2014年12月15日

笑雲便りNo.17:冬の一語一絵

『投票の帰りの見切苺買ふ』(岸田稚魚)


そんな余裕もなかった昨日でした……8時間勤務に気持ちも身体も拒絶反応があるのか(もう会社の担当者をどうにかしてほしいです~!)、今日の休みはヒキコモリンでダラダラと過ごしております……あ、いつもか(^。^;)


クリスマスケーキの写真にはいつも大きなイチゴがのっていますが、俳句の季語で「苺」は夏になるようです。イチゴが日本に伝わったのは江戸時代。栽培が始まったのは明治26年頃で、本格的な栽培はもっと後になります。当初は初夏を感じさせる季節の果物であり、数も限られていましたが、本格的に広がりだしたのは、早生の品種が誕生し施設栽培が広まる昭和30年代以降。昭和50年代以降は経済成長によって生活が豊かになり、イチゴの消費が伸びて「麗紅」や「とよのか」「女峰」など冬でも収量が採れる品種ができました。そして「冬の果実」に定着したとのこと。いちご大福もこの時期たくさんみますね。



『沈黙といふ告白も冬苺』(健 央介)


俳句の中のはハウス栽培の大きいイチゴでしょうね。イメージとしては中学生くらいで、イトコ同士。あれ、夏休みにあった時とイメージが違う…いやん、なんかときめいちゃうo(^o^)o あたたかいリビングのテーブルで向かい合ってモジモジモジモジ(笑) 本当の冬苺だと(歳時記だとこちらが正しいらしいのですが、小さくてヘビイチゴ・キイチゴみたいなヤツです)「こんなのオレ(私)に食べさせるの?」と不穏な空気になっている若くないふたりを連想してしまう(~_~;) ミカンを食べるふたりだったら、コタツでぬくぬくですね! もう夏休みから付き合ってま~す♪みたいな(≧∇≦)←おやぢなので許して下さい!



『言ふなれば苺は母の匂ひする』(渡辺俊子)


♪ミルキーはママの味~のミルキーも今季節限定の「完熟苺&早摘み苺味」が発売されていて、早速買ってしまいましたが……甘味が欲しい場合にはサクマの「いちごみるく」の方がコテコテして満足感はありますね。「噛む飴」が出来るまでの道のりはコチラをお読み下さいませ。

http://www.sakumaseika.com/fun/ichigomilk_development/



何年か前に『一期一会 キミにききたい!』(いちごいちえ キミにききたい)という番組がNHK教育テレビで放送されていましたよね。25歳までの若い価値観の異なるふたりが一定定期間一緒に過ごして、お互いに異なる価値観を理解しあおう、みたいなヤツ。「イチゴさん」側の若者が「イチエさん」側の若者の活動エリアへ出掛けていって……考えが変わる人もいたし、なんかムダだった…みたいな人もいたなぁ。


「一語一絵」……ウマミのある絵にナンジャコリャ!の読めない漢字(笑)を組み合わせたブログ記事とか書いてみたい~の願望を今回のタイトルにしてみました(◎-◎;)


昨日の朝、東京は初雪だったそうですね。どんどん冬将軍が配下を連れてやってきます。どうぞ皆さま、お気をつけて!! よい出会いのある1週間になりますように(*´∀`)♪





rohengram799 at 14:45コメント(10) |  

コメント一欄

1. Posted by ミューちゃん   2014年12月15日 16:44
5 オスカーさん、こんにちは
昨日の選挙の投票には行きましたが、結局は有名人が多く当選してしまった選挙ですね有り得ない問題を起こした政治家が当選してるし…

ハウス栽培で採れるイチゴは本当に大きいですよ収穫時期は大体、1月~5月ぐらいまでみたいですね
2. Posted by MEL   2014年12月16日 00:21
>俳句の季語で「苺」は夏になるようです

イチゴ狩りの高いのが1月なので
冬っぽいイメージでしたが
そういうものなのか…

>「完熟苺&早摘み苺味」

レポートありがとうございます

買うにしても慌てずに買おう…
3. Posted by 猫ムスメ   2014年12月16日 08:33
小学校から一緒だったガッツ(ガッツ石松似なのでこのアダナ)。
馬鹿でお調子者でしょうもないガキでしたが、この間、帰省した時20年ぶりくらいに会ったらすっかり立派な大人になっていました。
「家業のイチゴ農家を継いだ」とのことで、地元の有名洋菓子店などにも卸しているそう
イチゴ一本で家族8人(祖父母・両親・妻・子供3)養っているというから大したものです(・o・)ノ
しかしイチゴ農家なのに娘の名前は「ゆず」と聞いた時には流石~! と思いました(笑)
ガッツ、健在です( ̄∀ ̄)
4. Posted by なう60   2014年12月16日 08:54
おはようございます。
「一語一絵」色々創意されて感嘆です。「苺」の語の勉強の朝です。『沈黙といふ告白も冬苺』いろいろ連想できる句です。
5. Posted by まろゆーろ   2014年12月16日 12:11
どうして夏のイチゴがクリスマスケーキにと不思議に思っていました。あれは豊かさの象徴ということでしょうか。
価値観の異なる若いふたりの生活、スケールの大きな一期一会でしょうか。今でいうシェアということかなあ。気が合えば一期一会の有難さが増しますが、まったくソリが合わないふたりだったらきついですね。

一語一絵。素晴らしい‼️
一誤一笑の僕です。間違いも笑ってごまかす良い人生です(笑)
6. Posted by オスカー   2014年12月16日 12:22
§ミューちゃん様
あんまり大きいイチゴは好きじゃないのですが、ケーキにはある程度の大きさがないと淋しいし…ワガママですみません(笑)
7. Posted by オスカー   2014年12月16日 12:25
§MELさま
ミルキーはやっぱりミルキーのままがいいですね~突然、明治のストロベリーチョコが食べたくなってきました(笑)
8. Posted by オスカー   2014年12月16日 12:29
§猫ムスメ様
大変だと思いますがイメージ的にはとってもメルヘンでいいなぁ、と思います~イチゴ農家! 「ゆず」という名前、私の好きな漫画の登場人物にいました。お嬢様でナイスバディです(^.^)
9. Posted by オスカー   2014年12月16日 12:32
§なう60様
沈黙せざるを得ない食べ物がふたりの間にあったらイヤですよね。関係ないですが、天国と地獄の話によく出てくる長い箸の話を思い出しました。
10. Posted by オスカー   2014年12月16日 12:41
§まろゆーろ様
「一誤一笑」とは…考えつきませんでした! すぐに笑って訂正するって簡単なようで難しいです。 呑兵衛だと「一語一升」で間違った文字を一言色紙に書いても「日本酒一升よこせ!」だったりし……と妄想が広がります!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ