2015年03月13日

咲雲便りNo.13:春はそこまで((o(^∇^)o))

明日はホワイトデーですね。恋にも鯉にも無縁なワタクシですが、ほにゃ~と過ごしていたある日、テーブルにあった漢和辞典で「恋」の字を調べていました。


「恋」の旧漢字は「戀」。上部は「絲+音」からなり、もつれた糸にけじめをつけようとしても、容易に分けられないことを表していて「もつれる」と同系の言葉。これに「心」を加えた「戀(恋)」は、心が乱れて思い切りがつかないことを表す。←私のにはこれほど詳しい説明はなくて、形成文字で「女」と「レン(戀の上の部分)」とからなる、とアッサリしたものだったのですが、参考として書いてあった……のちに「女」が「心」となったとありました。「恋は下心」なんてそのつくりから言われていましたが、女の情念が支えていたのか……(◎-◎;)


♪女心の悲しさなんて わかりゃしないわ 世間の人に~と内山田ひろしとクールファイブの『噂の女』を歌いたくなりましたわ(; ̄ー ̄A



「愛」は「心を傷めてうずくまる人の様子」らしく……だから真ん中に「心」があるのかな? こちらは形成文字ではなくて象形文字で、心臓の形をあらわしたもの。しかし……そのもとになったカタチがあまりにもあまりにも……「性は生なんだ」と赤面(///∇///)……こんなこと思うのは私だけかしら、と思って検索したら結構同じ人がいたので安心しました←そういう問題ではないような……向学心に萌えるイヤ燃える皆さま、キョーミがありましたら「心 文字 成り立ち」などのキーワードで検索してみて下さいヾ(@゜▽゜@)ノ




頭の中はすでに花盛りおやぢですが、昨日は志川節子さんの『春はそこまで 風待ち小路の人々』を読みました。以前読んだ『手のひら、ひらひら―江戸吉原七色彩(もよう)』が面白かったので、久々の時代小説もいいかな~と。タイトルも今の時期にピッタリ!と思いましたし(´∇`)


『手のひら、ひらひら…』はウブな花魁をしこむ上ゲ屋、年季を積んだ妓に活を入れる保チ屋、合間にあって妓の心を見張り、間夫の芽を絶つ目付など吉原を陰で支える架空の仕事人(オトコ)たちが登場!! 裏稼業を通しての色と欲で昼メロみたいにドロドロ系の7つの吉原物語でしたが、今回のは芝神明宮門前町の商店街、風待ち小路が舞台になっています。


絵草紙屋、生薬屋、洗濯屋、菓子屋など「風待ち小路」には、小さな店が肩を寄せ合うように集まっています。まだまだ元気なご隠居さんたち、遊び人だったり頼りない若だんなたち、そんな亭主に悩む奥さんたちに子どもたち。親子の絆に許されぬ恋にウヒャヒャ~と楽しんでいたら後半で( ; ゜Д゜)と雰囲気がかわり……でも最後はやっぱりめでたく笑顔に……時代小説には絶対あってほしい要素がきちんとあって、ほどよい艶っぽさもあり(笑)やっぱり時代小説はいいなぁ、時代劇見たいなぁ、と思いました。



でもこれからは読むのは現代が舞台の『嘘』の予定……♪折れた煙草の吸い殻であなたの嘘がわかるのよ~ な話ではない(古いなぁ)家族小説らしいです。



皆さま、ポカポカのステキな週末をお過ごし下さいませ(´ー`)ノ




rohengram799 at 10:15│Comments(4)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by まろゆーろ   2015年03月13日 11:56
明日はホワイトデーだったのですね。忘れるはずです。寂しいバレンタインデーでしたから(笑)
最近はホワイトデーの売り場も派手派手でお返しをどうしても果たさねばならない男の哀愁すら感じます。僕のサラリーマン時代、こんなんだったかしらと首を傾げています。恋も愛も文字同様にややこしくされているみたいな(笑)

風待ち小路。夢が膨らむ素敵な物語のようですね。
昔にはそこで明け暮れている人たちの確かな息遣いがありました。今は息を殺して暮らしているような。陽気さも快活さも薄れちゃって。
2. Posted by 猫ムスメ   2015年03月13日 12:29
「手のひら、ひらひら」はいい小説でしたね 高校時代から時代小説を読んでいる私にも初めて聞く職業ばかりで、「吉原ってこんな多くの人達で成り立っていたんだな」と驚きつつ読みました
横丁モノも良さそうですね 志川さんなら上手く書くことでしょう。

私、武骨な侍モノも好きだけど、一番好きなのは市井に生きる庶民の物語。貧しいけれど寄り添って生きる長屋の話なんて理想です(もちろん最後はハッピーエンド希望!)笑
3. Posted by オスカー   2015年03月14日 11:35
§まろゆーろ様
ホワイトデーっていまいち盛り上がらないですね(((^^;)
春になったら…と思うことがたくさんありましたが、実行に移すのは難しいです~しばらくは本の中であんなことやこんなことを楽しみたいと思います。
4. Posted by オスカー   2015年03月14日 11:40
§猫ムスメ様
長屋や横町物はうっとおしいけれどあったかい人情にあふれていますし、猫が登場する作品も多いのでなごみます。ネタバレになりますが、敵討ち騒動があったりしてドキドキしました(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ