2015年06月10日

草雲便りNo.10:薔薇の眠り

この前、テレビでランドセルのコマーシャルが流れていました……もうランドセルなの(;・ω・)と驚きです~まだ黄色いランドセルカバーをつけたカワイイ一年生を見かけるのに……夏休み明けに新しいランドセルって話ではないですよね? 七五三祝いにランドセルも早いなぁ、と感じていたのに6月にもう……って気持ちになりました。まぁいつ買ってもいいんでしょうけど(-_-;)



今日はまた暑くなりそうです~新聞にこんな俳句が紹介されていました。


『ゆあみしてほのかに眠し薔薇匂ふ』(日野草城・ひのそうじょう)


お風呂あがりの気だるい雰囲気がなんともたまりません~これが水浴びではダメですよね、アンニュイさが全くなくスイカだ、アイスだ、夏真っ盛り!で元気ハツラツになりそう(笑)


今は温泉などで湯あみ着(湯浴み着、湯着)を利用する方も多いみたいですね。入浴の際に身にまとうものですが、最も古い記述は奈良時代初め「出雲国風土記」に『内衣(ないえ)=湯帷子(ゆかたびら)』を着用と記されているそうです。平安や鎌倉時代にも『湯帷子(ゆかたびら)』という名が記された記録があるとか。 これは身分の高い方々が肌をむやみに他人にさらさない!という意味だったのかしらん?


平安時代では水に強く水切れの良い麻が主に使われていたそうです。麻は成長が早いので、赤ちゃんの産着の模様になったりしていますが、湯あみ着は赤ちゃんの沐浴ガーゼ的な意味もある? 赤ちゃんがガーゼを握りしめている姿はラブリーですよね(≧∇≦)


その後、湯上りに着て肌の水分を吸い取らせる目的でも使われるように……江戸時代に入ると庶民でも浴衣として利用されるようになります。湯巻・湯もじは聞いたことがありますが「湯褌(ゆふんどし)」と呼ばれていたというのは初耳でショーゲキでした~ロングバスタオルをフンドシにしている殿方を想像してしまいました(^^;)(;^^)


俳句にはイザヨイバラの写真が一緒に載っていました。十六夜薔薇、うは~黒髪でも金髪でも栗色でも美女が浮かんでくる字面ですな( 〃▽〃)


《イザヨイバラ》

http://www.google.com/gwt/x?client=ms-kddi-gws-jp&gl=JP&source=sg&u=http://www.botanic.jp/plants-aa/izayoi.htm&hl=ja-JP&ei=PsGFU_3lNYTZkAXrwIGgCg&wsc=tb&ct=pg1&whp=30



薔薇の香りに癒されてゆったりまったりしたい……皆さまもどうぞ薔薇色のステキな1日を(´∇`)





rohengram799 at 10:03コメント(8) |  

コメント一欄

1. Posted by ミューちゃん   2015年06月10日 16:53
5 オスカーさん、こんにちは
温泉やお風呂に入っても一瞬で上がる人って居ますよね?お風呂なら兎も角、温泉に来てまで早く上がろうとしてる人を見ると「勿体無いなぁ~。」て思うのは僕だけなのでしょうか

あと…テレビで鎌倉の特集をやるとBGMは絶対、サザンの「鎌倉物語」ですよね(笑)。寿司の時は「スシ食いねぇ」のように
2. Posted by 見張り員   2015年06月10日 23:55
こんばんは
何事も早くなってゆくこの世の中に私は追いついてゆくことができません(-_-;)。ランドセルなんて、来年の正月でもいいじゃないか…なんて思うんですがねw。

昼間にお風呂に入ってとろとろ昼寝したい、というのが目下の念願でございます。まじめな話、ゆっくり眠りたいのです~~(;´・ω・)。
3. Posted by なう60   2015年06月11日 08:00
おはようございます。
オスカ-さんのブログで日々、視野が広がっています。今朝は、風呂敷の勉強でした。
「いろんな物を包む便利な風呂敷は、実はもともと風呂場で使うものでした。大きな浴場の脱衣所で自分の衣服と他人の衣服を間違えないために四角形の布に包み、湯上り後、この布を床に敷いて身づくろいしていたことからそう呼ばれるようになりました。
お風呂にまつわる物の話しで「浴衣」は、昔、寺院の浴堂では、仏典に従って明衣(あかは)と呼ばれる白布の衣をまとって蒸し風呂に入浴することになっていました。多くの人が一緒に入浴するため、裸では風紀衛生上問題があるからです。この明衣は湯帷子(ゆかたびら)ともいい、浴衣(ゆかた)は湯帷子の略なのです。
平安・鎌倉時代の頃から、窮屈な浴衣を着ることが略され、男性は湯褌(ゆふんどし)、女性は湯巻(ゆまき:今の腰巻)が使用されるようになりました。その後、お湯につかるようになったこともあり、いつしか浴衣は湯上り後に着るようになっていきました。」有難う御座いました。
4. Posted by オスカー   2015年06月11日 09:57
§ミューちゃん様
私はお風呂で寝てしまうタイプなので、カラスの行水的な入浴はあり得ません~温泉は露天風呂付きの部屋に泊まりたいです(笑)
5. Posted by オスカー   2015年06月11日 10:01
§見張り員さま
朝風呂、昼風呂、いいですよね~! 2月の里帰り出産で夜は寒いからとあたたかい昼間にお風呂をわかして入っていました。贅沢な時間でした。見張り員さまも母上さまや娘さんたちとのんびり湯けむり旅を楽しめる日が早く来ますように!
6. Posted by オスカー   2015年06月11日 10:03
§なう60様
風呂敷! 風呂の文字がありながら全く由来について考えたことがなかったです! よく考えられたモノだったのですね、風呂敷! とても勉強になりました。ありがとうございました(^◇^)
7. Posted by 猫ムスメ   2015年06月11日 11:41
「湯あみ着」、意味がわかりません。温泉にはマッパで飛び込んでなんぼだと思うのですが(笑)

ちなみにオスカーさんは混浴露天風呂って平気ですか? 那須塩原かどこかで「不埒な行為」をする輩が現れ、人気の露天風呂が閉鎖されてしまったみたいですね ホント許せません!!
私は混浴平気でして、学生時代はわざわざ混浴のお風呂を探しては当時の彼と旅行しました(もちろん一緒にお湯に浸かってお喋りしたいという健全な理由です)。でも今の時代、混浴って少なくて、年々減ってもいるので、こういう馬鹿どものせいで閉鎖になるのが本当に悔しいです(>_<)
8. Posted by オスカー   2015年06月11日 20:29
§猫ムスメ様
混浴どころか女湯でも裸体を晒すことは出来ません 両国で錦絵になりそうなワタクシのダイナマイトバディは、世間様に見せてはいけないものです 最近サウナ漫画を読んでいるのですが、スゴい勇気だ…と思います!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ