昨日、コンビニで週刊誌を立ち読みしていたら『喫茶喫飯』という言葉があって、なんだろ~食欲の秋にちなんだ言葉なのかしら?でもご飯に喫ってナニ? たくさん食べて秋の食べ物を満喫してね!という意味かと思ってさっきまで忘れていたワタクシ(◎-◎;)『逢茶喫茶 逢飯喫飯(ほうさきっさ ほうはんきっぱん)』なんですね。「お茶が出たらお茶を飲み、ご飯が出たらご飯を食べる」お茶じゃなくてコーヒーの方がよかったとか、ラーメン食べたいなどと思わず、贅沢を言わず、自分に与えられたものをありがたくちょうだいして、食べ物との縁に従い、目の前の事に素直に集中するという意味らしいです。上の空で食べるのではなくて、調理してくれた人や作物を育ててくれた人への感謝を「いただく」……私は仕事の休憩中は本を読みながら、ついでにご飯を食べる、みたいな状況なので「ながら」はよくないよなぁ、とちょっと反省中。人との出逢いも食べ物との出逢いも「一期一会」ですね。


タイトルの『喫茶去(きっさこ)』も「お茶を飲んだら、さっさと帰れや( ̄ヘ ̄)」という意味だと思っていたのですが、「去」は助字で別に意味はないそうで……「お茶を召しあがれ」という意味の言葉なんだそうです。うわぁ、恥ずかしい~誰にも言わないでよかった(^。^;)



今日は本屋に行ったのですが(もう来年の手帳コーナーが出来ていた!)中古本も新刊も自分の好みに合うものがなかなかなくて……もうないから帰るか、と諦めていた時にばぁ~ん!!と目に飛び込んできたのが『江戸猫ばなし』光文社文庫の全編新作書き下ろしのアンソロジー。どんな猫が登場するのか、何をやらかすのか…楽しみです(^◇^)



話は変わりますが、スーパーのレジに研修中のおねーさんがいて、名札と一緒にマタニティーマークをぶら下げていました。電車内でバッグに着けている人は見たことがありますが、仕事中の人は……多分はじめて! 夕方だったこともあり、ダンナは「妊娠初期の妊婦が立ち仕事して大丈夫か?」と言っていました……レジって案外足元が冷えるんですよね。お大事にしていただきたいです。


皆さまも体調をくずされませんように、お気をつけ下さいませ。