2015年02月24日

氷雲便りNo.16:2日遅れの…

昨日の麗らかな陽気に梅の花が見頃になった場所もたくさんあるみたいですね。 江戸時代に各藩が非常食として梅干を作ることを奨励したため、梅林が全国で見られるようになったそうですね。


また梅は百花にさきがけて咲くので、別名「花の兄」と呼ぶとか……ものすごく美形な兄さま(モチロン架空の兄!)が縁側で渋いお茶をすすりながら、梅を愛でている姿を想像してしまいました(´∇`)



俳句の季語に「紅梅」はありますが「白梅」はないようです。小林一茶の句に
こんなのがありました。


『紅梅に干しておくなり洗ひ猫』



一茶が自ら猫を洗ったのではないでしょう~どこかで水に濡れてしまった猫が、紅梅の木に登り日向ぼっこをしながら身体をかわかしているという状況でしょうか? 絶対、梅干しは意識していると思いますけど(≧∇≦) 猫はやはり三毛猫かなぁ~なんて考えます。



昨日買った京極夏彦さんの『オジいサン』、主人公は満72歳6ヶ月の益子徳一。彼の1週間の日常の中から抜き出したゆるゆるした時間(独身)、その思考回路が文字になっている~わかる、わかるわぁ~若い人には理解しにくいかもしれないけれど、私なんかはほとんどうなづいてしまうことばかり……昔はこうだった、ああだったとか、「そう、何をするにも億劫なのよ!」と同意したりして(^。^;) 老いの切なさもありますが、読んでいて楽しい作品なので、未読の方にはオススメしたいです。



2日遅れの猫話とおやぢ話でありました!!





rohengram799 at 19:16コメント(12)空のお城図書館  

コメント一覧

1. Posted by HyperChem   2015年02月25日 00:11
寒かった時にはなりを潜めていたネコが
やっと姿を現すようになりましたが、また
週末には引っ込んでしまいそうかな…。
昔は何もかもに飛び付いていったのに
もう全くそんな気持ちが失せてしまいました。
あんなにあった時間が今はどうしてないのか、
そして、昔ムダにしたなって思った時間が
何と尊いものかと今更思う。今も変わらない
って強がってみても、幻なんですよね…。
2. Posted by 猫ムスメ   2015年02月25日 06:16
「紅梅亭」という名のホテルがあるのですが、こういう宿ってその時季以外はどうするんだろう、あまり特定の風物を名前にしてしまうと他の季節に客が減るんじゃないか…と余計な心配してしまうあまのじゃくな私です(^_^;)

京極夏彦さんの本、面白そうですね! と言うか京極さんてそんなゆるい感じの本も書くのか~と驚きです 多分読んだことありませんが、恐ろしい話を書く人だというイメージがありました
探してみます!!
3. Posted by オスカー   2015年02月25日 08:30
§HyperChemさま
鳥の姿もよく目にするようになりました。鳥や動植物は自然の変化に敏感ですね。
洗い猫が洗い髪(長い髪のカツラ)だったらホラーだよなぁ…と思う、風情のないワタクシです(((^^;)
4. Posted by オスカー   2015年02月25日 08:34
§猫ムスメ様
私も京極さんはホラー作家のイメージしかなかったので驚きました~『虚言少年』もずっと気になっていたので買いたいです(笑) 益子さん、深い考察力は時に哲学者のような名言をつぶやいたり…ハードカバーには1日のスケジュール表もあるみたいです。文庫にはなかった(>_<)!
5. Posted by なう60   2015年02月25日 09:51
おはようございます。
今朝は、梅の勉強でした。
「紅梅に干しておくなり洗ひ猫」
「梅一輪 一輪ほどの 暖かさ」
「東風吹かば、匂いおこせよ、梅の花、主無しとて、春を忘るな」梅を観る
楽しみが増えました。
6. Posted by オスカー   2015年02月25日 10:48
§なう60様
私の好きな土方さんの『梅の花 一輪咲いても 梅は梅』も梅俳句シリーズに加えて下さると嬉しいです~梅が3つも入るクドさ! 『松島やああ松島や松島や』の感嘆とは違う迷句ですが、下手の横好きがまたイイノデス(笑)
7. Posted by ミューちゃん   2015年02月25日 16:32
5 オスカーさん、こんにちは
ウチのブログにも登場した隣の家に居ついてるミーちゃんは、今日も気持ち良さそうに日向ぼっこしてましたよ(笑)去年のクリスマス辺りから、ウチの周りにやって来て、人によく懐くし、穏やかな性格だから、来てくれて嬉しいですね
8. Posted by オスカー   2015年02月25日 16:52
§ミューちゃん様
帰宅時間が10時過ぎの時にはバス停近くで、小さい黒猫ちゃんをよく見かけたのですが、時間が合わなくなってずっと逢えません~どこかでノンビリしていたらいいなと思います。
9. Posted by 見張り員   2015年02月26日 23:37
こんばんは
「花の兄」良い呼び名ですね^^。
そういえば青梅の梅林、病気で切ってしまったと聞きました。いろんな病気が樹木にもあって難儀ですね(;´・ω・)。

猫は絶対やっぱり三毛猫!だと思う昨今です^^。
10. Posted by オスカー   2015年02月27日 07:19
§見張り員さま
菊は花の弟と呼ばれるそうです~梅と菊の兄弟、ナゼ姉妹でないのか?ちょっと気になります(笑)
今日はあたたかくなりそうですね~洗い猫もよく乾きそう!
11. Posted by まろゆーろ   2015年02月27日 11:18
ご子息の誕生月、遅ればせながらおめでとうございます。真夏生まれの僕にとって春の先駆けの季節に生まれた方に眩しいくらいの新鮮さを感じます。
歳寒の三友の松竹梅。おふたりのご子息の誕生を嘉しているみたいですね。

オジいサン。ボチボチ仲間入りかなあ。素敵なジイさんにならねば(笑)
12. Posted by オスカー   2015年02月27日 13:52
§まろゆーろ様
息子たちにありがとうございます。自分の両親は私が子どもたちの歳には何歳だったかとかよく考えます。
『オジいサン』ラストがホロリと泣けました。生きてきた時間のゆたかさを感じました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード