2014年11月20日

琥珀雲便りNo.21.5:は~、そうでしたか!!

前の記事に書いた「入れ歯師」ですが、小説がないか探したらありました(≧∇≦)


和田はつ子さんの『すみれ便り』です。江戸の歯医者さん、口中医の藤屋桂助が治療に推理に大活躍する「口中医桂助事件帖」シリーズなるものがあるそうで、その第5弾に「紀州藩を脱藩して浪人になり、入れ歯作りをする」人物が登場するそうです~これは、探して読んでみたいですわ!


また、動物の入れ歯についてですが、犬の入れ歯についてはこちらを。

http://www.r20.7-dj.com/~gohonda/faq/2007072801.htm


あとロバの入れ歯の話もありました。有名な話みたいですが、知らなかった!

http://www.teeth.co.jp/shigaku/article/08072119000065.html



猫ムスメ様、ミューちゃん様、調べるきっかけをいただき、ありがとうございました(´∇`)




この記事へのコメント

1. Posted by なう60   2014年11月21日 08:25
おはようございます。
「入れ歯を入れて元気になったロバの物語。とってもほほえましい話し」
「ロバに入れば」何事も問題提起が必要です。
2. Posted by オスカー   2014年11月21日 11:13
§なう60様
一文字号の最期はちょっと残念でしたが、ロバらしいという気持ちも…。
「一文字」というと沖田総司の愛刀「菊一文字」を思い出しますが、菊の種類に「一文字」が( ̄O ̄;)
3. Posted by 猫ムスメ   2014年11月21日 18:57
なるほどです~。「口中医」の中の一編に入れ歯師が登場するのですね

ちなみに私が読んだのは多分そのシリーズの一昨目とかだと思います(^w^)
4. Posted by オスカー   2014年11月21日 19:22
§猫ムスメ様
入れ歯師は5巻からレギュラーらしいです。13巻まで出ているようですが、本屋さんにはバラバラで2冊しかありませんでした。入れ歯になる前に読破したいです(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ