2014年08月24日

遊雲便りNo.14:夏椿

ダンナが職場で会津のおみやげをもらってきました~その名は『椿餅』! 桜餅や草餅はきいたこともあるし、食べたこともあるけれど椿餅とは……箱をあけてみたら、きんつばみたいに四角い……食べた人の感想は「ゆべし」というか「ういろう」に近い食感ということでした。ダンナがいただいたのはコチラ、伊勢屋さんのです。


《伊勢屋 椿餅》


http://www.miru.co.jp/aizu-zensyu/aizuzensyu/2002-2/02natsu-04.html


新潟の北浦原郡水原町の名物に同じく『椿餅』というものがあるそうですが、その姿はぺらんとしていて、スゴく薄いのし餅みたい。小麦粉と砂糖と餅粉でつくられている、この地域の郷土菓子だそう。


椿餅の起源はかなり古いようです。『源氏物語』にも「干飯や餅の粉を甘葛や干柿の糖分で固め、椿の葉二枚で挟んだ菓子。多く蹴鞠の後、食する。」とあるとか←読んだことがないので(-o-;) このイメージに近いのはとらやの椿餅ではないかと思います。


http://kyoto-wagasi.com/kyo-toraya/toraya_tubaki.html



椿といいますと、寒椿みたいに冬のイメージがあるのですが「夏椿」もあるのですね。花の形が椿によく似ていて、夏に開花することから「夏椿」。学名の「pseudocamellia(プセウドカメリア)」は「にせのツバキ」という意味だそう……ちょっとかわいそうρ(・・、) 寺社の庭によく植えられているとか。だからこんな句もうまれるのでしょうか(;´д`)


『あなたとは 行かない来世 夏椿』(富沢敏子)



葉は楕円形で、長さ10cmくらい。椿のように厚みと光沢があるものではなくて、秋には落葉するそうです。また、幼木の樹皮は黒っぽい赤褐色なのに、成長するにつれてまだら状にはげてきて、齢を重ねた成木はなめらかな灰褐色の樹皮になるそうです。ツルツルしているのかしら……ちょっとさわってみたいかも(^◇^)


《夏椿》

http://www.hana300.com/natutu.html



来週にはもう9月ですね。雲も夏と秋が混在している感じがします。皆さま、お身体に気をつけて残暑を乗りきっていきましょう(((^_^;)




rohengram799 at 21:53│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by なう60   2014年08月25日 07:13
おはようございます。
「椿餅」初めて聞きます。椿と言えば、若き頃、静岡の港からフェリ-で
三原山の波浮港へ、日本の三大灘、駿河灘、波が船を乗り越えていました。船室には、「洗面器の山」乗り込んだ時は、不明だった洗面器、吐いて吐いて納得しました。波浮港に到着した時「おきなマイクから」「あんこ椿は恋の花」椿と言うと「あんこ椿」を思い出します。
2. Posted by 猫ムスメ   2014年08月25日 07:29
椿餅! 会津には行ったことがあるのに、知りませんでした~(・o・)ノ 私、ゆべしとかういろうに目がないんですよね。あのよく分からない食感が好きみたい(笑)。
サイト拝見しましたが、オスカーさんがもらったのは生ですか? 真空パックですか? 出来ることなら現地で作りたての生を食べてみたいものですね(*^o^*)

ちなみに私がメンテを担当している一軒家には「利休椿」があります。植木屋さんに庭の木と草を根こそぎ撤去してもらいましたが、この一本だけは残してもらいました。寒椿のような鮮やかさはないけど、ほんのり色付く薄いピンクが上品で、毎年楽しみにしています。
3. Posted by オスカー   2014年08月25日 11:42
§なう60様
船の揺れってなんであんなに気持ち悪くなるんだろう…って思いますね
あんこ椿……椿餅は文字通りの和菓子だ!とおやぢ発想で思いました(笑)
4. Posted by オスカー   2014年08月25日 11:47
§猫ムスメ様
いただいたのは真空パックでした! やっぱり現地で食べたい(笑)
>利休椿
あの優しい色合いは茶室にもよく似合いますね。堺市の千利休屋敷跡には「椿井」があり、井戸の側に椿の木があったからとも、井戸の水を清澄にするために椿の木を焼いた炭を井戸に沈めていたからの名前だとも言われているそうです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索