2016年03月11日

春雲便りNo.11:5つの大切10の反省

突然、昔見ていたテレビコマーシャルを思い出してしまいました。おじさんが外国のガタイのいい男性に「クイントリックス!」と何回も言っているヤツです~時代がわかるなぁ、昭和49年だそうです(; ̄ー ̄A 


おじさんは坊屋三郎という方で、外国の方はメキシコ人の俳優 トニー・ダイヤさんという方だったらしいです。何回も「クイントリックス」を連呼。トニーさんに「英語でやってごらんよ」と何回も言ってダメ出しをしていましたが、実際外国の方には発音しにくい単語(?)らしいです。あの頃は映りが悪くなるとバンバン叩いていましたが、今は薄型過ぎて叩くところもないし「しばらくお待ちください」も全く見なくなりましたね(笑)


このコマーシャルが流れていた時代に流行ったものというのに《5つの大切10の反省》とあり、そんなのあったっけ?と調べてみました。


田中角栄氏が首相在任中に打ち出した児童教育指針だそうです。


《五つの大切》

1 人間を大切にしよう
2 自然を大切にしょう
3 時間を大切にしよう
4 モノを大切にしよう
5 社会を大切にしよう

《十の反省》

1 友達と仲良くしただろうか
2 お年よりに親切だったろうか
3 弱いものいじめをしなかったろうか
4 生き物や草花を大事にしただろうか
5 約束は守っただろうか
6 交通ルールは守っただろうか
7 親や先生など、ひとの意見をよく聞いただろうか
8 食べ物に好き嫌いを言わなかっただろうか
9 ひとに迷惑をかけなかっただろうか
10 正しいことに勇気をもって行動しただろうか



「お前が言うか!」みたいな文言もありますが、こう胸に手を当てて考えてしまうことばかりです。五十の手習いならぬ五十の反省になりそうな……(;´д`)



今、姫野カオルコさんの『純喫茶』というノスタルジックな短編集をよんでいるのですが、ひとりっ子のまり子ちゃん(私よりいくつか年上だと思う)がラジオから流れる♪あっかるいナッショナールのコマーシャルソングを耳にして「明るいナショナ」ちゃんという空想のお友だちと遊ぶ場面は笑っていいのか、かなしいのか、なんだか複雑な気持ちになってしまいました。大人になったからかしら……。



昨夜は寒くてなかなか眠れませんでした。皆さまも気温変化にお気をつけ下さいませ。






rohengram799 at 14:34コメント(12) |  

コメント一欄

1. Posted by ミューちゃん   2016年03月11日 17:13
5 オスカーさん、こんにちは
田中角栄さんって今、再ブームが来てて、関連する本がたくさん出てますね。これって恐らく今の安倍首相の政策に希望を見出せないから、角栄さんの存在が改めて注目されていると思うんですよ。たまに国会中継を観たりするのですが安倍さんの答弁って何か、のらりくらりとしてるんですよね…
2. Posted by てんし   2016年03月11日 21:38
こんばんは😊

私もあの『クイントリックス』の宣伝今でも頭に浮かんできます。

私もかなり古い人間になってしまったようですね。

田中角栄さんがこんなことを言っていたとは知りませんでした。

田中角栄さんは確かにダーティーな部分もたくさんありましたが、しっかりやると決めたことは実践していた素晴らしいところもあったと思います。

そういうところは今の政治家たちとは大違いだと思います。

クイントリックスも田中角栄さんも、もう既に凄く過去のものになってしまいましたね!

いつもありがとうございます。
3. Posted by なう60   2016年03月12日 07:36
おはようございます。
「田中首相」「池田首相」の時代を生き抜いてきました。所得倍増時代、「燃えていた日本」の時代です。
給与は、定年まで右肩上がりで給与、賞与、退職金が下がるのは、私の定年以降ですが、現職時代「下がる」は、想定外でした。「五つの大切」「十の反省」永遠の課題、分かりやすいですね。「人間を大切に」学校が取り組む一番の問題、変な事案が解消されることと確信します。
4. Posted by Kay   2016年03月12日 11:43
こんばんは。
田中角栄さんの時代、日本人がものすごい勢いで働いていた時代ですね。人口がすごい勢いで増えて、郊外の田んぼや畑がどんどん住宅地になっていった時代。高度成長期といえば聞こえはいいけれど、利便性と経済の発展と、それまでの生活のリズムの落差が大きくなっていった時代だったような気がします。「大切にしよう」というのは、たぶんその成長期に失われていきそうなものだったのかしら、なんて思ったりして。
「子供のために、将来のために」声高に言い放った田中首相は、ある意味で怪物。
今の日本を見たとき、あの時代の人たちはなんて言うのでしょうね。「おう、頑張っているな」と褒めてもらえるのでしょうか。
5. Posted by オスカー   2016年03月12日 13:14
§ミューちゃん様
国会中継を見ていると、この人は誰?と名前も知らない議員さんがたくさんいます……あとムダ話や野次にうんざりしますね。答弁も的外れだったり…18歳で初の投票の人たちは何を規準に選ぶのでしょう?
6. Posted by オスカー   2016年03月12日 13:17
§てんし様
角栄氏は自分の故郷のために尽力したので地元での評価は高いと昔から言われていましたね。娘はまだしも婿殿は……(~_~;) 政治家の資質について考えてしまいます。
7. Posted by オスカー   2016年03月12日 13:29
§なう60様
今マンガで戦後の政治家を取り扱った作品を読んでいますが、よくも悪くも激しい勢い、意気込みがありましたね。今はお金云々より私生活のだらしなさばかりが目立つ政治家が多くて…大臣も替わりすぎです。
8. Posted by オスカー   2016年03月12日 13:37
§Kayさま
立派な人になってほしくて「角栄」と名付けたのに…で改名手続きをした話もありましたね。田中角栄という人は本当に影響力の大きい人でした。今の日本を見たら、ダミ声で怒鳴りそう…でも困っている人には「よっしゃよっしゃ、絶対何とかする!」と言い切りハグしてまわりそうです。
9. Posted by 見張り員   2016年03月12日 20:51
こんばんは
あのCM懐かしいなあ~~。頭の中に映像が出てきましたよ^^。

五つの大切 十の反省、これは今の時代にこそ必要じゃないかなあと思いますね。
海軍兵学校の「五省」を思い出しますね。
10. Posted by 猫ムスメ   2016年03月12日 21:44
確かに「お前が言うな」感、満載ですね(笑)

でも、10の反省の方はなかなか核心を突いていると思います。

優れたリーダーって、こういうわかりやすい言葉を使うんですよね…
11. Posted by オスカー   2016年03月12日 22:22
§見張り員さま
>海軍兵学校の「五省」
検索してわかりやすい言葉で書かれたのものを見つけました。
一、真心に反していなかったか
一、言行に不一致な点はなかったか
一、精神力は十分であったか
一、十分に努力をしたか
一、最後まで手を抜かなかったか
胸にズン!ときました……!
12. Posted by オスカー   2016年03月12日 22:25
§猫ムスメ様
今の政治家って耳に優しい、心地よいドリーミーなことは言いますが、芯(真)がなくて……後世に残るのは「迷言」ばかりになりそう……!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ