2014年10月08日

恋雲便りNo.6:イキシテル

今夜は満月、皆既月食も見られそうですね。


この前読んだ『0.5ミリ』の同時収録作品が『クジラの葬式』というタイトルで、こちらも他人との関わり、看取りについて考えさせられる作品でした。最後はこんな文章です。



私の知らない時空を生き、時代を駆け抜けてきた人。
あなたという生きる歴史の、最後の事件になりたい。
静かにその火が消えるのを、そっと寄り添い、
その灯火の最期の目撃者になりたい。
あなたは息を引き取って、結局全て持って行ってしまうなら、
最後に吐いた息だけは、どうか私に引き取らせて下さい。



駅に『R25』という無料雑誌が置いてあって、巻末にエッセイが載っていて、誰の時かは忘れてしまいましたが、「お前は今何してるの?」と聞かれて「息してる」と言った友だちの話がありました。笑い話になりそうですが「息してる」ってスゴいことなんじゃ…みたいな事が書かれていた気がします。


「息を引き取りました」って何回も当たり前のようにドラマや小説、現実の中で見聞きしてきましたが、婉曲表現としてしかとらえていなかったことに気づいて衝撃をうけたものです。


「息」について思い出すものはたくさんあります。河野裕子さんの『手をのべてあなたとあなたに触れたきに息が足りないこの世の息が』高村光太郎『レモン哀歌』の一節「それからひと時 昔山巓でしたやうな深呼吸を一つして あなたの機関はそれなり止まつた」そして何年か前の大晦日に記事にした斎藤ひとりさんのこの詩。



『生きとおし』


人は生きとおしなんだよ。魂は死なないんだ。
死ぬ時に、スーッって息を吸って、その息をずっともってて次に生まれる時に、おぎゃーって言って、最初に吐いて、命をつなげて生きていくんだって。
大切に、大切に、つないできてくれた命に、今世、出逢えてしあわせです。
あなたに出逢えてしあわせです。



両親がいなくなり実家にも帰り難くなり(これは私の気持ちの問題なんですが)自分の家族のこととかを考えながらヒンヤリした空気の中、とぼとぼ帰る日が続いてなんだかふしゅ~んと凹みがち(´;ω;`)……寝付きは相変わらずよいのですが、夢ばっかりみて熟睡感がなく、泣きたくなるワタクシなのです←全くカワイクないですが。智恵子の死から11年後に光太郎が書いたこの詩のようにおだやかに語りかけることができたらなぁ、と思いつつ、また、ため息をついてしまうワタクシなのでした。




『案内』


三畳あれば寝られますね。
これが小屋。
これが井戸。
山の水は山の空気のように美味。
あの畑が三畝(うね)、
今はキャベツの全盛です。
ここの疎林(そりん)がヤツカの並木で、
小屋のまわりは栗と松。
坂を登るとここが見晴らし、
展望二十里南にひらけて
左が北上山系、
右が奥羽国境山脈、
まん中の平野を北上川が縦に流れて、
あの霞んでいる突き当りの辺が
金華山(きんかざん)沖ということでせう。
智恵さん気に入りましたか、好きですか。
後ろの山つづきが毒が森。
そこにはカモシカも来るし熊も出ます。
智恵さん こういうところ好きでせう。



*ヤツカはハンノキのことらしいです。ケルト神話に、ハンノキ(種は不明)はよく登場し、4月の守護樹、勇気・慈愛・寛容を表すそうです。またハンノキは「妖精の国へ続く道を守る木」ともされているとか……アイルランドに行ってみたいですわ。






rohengram799 at 13:03コメント(6)空のお城図書館 | お墓・葬儀・終活・メメントモリ 

コメント一覧

1. Posted by 見張り員   2014年10月08日 21:19
こんばんは
息をしてる。
そう、ごくあたりまえなんだろうけどよく考えたらそうでもなかった。

父が亡くなって約三カ月が過ぎ、そう思っている私がいます。
今まで当たり前だったことが当たり前ではないと今更ながら知った真実。

父が亡くなったあとしばらく具合の悪かった(いや今でもよくはないですが)私に「もうあきらめろ。いい加減に立ち直れ』と叱咤した母に反感をもったあの瞬間。

親と子ってそんな簡単に割り切れないだろうが。
そう思いました。
夫婦と親子はどこか絶対ちがう。

私も先日旦那にあることで「意見」されてから心が重いです。いつまでこんな心を引きずっていったらいいのかな。

変なこと書きこんでごめんなさいね。
なんだかお互いもやもやしてる部分があるようですね。

月食みたくそんな思いは欠けてったらいいのにな(-_-;)。
2. Posted by トリテン   2014年10月08日 22:58
眠っているようなのに息をしていない・・・・
息子の最後の姿でした。
「起きてよ」と棺を揺すると、かすかに首を振って
「いやいや」をしました。
「もうゆっくり眠るから起こさないで」

人が亡くなるというのは、息が止まるということ。
この度の御嶽山でも「心肺停止」と何度も言われていましたね。
それは「死」なのに、医師が瞳孔なども確認して初めて「死亡」となるのです。

光太郎のように話しかけるには、まだ年月が必要です。
3. Posted by 猫ムスメ   2014年10月09日 13:58
「R25」だと、石田衣良さんじゃないでしょうか。一時期、大手町の駅構内に設置場所があり、通勤途中に貰って読んでました(駅が改装されたら無くなりました

ちなみに本当かどうかわかりませんが、人間の五感の中で一番最後まで消えないのは「聴覚」だそうです。息を引き取った後も数秒残るらしいですよ。
だからよくドラマで「ご臨終です(ピーッ)」「ワーッ(号泣)」というシーンがありますが、あのピーッの後も聴覚は数秒間残っているので、ワーッと泣かず、耳元で「ありがとう・ありがとう」と繰り返し言ってあげるのが良いとか…

なんだか身につまされました(>_<)


4. Posted by オスカー   2014年10月10日 08:11
§見張り員さま
父が亡くなった後、母は「お父さんもダメのもんじゃんなぁ」とよく言っていました。このダメにはいろんな気持ちが入っているとは思いますが、聞く方は複雑でしたね。なんとか建て直してもまたガラガラ…となってしまう、積み木みたいな「こころの城」を補強するにはどうしたらいいのか…見張り員さまに穏やかな時間がたくさんありますように。
5. Posted by オスカー   2014年10月10日 08:19
§トリテンさま
本やマンガやドラマの中でたくさんの死を見聞きしてきましたが、やはりその立場にならないとわからないと実感しています。時間薬とは言いますが、その効果が現れるのは一人ひとり違って……気持ちの揺れ幅が一定になる日は突然来るんでしょうか?
6. Posted by オスカー   2014年10月10日 08:25
§猫ムスメ様
私は祖父も両親も自宅に帰ってきてからしか会っていなくて……たくさん話たいことがあったはずなのにまわりが騒がしいという印象で……ああ、自分だけの親でないのだから仕方ないなぁと思いつつ、やりきれない気持ちがたくさんありました。聴覚の話、知りませんでした。現世で最期に耳にする言葉はやさしいものがいいなぁ…。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード