2015年07月06日

星雲便りNo.6:ゆかり・かおり・あかり

明日七夕……今年はあまり七夕の笹を飾ってあるのを見ていないような……自分が出歩かないからかしら? 栃木県足利市に「織姫神社」がありますが、まだ行ったことがありません。
http://www.orihimejinjya.com/


「伝統的七夕」という文字を見つけたので、何か特別な飾り方があるのかと思ったら、太陰太陽暦にもとづく七夕を「伝統的七夕」と呼んでいるのだとか。聞きなれない「太陰太陽暦」は、明治6年に現在の暦が採用されるよりも前の暦で、現在は公には使われていません。このため、伝統的七夕の日は、太陰太陽暦による7月7日に近い日として、以下のように定義するとのこと。

二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目が「伝統的七夕」の日です。今年は8月20日になります。詳しくはコチラで。
http://www.nao.ac.jp/faq/a0310.html



短冊の他に折り紙でいろんな飾りを作りますが、定番(?)のアミアミやちょうちん、吹き流しみたいなヤツの他に千羽鶴やくずかごなんかもあるのですね。私は幼稚園や保育園の子が作りやすいようなもの、ということでちょうちんとかアミアミがあるんだって思っていましたが、飾りにはちゃんと意味がありました。保育園の先生から教えてもらった記憶がないなぁ(^o^;)

アミアミは投網で豊漁に恵まれますように、ちょうちんは心を明るく照らしてくれますように(短冊の願い事がよく見えますように、というのも)とか、鶴は、家族が長生きしますようにという願いが込められているそうです。くずかごは整理整頓ができ、ものを粗末にしない子になりますように……知らなかった私は散らかし屋さんになりました(; ̄ー ̄A 


七夕には天の川に見立ててそうめんを食べるとかあるみたいですが、『ゆかりちゃん』というふりかけを題材にしたマンガを買った私はゆかりごはんもいいかな、なんて思いました(笑)

母を亡くした女子高生、ゆかりは父のために料理を作ろうとしますが上手くいきません。そこで自分と同じ名前の赤ジソふりかけ「ゆかり」(三島食品)をかけたご飯を出すと、父はゆかりが好物だった妻・あかりを思い出して静かに涙を流します……が、彼女は父親が泣くほどゆかりふりかけが好きなんだと誤解してますます張り切るのです~友だちのかおりちゃんもカワイイ(笑) ちょっとせつなくてホッコリするマンガでした。青じそふりかけの「かおり」も出てきますよ~一度だけスーパーで見たことがあるかも? 表紙カバーをとると「ゆかり」パッケージみたいで、目次もゆかりっぽいので本を手に取ってほしいです。

http://aplista.iza.ne.jp/f-iphone/221963


「縁」と書いて「ゆかり」と読みますね。皆さまとのご縁に感謝の月曜日です。よい1週間になりますように(*´∀`)ノ




rohengram799 at 09:34コメント(4) | 七夕・蛍・花火 | 空のお城図書館 

コメント一欄

1. Posted by 猫ムスメ   2015年07月06日 13:50
小学生の時、一番仲の良かった友達が「縁(ゆかりちゃん)」でした。彼女のお陰で「縁」と「緑」の区別を覚えた気が…(^_^;)


神田は毎年、街を上げて七夕飾りを推奨しています。無料で竹を配っているみたいで、あちこちの店先に同じ規格の竹が並んでいますよ これも現代の風景かなと思います。
ちなみに某・都市銀行の前の竹に、一言「たなぼた」と書かれた短冊が掛けられていて妙にイラッとしました(-.-;)
七夕にかけたギャグなんでしょうがふざけんなと思います。
2. Posted by ナンチャッテ   2015年07月07日 06:16
おはようございます

本当、クリスマス、ハロウィン、バレンタイン等々、西洋の文化には大変盛り上がるくせに
節句などの日本の文化は軽視されてますねぇ
(・∀・;)

・・・七夕、日本の文化か自信が無いですけど
3. Posted by オスカー   2015年07月07日 08:35
§猫ムスメ様
>たなぼた
ああ、なんか書いた人のイヤらしい性格がうかがえます(~_~;) 天気も景気もイマイチでイラついているのかしら? お金を大事にしない人には円も縁もやってこない気がします~!
4. Posted by オスカー   2015年07月07日 08:38
§ナンチャッテ様
七夕はもう日本に根付いた独自の文化になっているでしょうね~ハロウィンは違う方向に行っている気がしますが。 体調が少しでもよくなりますように。お大事にして下さい!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ