2016年04月12日

暮雲便りNo.12:ピーマンな世界

昨日は気温が下がり、雪になったところもありましたね。農家や漁業など天候と密接な係わりがあり影響を受けるお仕事の方々は大変でしょう。今夏は猛暑の予報も出ているようですし……。新聞で秀逸に選ばれた川柳がありました。


『父祖の地の土となるまで一農夫』(柏市 宮本次雄さん)


「耕せば土から祖父の声。稔れば土から祖母の声。蒔く、実る、刈る、植える、育てる、穫る。足跡も汗も、一徹につなぐから、生きる。そのことを、親から子に語り、そのことを、日ごと背中で見せ、だから、土は愛しく、血をつむぐ。生涯一農夫。」選者の瀬々倉卓治さんの評です。JAのポスターに使いたくなるような川柳と評だと思いました。



昔、むかし「話(アタマ?)がピーマン」なんて言葉が流行りましたが、ドイツではこんな金髪ジョークが流行ったらしいです。


「金髪美女の耳に懐中電灯を当てると中がカラッポなので目が光る」

「金髪女性の目をのぞきこむと脳ミソがないので頭蓋骨の裏側が見える」


ドイツ人は金髪女性がキライなんでしょうか(;´д`) 『「小顔」ってニホンではホメ言葉なんだ!? ドイツ人が驚く日本の「日常」』(流水りんこ / サンドラ・ヘフェリン)というコミックエッセイみたいなのに描いてあったのですが、外国の方からみたら(´・ω・`)?な出来事ってたくさんあるんでしょうね。こちらのブログはスゥエーデンの方が4コママンガを描いたりしています。

北欧女子オーサ+オフィシャルブログ「北欧女子が見つけた日本の不思議」Powered+by+Ameba
http://ameblo.jp/hokuoujoshi/


ピーマンは臭いがキライ!苦い!と嫌われ野菜のピーマンでありますが(私は食べられます。むしろ好き!)『現代農業』最新号を立ち読みしてきたら、いろんなわき芽の話があり、市場にはなかなか出回らないけど美味しいよ(´∇`)みたいな記事が……!

10月中頃、ピーマンの株全体の日当たりをよくするため「わき芽」を取り除く「芽かぎ(芽かき)」という作業があり、そこで大量にとれるようです。写真を見ると、ほうれん草が糸三つ葉の長さになったみたいな感じ? 茎はヒョロヒョロしていました。地元野菜直送便みたいなのに入っている可能性が高いみたいですね。あとはピーマン農家とお知り合いになるか(笑)

皆さまの食卓にピーマンはどのくらいの頻度で登場するのかしら? ひとりでもみんなとでも家族とでも、どうぞ楽しい食卓を♪




rohengram799 at 17:27│Comments(10)

この記事へのコメント

1. Posted by なう60   2016年04月12日 19:52
こんばんは
家内曰く「台所は、女の命」若き頃、家内が風邪を引いて台所の真似事するとご機嫌斜めでした。それが約3年前、「パートに行ってる
月の半分、料理して」との要請で月の半分、台所で「料理」難しく楽しくです。(笑)ピーマン月に1回程度の頻度、焼きそば、スパゲティー
に使用です。初めて挑戦の料理、楽しくですね。「ピーマンの肉詰め」先日もテレビで作っていましたがまだ未挑戦です。(笑)「にんにくの芽」
ス-パ-の店頭に並ぶ時期になりましたが「一度作って食べてみたい。」と思ってますが。オスカ-さん、「ニンニクの芽」食べました?
2. Posted by のざわ   2016年04月12日 22:15
ピーマンは大好きな野菜です。
3. Posted by MEL   2016年04月13日 05:38
ピーマン…子供の頃から苦手意識はないです

主には肉詰めか
チンジャオロース
あとはナポリタンの具ですかねえ…
4. Posted by Kay   2016年04月13日 06:11
こんにちは。
ピーマンって、日本のものはシャキシャキっとした歯触りで、どちらかというと辛めでしょうか。こっち(アメリカ南部)の場合は、グリーンを買っても肉厚で、なかなかしゃきっ!とならないんですよね。(日本の赤とか黄色のピーマン(?)の感じ)。ところで、その「金髪」の話は、アメリカにもありますよ〜。
ブロンド娘は「エア・ヘッド(air-headed)」頭が空っぽ。でも、なぜか老いも若きも、ブロンドに染めるんですよね〜。

↓のfiddle(フィドル)の話ですが、「屋根の上のバイオリン弾き」、原題は「Fiddler on the roof-屋根の上のフィドル弾き」ですね。カントリーミュージックのバンドで使われているのはヴァイオリンに似ていますが、やっぱりフィドルです。ヴァイオリンの音質では、カントリーにはならないですね。多分。。。
5. Posted by 猫ムスメ   2016年04月13日 06:32
俳句だけでなく、選者の評も素晴らしいですね。寡黙に土に向き合う老人の姿が目に浮かびます。

ちなみに基本なんでも食べる(好き嫌いはあるけど“どうしても食べられない”というのは少ない)私ですが、絶対的に駄目なのがピーマンです。肉詰めなんて恐怖ですね。たまに実家の食卓に出て、諦めた親から「中の肉だけ食べろ」と言われましたが、 無理でした。やはり味が移っていてキツイですね(>_<)

6. Posted by オスカー   2016年04月13日 15:44
§なう60様
ニンニクの芽、スーパーで見て安いものを買おうとすると中国産で…ためらいがあります 回数は少ないですが、食べましたね。でもやっぱり「タラ芽」でしょうか、中学時代に文芸部の部長が書いた詩の一節が忘れられません。「オマエは今晩のおかずだぞ」(笑)
7. Posted by オスカー   2016年04月13日 15:46
§のざわ様
北欧のピーマンはどんな食感なのかしら? また気になる事が増えました(笑)
8. Posted by オスカー   2016年04月13日 15:50
§MELさま
よくピーマンと魚肉ソーセージを炒めたものを食べていました。同僚がピーマン嫌いなのですが、家族から青椒肉絲を作れと…「一味足りない」と言われても味見したくないからわからない!と困っていました。
9. Posted by オスカー   2016年04月13日 15:58
§kayさま
>「Fiddler on the roof-屋根の上のフィドル弾き」
おお、そうなんですか! 私、ミュージカルも観たことがないので、ヴァイオリンなんてハイカラなイイモノ持ってるな(笑)という感じでした! カラーピーマン、パプリカでしょうか、私もこのふにゅ!とした感触はキライです。スーパーでカラーピーマンのパプリカを探していたのにスパイスの棚の前に連れていかれたお客さんを見て、気の毒に思いました(^^;)
10. Posted by オスカー   2016年04月13日 16:02
§猫ムスメ様
「土」を詠んだ句は大地の偉大さを感じます。地球そのものと向かい合っているような。
ピーマンがダメでしたか…! 私は基本食べられるものが少ないので(なのにデブリンいやだからデブリンなのかも)野菜はだいたい食べられる……あ、生のトマトはイヤです(◎-◎;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ