすぎた?( ; ゜Д゜)などと思わず「エーッ!」と声をあげてしまったのですが、人それぞれ、今までの体験やら今の状態やらで違いますもんね。『神様のカルテ』とかも私には合わない作品だったし。あ、「共犯者たち」に出てくるオヤジも好きです!


余談ですが、男前と言われている福山ほにゃはるサンの♪家族にぃなろぉ~よぉ~の歌はなんとなく歌詞にひっかかりがあり(子どもを産んで血筋を絶やさないようにしなさい!みたいなのを感じる)あんまり好きじゃないです( ・ε・) 今回のタイトルは桜庭一樹さんの『ファミリーポートレイト』から。この本の母娘の関係もなぁ……こちらはガッツリ本なので読む方は心してチャレンジして下さいo(*⌒O⌒)b 


……と上まで書いた後、本屋を2つほどまわり『本をめぐる物語 一冊の扉』『森崎書店の日々』(続編しか近くの本屋にはなかった)などを購入してまいりました!! 《春の読書祭り》みたいな記事が多くなるかもしれませんが、よかったらお付き合い下さいませ。




rohengram799 at 18:05│Comments(8)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by さーまま   2014年04月03日 20:11
本多さんの「at home」読みたい本の一つです。人とは違った感想になるのは、私もそうですよ~。自分の感覚が違うのかなとか思いますが、やっぱり同じように思う人もどこかにいるわけですしね。経験や、感覚、年齢などで、思うことも感じることも違ってくるのでしょうね。そこがまた面白いんですよね。しかし、帯にそんなことが書いてあるとは・・・泣けるというものには決して泣けない自分がいます(笑)
2. Posted by なう60   2014年04月04日 07:29
おはようございます。
「実家に家族がいなくなると」オスカ-さんの心境が伝わってきます。複雑な心境、歳月が解決
してくれることと思います。
3. Posted by 崖っぷちLidia(リディア)   2014年04月04日 08:57
母親もずっと働いていたし、兄弟は2つ年下の弟だけで
あんまりべったり兄弟付き合いしてないし
父親も組合活動であまり家にいなかったりして
家族は特別!みたいな感覚があまりないので
家族ものは映画も本もドラマもあんまり響かないんです。
母親が女として凄かったな〜〜と思うくらいかな。
今は中年の恋愛ものに興味があります。
4. Posted by 見張り員   2014年04月04日 09:08
おはようございます
アットホームってよくつかわれますが実はそんな意味だったのですね(-_-;)・・・初めて知りました!

親がいなくなると実家もないようなものになってしまうのですね・・・私もいつか迎える日。きょうだいのいない身が少しさみしいです。
5. Posted by オスカー   2014年04月04日 12:15
§さーまま様
誰に感情移入して読むかで物語の印象や感想ってかわりますよね。綿矢りささんの『かわいそうだね?』を読み終わったのですが、女の子のよい面も悪い面も描かれていて、でも下品さがなくて……やっぱり頭のいい人なんだなって思いました。

§なう60様
家を出てしまった身としては、いろいろ考えても言いにくいことがたくさんあって…田舎ルールもありますしね~親の存在って本当に大きかったです。
6. Posted by オスカー   2014年04月04日 12:22
§Lidiaさま
ダンナと定食屋で昼御飯を食べていたら、昼メロ放送中~作業着姿のオッサンたちがけっこう食いついて見ていました(笑)やはり恋愛物はドラマでも小説でもオモシロイですね。藤堂志津子さんとかよく読んでいました。また読もうかな!

§見張り員さま
普通に使うけれど、その意味は?とあらためてきかれると困る言葉ってありますよね。 家族間のことって第3者から見てもらうと、おかしな点がハッキリするので、わりとダンナの意見をきいています。
7. Posted by 猫ムスメ   2014年04月04日 19:10
アメリカにいる時、よく「Make yourself at home」という言葉を聞きました。「あなたの家にいるようにふるまいなさい」=「寛いでね」という意味の慣用句です もう二十年近く経っているのにこういう慣用句って刷り込まれていて忘れないから不思議だな~と思いました(^_^;)

ちなみに本多さんは大学時代の彼に勧められ「ミッシング」とかいう題名の本を読みましたが、それで終わりました きっと合わなかったんでしょうね。私も“感性のおかしさ”には自信があります(笑)
8. Posted by オスカー   2014年04月04日 20:40
§猫ムスメ様
「ミッシング」と聞くと久保田利伸の『Missing』を思い出します! 本多さんのは何冊か読みましたが『正義のミカタ』が一番おもしろかった気がします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ