2015年11月22日

暁雲便りNo.29:日御子

昨晩は『日御子』(帚木蓬生)の世界にどっぷり浸かっていました。最初は「あれ、ヒミコってどんな漢字だっけ? 卑弥呼じゃないんだ…」くらいだったのですが、邪馬台国→弥摩大国、奴国→那国と良字というとヘンですが、こちらが見下された感のない文字は見ていて(読んでいて)気分がよかったです!

遠い昔、大陸からこの倭(今の日本)という地に移住してきた<あずみ>の一族は、使譯(しえき、今だと通訳かな)を一族の天職として生きています。その<あずみ>は各地に分散移住して行っても、使譯という仕事に就いているのは同じ。漢字は安住だったり安曇だったり…変わります。


代々、使譯を務める<あずみ>一族の子として生まれた針(しん)は、病床の祖父・灰から、那国が漢に使者を遣わし「金印」を授かったときの話を聞きます。それは、「倭」の国が歴史に初めてその名を刻んだ出来事。それから十数年が経ち、再び漢へ遣いを出すことになり、針は伊都国の使譯として正式に任命されます。5隻の船にたくさんの生口(奴隷)を乗せ、漢の都・洛陽へ。その後「倭国大乱」「邪馬台国」そして「東遷」へと、代々の使譯たちの目を通じて日本の歴史が語られます。


史実をもとにした創作ではありますが、全文が子や孫などに語るかたちをとっているので、自分も祖父から話を聞いているような気持ちになります。2???3世紀の時代、政治と闘争、諸国の繋がりなど確かにこうだったのかも……と思いました。ウチのダンナが『三國志』のドラマを録画していて、ちょうど《死せる孔明、生ける仲達を走らす。》の回を見た後に本の続きを読んだら、その話が出てきて「Nice!」と思いました!(笑) ちなみに私はドラマの内容はほとんどわかりません。三國志ってムズカシイ( ̄~ ̄;)


そして、全編を通し語り継がれるのが、4つの教えです。「約束は守り、恩や親切を受けたならば、返さなければならない。」「恨んで戦うと、天の恵みが受けられなくなる。」「絶え間ない良い習慣があれば、才能など何の重みもない。」「仕事の中味を変えるのが、骨休めなのだ。」……生口として異国で一生を終えることになる子どもたちも、この教えを支えに生きていくのです。



登場人物の名前の意味や日御子の生涯など、もしかしたらこうだったかもしれないという浪漫もあり、人として毎日をどう生きるかという人生訓もあり……上下巻で最初は歴史物だし、読みきれるかな…という不安もありましたが、読破して満足しました。



明日は雨になりそうですね。どうぞ皆さま、体調をくずされませんようにお気をつけ下さいませ。




rohengram799 at 19:45│Comments(8)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by 見張り員   2015年11月22日 21:31
こんばんは
壮大な歴史ドラマですね、これは私も読みたいです。
>約束は守り、恩や親切を受けたならば、返さなければならない。
これは人が人として生きる上で大事ですね。
こういうことを忘れては人は人として生きられない気がしますね…。

明日は法事です。夫の兄弟集まるのですが何かしら波乱があるので気が気ではありません(;´Д`)。

オスカーさんにはよい一日でありますように!
2. Posted by なう60   2015年11月23日 07:59
おはようございます。
素晴らしい歴史ドラマ「人として毎日をどう生きるかという人生訓もあり」視野が広がった様子が伝わってきます。
3. Posted by オスカー   2015年11月23日 15:53
§見張り員さま
あいにくの空模様ですが、お務めを無事に果たされたことと思います。見張り員さまだからこその気配り心配りに天上の義父上さまも喜ばれたのではないでしょうか。
最近は言葉だけで行動が追い付かなかったり、行動だけで気持ちがついていかなかったり…になってしまうので、この本を読んだことをきっかけにまた生活を改めようと思いました!
4. Posted by オスカー   2015年11月23日 15:57
§なう60様
人が生きる指針というものはどれだけ年月が経っても変わらないのだと思いました。祖父が孫に語る上巻、日御子に仕える炎女(えんめ)が中心の下巻、文庫表紙もステキで満足しました。
5. Posted by ミューちゃん   2015年11月23日 16:40
5 オスカーさん、こんにちは
TBSのアナウンサーの安住さんは、この邪馬台国と少なからずとも関係があるのかな…と思いました自分の苗字のルーツを探ってみるのも面白いかも知れませんね
6. Posted by オスカー   2015年11月23日 17:05
§ミューちゃん様
私も彼の顔が浮かびましたよ(笑) 「話す」仕事もしていますしね。あと上戸彩ちゃんで実写映画化されたマンガの『あずみ』も思い浮かべました。こちらは忍者系ですけど。名字でも名前でもきれいな音・言葉だと思います。
7. Posted by 猫ムスメ   2015年11月24日 05:17
帚木さん、こんな壮大な歴史小説も書かれているのですね💡 ロマンを感じつつも歴史があまり得意ではなくまた最近短編小説ばかり読んでいる根性ナシな私、読みきる自信がありません(;_;)
8. Posted by オスカー   2015年11月24日 07:27
§猫ムスメ様
たしか大仏建立の『国銅』という作品もあったはず…欧州を舞台にした歴史長編は何冊か読みましたが、自国の歴史物を読むとう~んと感慨深いですね(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ