2016年02月18日

凍雲便りNo.7:猫眠る

『猫眠る金柑ほどの月の下』(大木明子)


この俳句に詠まれた猫、私の中では黒い猫で、日本画のイメージなんですが、皆さまはどんな光景を想像されるでしょうか? ちなみに季語は「金柑(秋)」で「猫眠る」ではないハズ……「山眠る(冬)」はありますが(^^;)



にゃん×3の猫の日(2月22日)にはまだ早い……ですが、昨日(2月17日)がイタリアでは「猫の日」だったと立ち読みした雑誌に書いてありました。


猫関係の専門雑誌が呼びかけて制定。ラテン数字で17はVIIXと書くため、アナグラムでVIXIになる。つまり生きるの過去形→「私は死んでいる」の意味になる。←「お前はもう死んでいる」のケンシロウが浮かんできた! 「猫は7回生まれ変わる」→「不死身の動物」という俗説に準じこの日に決まったらしいです。イタリアというと長靴の形をした国で自然と『長靴をはいた猫』が浮かんできます←しかし内容は知らない!


そして11月17日は「黒猫の日」。迷信により、年間6万頭以上が虐殺されているので動物愛護団体AIDAAが主体となり「黒猫の日」のイベントが開かれたそうで……イタリア人は猫が好きなのか迷信に惑わされやすいのか、なんだかよくわからない(;´д`)


ベルギーでは5月9・10日が『猫祭りの日』だそうで……こちらは19世紀の初めまであった、高い時計塔から黒猫を投げ落として殺した(;゜∀゜)「猫の水曜日」といわれる行事が元に……暗い歴史を忘れず、彼らを悼んでこの祭が行われるようになったと言われるそう。高い塔から黒猫のぬいぐるみを投げ争奪、手にしたものは幸運を得るらしいです。猫好きもそうでない人も殺到しそう~恐いな((((;゜Д゜)))




2月も半分過ぎてしまいましたね。しばらくノドがイガイガしてセキも出ていたのですが、普段薬を飲まないからか、市販の咳止めを飲んだらすぐよくなりました(笑) 一応まだ寝る時もマスクをしています。皆さまもお身体に気をつけて下さいませ。





rohengram799 at 17:00│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2016年02月18日 18:08
実は今日、半休を取って新宿伊勢丹の「キャッツ・イシュー」に行ってきたところです😉 タイムリーな話題でした(*^^*)

あと、今ようやく八木沢さんの新作「きみと暮らせば」を読んでいるところでして…もう“種田さん”に夢中!!(笑) 可愛くて可愛くてなりません💓
あんなにゃんこと暮らせたらさぞ幸せだろうと思います😢
2. Posted by ミューちゃん   2016年02月18日 23:04
5 オスカーさん、こんばんは(^O^)!
今日ねぇ、猫カフェに行って来たんですよね。猫ちゃんって不思議なもので、暴れ回る子も居れば、人にすぐ懐く子も居て、ホントに千差万別なんですよね。今日は2階の部屋を工事をしていて物音が煩かったんですけど、不思議なもので猫ちゃんは全く、それを気にしないんですよね。ヒザ猫をしてくれる子も居たりして、出来るなら飼いたい!て思いましたよ(笑)。
3. Posted by オスカー   2016年02月20日 09:49
§猫ムスメ様
ハチワレの種田さんのマイペースさ、兄妹の日常がなんともいい雰囲気の作品ですよね。またさりげなく(笑)猫が登場する作品を見つけたいと思います!
4. Posted by オスカー   2016年02月20日 09:51
§ミューちゃん様
干支に「猫」があったらみんな猫生まれ(笑)になりたい!と思うのかな~?なんて考えました! 江戸時代は猫を散歩させていたといいますから、もしかしたらまたそんな時代が来るかも…しれませんね~!
5. Posted by 見張り員   2016年02月21日 21:42
こんばんは
ヨーロッパでは黒猫は魔女の使い?とか言われて迫害されてきましたが日本では吉兆だそうですね。黒猫が前を横切ったらいいことがあるといわれるそうですよ。
そういえば夢二の絵にも黒猫を抱いた女性の絵がありましたね。

この陽気のせいか咳が止まりません、止まると胸がジーンと痛くて。今夜もぜんそくの飲み薬を飲んで寝ます。
オスカーさん、お大事にね!
6. Posted by オスカー   2016年02月21日 22:14
§見張り員さま
竹久夢二の「黒船屋の女」なんとも艶かしい雰囲気のある絵ですよね。黒いといえば、ウサギのリサとガスパールでしたっけ? あれは白いウサギの方が腹黒く感じてしまいます…!
明後日はまた雨か雪とか……お大事にして下さいね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ