2014年08月05日

遊雲便りNo.5:ほの字ほの字の下駄の音

今日も仕事に行く途中で浴衣姿のおねぇさんを見ました(*´∀`)♪ この前、仕事帰りに見他たおねぇさんは足の甲にペタッ!と湿布を貼っていました……鼻緒が指の間で痛い!とかはわかりますが、甲が痛いってなんだろう……スゴく目立っていました。


『夏祭りほの字ほの字の下駄の音』(恵雲)


あら、どこかで聞いたような句ですみません(^。^;) 他の方も作っているかもしれませんね(O.O;)(oo;) 、下駄を調べていたら、ヒール下駄というのがありました。合わせるとハートになるって、スゴい!と思ったので、ニノ字ではなくほの字にしてみました!!


http://blog.goo.ne.jp/rikaodesu/e/f1a1f119f946e8671cbf68f4e06785cf



『雪の朝 二の字二の字の 下駄の跡』という俳句を詠んだのは6歳の時だそうです。作者は「田 捨女または、田 ステ女(でん すてじょ/すてめ」1634年(寛永11年)~ 1698年9月13日(元禄11年8月10日))。江戸時代の女流歌人・俳人。貞門派の女流六歌仙(六俳仙)の1人。 氏名は田ステで「女」は名の一部ではなく女流歌人の名に添える接尾辞なんだそうです。私、この句は一茶とか子規の句だと思っていました……うわぁ、ハズカシイ!!



『下駄買うて箪笥の上や年の暮』(永井荷風)


下駄は季語にはならないのですが、下駄の入った句はいくつかありました。新年を迎えるにあたり、新しい下駄を買って履くのを楽しみにしている感じがいいですよね。これを読んで正確には「夜に新しい靴をおろしてはいけない」と言われたのを思い出しました。はて、これはなぜ(; ̄Д ̄)?……正確には《夜履物を履いて玄関からそのまま出かけると、死ぬ》なんだそうです((((;゜Д゜)))


理由としては「昔は新しい履物を履かせて夜に玄関から出すのは死人だけだったから」「靴に限らず新しいものはまず神様に供えるものだったので、神棚の灯明を消したあとの夜にこっそり新しい物を使うとバチがあたる」そう言えば、新しい物を下ろす時は、一部を少し汚してからにするといい、と言われたような気がします。


また「夜に新しい履物=夜遠出すること自体が縁起が良くなかった」昔は夜道は真っ暗、月明かりがいつもあるとは限りませんし、提灯も遠くまでは照らせませんしね。そんな危ない時間にどうしても行かなければならないのは、よほどのことがあった場合、つまり親しい人が危篤とかお通夜などの時…という考えからだとわかると、フムフム納得です。迷信て(´・ω・`)?というのも多いですが、生活の知恵ですよね。



下駄や靴とはちょっと離れますが、西洋では「悪魔にはかかとはないとされている」そうです。かかとがないということは盗人みたいに抜き足差し足忍び足でつま先だけで歩くのか?悪魔にあの頬かむりとか……いけない、いけない! 悪魔は西洋なのよ、異人さんなのよ!←よくワカラナイ(~_~;)そして、脳内には南佳孝さんの『モンロー・ウォーク』が流れてきたぁ~!!

♪つま先立てて海へ モンロー・ウォークして行く いかした娘は誰 ジャマイカあたりのステップで~


全く悪魔の怖さが感じられなくなりました……デーモン小暮閣下のような親しみを感じてきてしまう( ̄▽ ̄;)



新しいものを用意して、新しい日の出来事を考えられるってしあわせなことだなぁと思うワタクシでした(_ _*)






rohengram799 at 16:45コメント(8) 

コメント一覧

1. Posted by Kay   2014年08月06日 03:50
こんにちは。
ヒール下駄、またまたググってしまいましたよ。かわいいハート形、なんてあるのですね。

そういえば、アメリカで20年くらい前は、いわゆる「フリップ・フロップ」というのはなかったんです。日本では随分昔から「ゴムゾーリ」は夏になると、みんな持っていましたよね。

それがいつの間やら、あじけない「ゴムゾーリ』と同じデザインの「flip flop」とハワイ辺りで出てきたのかもしれません。
あっというまに、随分おしゃれになりました。今では、あらゆるブランドが競って作っていますね。

浴衣も、日本では流行っているようですね。夏を楽しむために、ちょっとした非日常を持ち込むのも、なんとなくいいですね。
2. Posted by 猫ムスメ   2014年08月06日 08:05
「悪魔にはかかとがない」=「幽霊には足がない」…これ、何か繋がっているかもという気がします。その国その国で迷信って違いますが、根っ子が同じものも結構ありそうですよね そう考えると楽しいです♪


下駄というと、よく時代劇で鼻緒が切れて難儀している町娘がいて、通りがかりのお侍さんが助けてくれて恋に落ちる…なんてシーンがありますよね(笑)。
鼻緒が切れるのは凶兆という迷信もあったみたいですが、そんな出会いが本当にあったら素敵だなぁ…なんて妄想してしまいます(^_^;)
あぁ町娘になりた~い!!(笑)
3. Posted by ミューちゃん   2014年08月06日 16:36
5 オスカーさん、こんにちは
「ほの字」て使わなくなりましたねーと云う事は夏ざかりほの字組をカラオケで歌っても、今の若い子達には、チンプンカンプンなのでしょうかモンロー・ウォークと聞くと僕は郷ひろみさんの方を思い出します(笑)
4. Posted by オスカー   2014年08月07日 18:24
§Kayさま
花火大会ラッシュなので浴衣の女の子をたくさん見かけますが、サンダルの子もいるんですね~! 殿方の浴衣姿がなくてちょっとつまらないです(笑)
5. Posted by オスカー   2014年08月07日 18:27
§猫ムスメ様
下駄屋さんとか小間物問屋さんとか時代劇での憧れの職業というか生まれたいお店ってありますよね。昨日近藤史絵さんリクエストのペットのアンソロジーを読み終わりましたが、猫はやはりいいですね(*^^*)
6. Posted by オスカー   2014年08月07日 18:29
§ミューちゃん様
トシちゃんが再ブレイク!とかききますが、どうなんでしょう? 研ナオコさんとまた歌いますかね~? もう懐メロになっちゃいましたね(^。^;)
7. Posted by KIRARI   2014年08月07日 18:29
ヒール下駄の画像を見てみたんですが、
何とも斬新ですね~
これまでの常識を覆すことで、色んな素晴らしい
アイデアが生まれてくるんですね
ステキな情報をありがとうございました(*^_^*)
8. Posted by オスカー   2014年08月07日 19:43
§KIRARIさま
豆の字を横にしてKOI(恋)とかもありましたが、こういうヒラメキ!ってほしいです~トキメキも一緒にやってこないかしらと願っています!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード