2014年12月12日

笑雲便りNo.15:ゾロ目の予防策

今日はゾロ目の12月12日! 『十二月十二日』と書かれたお札を逆さまに張ると「泥棒よけ」になるとか……12月12日は、天下の大泥棒・石川五右衛門が鴨川三条河原で釜茹にされて処刑された日と言わているらしい……12月12日の水?にもあるように、地域により微妙に違いがありますね。


五右衛門の墓は大雲院内にあるそうですね。やはり墓石を削りとる人がいるとか。三条河原で極刑の釜煎(い)りに処される前に寺町通を引き回された石川五右衛門は、大雲院を開いた貞安上人に出会い、法を説かれて反省、感泣。「処刑のあと、自分を供養してほしい」と願い出たとされていて、戒名は「融仙院良岳寿感禅定門」。大変立派なのものでビックリしました!


落語『お血脈』にも彼は登場するようです。 善光寺如来さまが天竺、百済(くだら)から日本にお渡りになった当時の日本は神国だったため、仏敵・守屋の大臣(もりやのおとど)の手によって難波ヶ池に沈められてしまいます。それが原因でその後、日本各地で天変地異が続くように……。その後、信州の住人・本多善光が善光寺如来さまを救い出し、寺を建立。これが現在の善光寺さまの由来だとか。この善光寺さまの名物が「お血脈のご印文」で、これを額に押してもらうと誰でも極楽に行ける。しかし、その反動で地獄は大不況に……。


地獄の各部所が倒産し、赤鬼も青鬼もリストラされてしまう。困ったエンマ大王は、石川五右衛門に命じて「血脈のご印文」を盗み出させることに(  ̄▽ ̄) 見事に「血脈のご印文」を盗んだ五右衛門はすぐに地獄へ帰らない。元々、芝居っ気のあった彼は“ありがてえ、かたじけけねえ”と「血脈のご印文」を自分の額に押し頂いてしまいます(°Д°) 大盗賊の五右衛門ですら極楽へ往生しちゃいました(^^)

どんな罪人もたちまち極楽往生させてしまうというありがたいものがご印文……長野の善光寺では『御印文頂戴(ごいんもんちょうだい)』という行事があるのですね。毎年1月にしか行われないため大変人気があるそうです。ああ、牛にひかれなくて、スーパーあずさか新幹線に乗って長野方面に行ってみたい……!



昨日はとうとうコタツを出してしまいました! 皆さまも風邪をひかないようにどうぞお気をつけ下さいね。



《追記》

今年の漢字は「税」に決まりましたね。同じ「ぜい」でも「贅肉」に決定なワタクシ…… 贅沢三昧の暮らしをしているわけではないのに(´;ω;`)……ところで、古沢庵漬けを出汁や醤油などで煮付け、仕上げに唐辛子などを散らしたものを「たくあんの贅沢煮」というそうですね。そのままでも食べられるのにわざわざ一手間をかける点が「贅沢」なのだとか! これも地方により呼び方は違うみたいですが、たくあんを煮るとは……知らなかったです(((^^;)



この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2014年12月12日 16:41
5 オスカーさん、こんにちは
今年の漢字は「税」ですか…。何か、もっと他にあったような気もしますが(笑)。

12月12日は「明太子の日」でもあるそうですね。僕は明太子って食べれないんですよ…
2. Posted by オスカー   2014年12月12日 17:09
§ミューちゃん様
今年の漢字、意外でしたよね。
明太子は私も食べられないですが、今朝のダンナのおむすびの具は辛子明太子にしました(笑)
3. Posted by osamu   2014年12月12日 19:44
今年最後のゾロ目の日だったんですね。
寒くなりましたね。近畿の宇治の私宅でも寝るときにもエアコンをつける様になりました。
今年の漢字が「税」とは驚きました。が、何が相応しいかも浮かばないのが残念です。こんな師走に私が贔屓している安倍さん選挙なんかしないでよ!と言いたいものですが、一字にはまとめられません。
しいていえば、まぁ、いま自分を見つめなおす「自」にしておきましょうか!
4. Posted by オスカー   2014年12月12日 20:44
§osamuさま
なんか首相の留守中に新聞社が選挙に誘導した感がありますね。すでに投票関係のトラブルがいくつもあるみたいで…。
今年の漢字は「嘘」だったら納得したかも…(O.O;)(oo;)
5. Posted by 見張り員   2014年12月12日 21:00
こんばんは
そういえば昔、NHK大河ドラマ[黄金の日々]に石川五右衛門が出てその処刑シーンがありましたけ…。
それにしても本当にそんな釜ゆでなんて処刑法があったのでしょうか??あまりにも恐ろしい…ガクブル(・・;))))))。

炬燵、うちでは半月前に出しておりますw。私どうも寒いの苦手です(^_^;)。
6. Posted by オスカー   2014年12月12日 21:39
§見張り員さま
Wikipediaによりますと「13、14世紀には、地獄の刑罰器と認知されていた」そうで五右衛門の場合は「大釜に油を満たして熱し、その上で五右衛門を放り込んで処刑した。当時の日本においては圧搾技術が発達しておらず、植物油が貴重品だったことから非常に「贅沢」な処刑方法であり、京都の町衆は驚きあきれたという。」という記述が……脂汗が出てきました(◎-◎;)
7. Posted by 猫ムスメ   2014年12月13日 07:27
「お血脈」とはまた珍しい演目を…(^_^;) オスカーさんよくご存知ですねぇ。今はお血脈とは何か? から説明せねばならず、端折りにくいし、今の人には伝わりにくいので、寄席ではあまりかからないみたいです(私は大和田落語会で一度だけ聴いたことあります)。

ところで"漬けて"ある沢庵を煮るってどうなんでしょうか!? 漬け物の旨味が抜け、中途半端な不味さになる気がするのですが…
ちなみにキムチ・沢庵・ご飯を炒めて食べる「キムタクご飯」は大好きです( ̄∀ ̄) 秘密のケンミンショーで見て以来、家で何度かやってます
8. Posted by なう60   2014年12月13日 08:09
おはようございます。
善光寺では『御印文頂戴(ごいんもんちょうだい)』一度行ってみたいですね。極楽そして地獄、霊界も格差がありますね。「税」年金支給者に、所得税、町民税、健康保険税、介護税が必要とは、想定外でした。しかしながら税を納めない年金難民者が約300万人の時代、税金を払えることに感謝しなければとですね。オスカ-さん確りと老後対策をして「楽しきかな老後」を迎えることを祈ってます。あ、そうそう孫に沢山、いりますょ。これも想定外でした。(笑)


9. Posted by オスカー   2014年12月13日 08:11
§猫ムスメ様
落語は当時の暮らしぶりだけでなくいろんな歴史も学べるのが楽しいですね。
>キムタクご飯
笑いました~ナイスネーミングですねぇ! 燻した沢庵「いぶりがっこ」は煮た方が食べやすくなるのかしらん?と思ったりしますが、チャレンジするのはコワイ(((^^;)
10. Posted by オスカー   2014年12月13日 08:18
§なう60様
中学時代、税金の標語募集があり、税金のことなどロクにしらないのに字面の美しさで「税金を納めてつくる明日の幸せ」なんて書いて賞をもらいました。が、父がイヤな顔を……その理由が今はよくわかります~幸せはどこに行った!?(^o^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ