2016年05月04日

香雲便りNo.5:これも法律ですか(;・ω・)

男女雇用機会均等法の施行(1986年4月)からちょうど30年……女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(女性活躍推進法)が昨年8月28日に国会で成立(全く記憶にない!)したので、今年4月1日から、国・地方の公共団体、労働者301人以上の大企業は、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定などが新たに義務づけられることになったそう……余分な仕事が増えた!とか思わないのかしら?


*自社の女性の活躍に関する状況把握・課題分析

*その課題を解決するのにふさわしい数値目標と取組を盛り込んだ行動計画の策定・届出・周知・公表

*自社の女性の活躍に関する情報の公表を行わなければならない(300人以下の中小企業は努力義務) 


守らない場合、特に罰則はないようですが、企業の行動計画などは厚生労働省の専用サイトにアップされ、認定されれば3段階の評価認定マークが各企業に付与されるらしいです。


女性活躍の認定に当たっては(1)採用(2)継続就業(3)働き方(4)登用(5)多様なキャリアコースなどの評価項目について判断。認定企業は商品や広告、求人広告などの際にマークをつけることで(これはまだ決まっていないみたいです。またデザイン業界がもめるのかしらねぇ)優れた企業であることをアピールできる……そうかしら? 昔はマークなんてJISマークかベルマークくらいだったのに、今はいろんなマークがついていてなんの意味があるのか、わからない~( ̄ヘ ̄)


本当にこれをうまく活用出来る企業なんてあるんでしょうか? 情報を公開されても……という気が( ̄0 ̄;) 管理職を増やすため「2020年までに官民の指導的地位に女性が占める割合を30%程度とする」という「2030(ニイマルサンマル)」目標を掲げたそうですが、イヤイヤ、ムリでしょ!


今、頑張っている女性がにこやかに華やかに「仕事と家庭、両立出来るんですよ!」「理解ある家族と会社に感謝してます!」と言ったとしても、内情はセクハラ・パワハラ・モラハラなどで、結構ドロドロではないかと考えてしまうのは、お掃除おばちゃんのヒガミかしら……(´;ω;`)



大阪市西成区のあいりん地区で働く日雇い労働者らの詩や俳句などを集めたカレンダー付きの冊子「あいりん労働者の詩集」があるそうですね。労働者の相談に応じる大阪府警西成署防犯コーナーが編集していて、詩集は昭和50年からほぼ毎年、作成されているとか。読んでみたいです。


一億総活躍といいますが、こういう生活をしている人たちにもちゃんとその場所を考えてくれているのかしら……?




rohengram799 at 18:58│Comments(6)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by HyperChem   2016年05月05日 00:02
一億総活躍って、一人当たりの消費による税金が減ってるから数を増やして確保したいだけかなって気がします。
聞こえはいいですけどねぇ。
採用の仕方も、それからの人の育て方もメチャメチャになってきています。
人件費だけでコストを弾いてしまうので、働ける人には、過剰に負担かかり、過労状態になってしまっています。
管理部門が頭でっかちになって、口だけ達者になってますから現場は大変です。
その辺の仕組みから何とかしてもらわなくては…。
2. Posted by オスカー   2016年05月05日 05:39
§HyperChemさま
担当大臣もいますが、なんか小学生が考えたみたいな名称で恥ずかしい気がします……私も子ども向けの解説記事を読んで知ったことなのでエラソーなことは言えませんが、末端には届かない話だと思います。
3. Posted by なう60   2016年05月05日 08:40
おはようございます。
「一億総活躍」響きは、いいですね。官民一体となって推進するには、民の実情を踏まえたスロ-ガン、目標設定が必要です。官民一体となって目的に向かって前進、目標を達成出来る「スロ-ガン」は、???「一億総活躍」目標達成は、難しく感じます。
4. Posted by Kay   2016年05月05日 08:52
こんにちは。
雇用均等方から30年ですか。。。当時、大企業で働いていた沢山の事務職の女性が、専門職に転向しましたよね。でも、数年後には、また沢山の方が事務職に戻ったり結婚退職したと記憶しています。
おそらく女性たちは、専門職の華やかさや面白さに惹かれて手を挙げたけれど、その裏側の仕事ー残業や、お客様に叱られるとか、そういう厳しさを甘く見たような気がします。「女性には、そんなことさせられないでしょ」みたいな。。。?

けれどその法律ができたから、そして諦めなかった女性たちがいたからこそ、理系女子をはじめ、活躍できる場所とそこで輝く人たちが増えたように思います。30年かかって、やっとここまで。
これからも諦めない女性たちがいるから、日本も捨てたものではないとおもいます。
5. Posted by オスカー   2016年05月05日 09:59
§なう60様
人口一億がいつまで続くのか?という少子化の時代になりました。時代が働いていた頃はまだバブルでしたが、全く恩恵がありませんでしたが(-o-;) 政治ショーの端役にならないように自分が出来ることを毎日しっかり!を心掛けたいです。
6. Posted by オスカー   2016年05月05日 10:06
§Kayさま
いろんな業種に女性が進出し活躍し始めましたが、まだまだ受け入れる側の体制が整っていないところもありますね。これから10年20年と経ってまた今を振り返る時に、女性だけでなくみんなが生き生きしている社会だったらいいなと思います。女性総理も誕生しているかしら!?

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ