2016年02月29日

凍雲便りNo.16:もがいて候~2月の本棚

テーマは「20」という数字。原稿用紙20枚という制約の中で、20人の人気作家が綴った20の短編を集めたアンソロジー『20の短編小説』(小説トリッパー編集部編)が今月最後の一冊になりそうです。


朝井リョウ・阿部和重・伊坂幸太郎・井上荒野・江國香織・円城塔・恩田陸・川上弘美・桐野夏生・白石一文・津村記久子・羽田圭介・原田マハ・樋口毅宏・藤井太洋・宮内悠介・森見登美彦・山内マリコ・山本文緒(敬称略)が描いた近未来的な話、セクシーな話( 〃▽〃)やホロリとする話、考えさせられる話などお得な一冊だと思います。


好きな作品はいくつかあるのですが、木皿泉さん(夫婦で共同執筆する脚本家)の「20光年先の神様」は最初の一文から引き付けられました。


《祈りと呪いは違うという人がいるが、そんなことを言うのは、本当に人を呪ったことがない人なのだと和美は思う。》


和美はトージナホがいなくなればいいと思い続けていたけれど、中学を卒業してから40年経ってから病院で再会します。看護師と入院患者として。


《きっと二十光年先にいらっしゃるのだ。和美の願いが神様の元に届くまで二十年。神様がその願いを和美のところまで届けるのに二十年。四十年前に祈ったことを、今すぐキャンセルして下さいと祈っても、すぐにはかなえてくれない。そういう、取り返しのつかない時間の中に、私たちは生きているのだ。》


トージナホは亡くなり、和美はもう一度祈りなおしたいと何もなくなった部屋で思います。


《「みんなが、私のことを許してくれますように。そして、私が、みんなのことを許せますように」
先のことなどわからないが、そう祈ってしまうと、みるみる心が静まってゆく。たとえ、神様に届くのが二十年先でも、今の心はこんなに穏やかだ。そうか、これが祈るということか。祈りとは、今を生きるためにあるものなのか。》



和美の考え方を勝手だと思う人もいるかもしれないし、祈りが通じてトージナホが病気になったとは限らない。でもこういう気持ちを誰しも一度は持ったことがあるんじゃないかなぁ……。


タイトルから谷川俊太郎さんの『二十億光年の孤独』を思い出しました。この詩も合唱曲になっているのですね。


「人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする」……どんなカタチでも人間って誰かと何かと繋がりたいさみしがりのかまってちゃんなのかも(;^_^A そんな私ももがいて悩んであがいての2月の読書は少ない……ですがスープ以外は大満足でした。



《2月の本棚:計7冊》

「ぎやまん物語」(北原亞以子)「あこがれ 続・ぎやまん物語」(北原亞以子)「本をめぐる物語 小説よ、永遠に」(アンソロジー)「ゆうじょこう」(村田喜代子)「スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 今日を迎えるためのポタージュ」(友井羊)「ことり」(小川洋子)「20の短編小説」(アンソロジー)





『二十億光年の孤独』(谷川俊太郎)

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする

火星人は小さな球の上で
何をしてるか 僕は知らない
(或いは ネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ

万有引力とは
ひき合う孤独の力である

宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う

宇宙はどんどん膨らんでゆく
それ故みんなは不安である

二十億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした





rohengram799 at 10:56コメント(6) | 月刊・空のお城図書館 | 谷川俊太郎 

コメント一欄

1. Posted by ミューちゃん   2016年02月29日 16:40
5 オスカーさん、こんにちは
以前「サワコの朝」て云う番組に谷川さんがゲスト出演された時、世間の人達は谷川俊太郎って云う人は、もう亡くなってるんだと云う誤解があって困ってるって仰ってました。本人は笑って話されてましたが、これって谷川さんに失礼ですよねでも同時に「これからやってみたい事は?」と云う問いに「死んでみたい。」と答えてましたね。死ぬ事に対して好奇心があるみたいですよ。まぁ、ホントに死んでもらったら、こっちは悲しいんですけどね…
2. Posted by 猫ムスメ   2016年02月29日 19:57
こういう、一つの「くくり」を持ったアンソロジーって、作者の力量が表れますよね😊

私は昨日、貴重な休みを利用し「どうぶつたちの贈り物」を一気読みしました✌
様々な動物をテーマにしたアンソロジーです。どれも面白かったけど、やはり小川洋子さんが書かれた「黒羊」のお話がとても素敵でした。
「ことり」も楽しみです。
3. Posted by なう60   2016年03月01日 08:33
おはようございます。
「20人の人気作家が綴った20の短編を集めたアンソロジー『20の短編小説』近未来的な話、セクシーな話などなど視野が広がる様子が伝わってきます。本日から弥生3月、全国的に冷え込んでいますが
「暑さ寒さも彼岸まで」しばらくの辛抱です。春の訪れを待ちましょう。

4. Posted by オスカー   2016年03月01日 08:42
§ミューちゃん様
あちらとこちらを行き来出来たとしても不思議ではない気がするのが谷川さんですね(笑) これからもお元気でたくさんステキな作品を作り続けて欲しいです。
5. Posted by オスカー   2016年03月01日 08:45
§猫ムスメ様
梨木果歩さんも鳥や動植物を扱った作品が多いような気がします。小川さ作品、あの数式にこだわる先生だけは途中で止めてしまいましたが、今読むとスラスラ読めるかしら(笑)
6. Posted by オスカー   2016年03月01日 08:49
§なう60様
昨日は夕方から雨になり、やっぱり天気予報はアテにならないわ~と思いました。
3月というだけで気持ちが浮き立ちます(笑) ワクワクドキドキの弥生月にしたいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ