2016年07月28日

布雲便りNo.28:溽暑(じょくしょ)の読書

関東・甲信越も梅雨明けしたらしいとのこと……梅雨らしい1日雨の日がほとんどなかったので、なんかへんな感じです。



「褥暑」という言葉があります。褥瘡(じょくそう・別名「床擦れ」)の漢字と同じ暑さ、グジュグジュ&ジメジメした感覚がよく伝わります……季語にまだ「猛暑」はないようですが、「大暑」「酷暑」「極暑(ごくしょ)」「炎暑」などがあるそうです。次の句など、足のムレ具合が想像出来てイヤだわ……絶対、水虫になるよ!って思ってしまう(´-ω-`)

『これやこの厚底靴に溽暑くる』(林翔)




昨日はまた読みかけにしていた川端康成の『伊豆の踊子』(新潮文庫)を読みきりました。「伊豆の踊子」は私が思っていたより娘さんが子どもだった! 最後に収められていた「禽獣」を残して放置していたのすが、きんじゅう……濁音がなければ「錦繍」で宮本輝さんのあの美しい小説になるのになぁ…と思っていました(笑)


主人公は、40歳近い独身男性。名前は最後まで出てきませんでしたわ。女中とふたりで優雅とは違うかもしれないけれど、まぁのんきに暮らしをしています。彼は人間嫌いで、人間嫌いである自分自身をも嫌悪しています。身の回りには小動物を置きたいタイプですが、愛情は感じられません。別に虐待するためにペットにしているわけではないのですが、積極的に救おうという気持ちは感じられません。だから犬や鳥などが好きな人は読むと不快というか、なんでそんなことするの?と思うんじゃないでしょうか。


キクイタダキ、という小鳥が出てきます。全長10cmで,日本の鳥のなかではミソサザイやヤブサメと並んで最も小さい鳥です。体はオリーブ色で,頭頂に美しい黄色羽があり,キクの花を戴いているように見えるのが名前の由来です。

http://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/detail/1410.html



可愛らしい小鳥の後にナンですが、禽獣というと私は赤江瀑さんの『禽獣の門』という耽美小説を思い出します。能役者が主人公の妖しく美しい作品ですが、受け入れられない人には絶対ムリ!で理解しがたいと思います。まぁ今は古本屋でないと赤江さんの本は見なくなりましたから(もう鬼籍の人)読みたくてもなかなか手に入らないかも。



婚活やら妊活やら脳活やらいろいろな「○活」がありますが、『善活のすすめ』という本の広告を見ました……「善活=慈善活動」なんでしょうが、略してまたあえて本にするとは……。まだ「ボランティアのすすめ」とか「すぐ出来る社会貢献」とかの方がよかった……善意が安っぽくより偽善的になった気がする……って私がダメ人間だから?




今月もあとわずか、その間に読みかけ放置本を何冊読めるかしら……結果は月末の記事をお待ち下さいませ(; ̄ー ̄A)






rohengram799 at 15:17コメント(8) | 空のお城図書館  

コメント一欄

1. Posted by ミューちゃん   2016年07月28日 16:46
5 オスカーさん、こんにちは
「善活のすすめ」て云うのは多分、まだボランティアをした事がない人に対してのHOW TO本だと思います。逆に言うと、そう云う本を出すって云う事は、善意が足りてないって云う事なのかな…?僕も偽善者って言われても良いから、何かしらのボランティアには参加したいなと思ってるんですよ
2. Posted by のざわ   2016年07月28日 19:48
オスカーさん、こんばんは。錦繍は読んだことがありますが、ほとんど忘れてしまいました。宮本輝さんの傑作ですよね。伊豆の踊子は部分的に教科書か問題集で読んだ程度です。関東も梅雨明けとの報で夫はそれをネタにお酒をいただきました。雨のうっとうしさを抜け出したというところでしょう。でもしっかり降った日はほんとに少なかったです。
3. Posted by オスカー   2016年07月28日 22:03
§ミューちゃん様
あえて「善活」としたことで若い人より中高年の人が注目しそうな気がする~徳を積む、みたいな。 ボランティアの語源は志願兵らしいので、なんでも自分がムリなく出来そうなことからでいいと思います。私は細々とベルマーク集めを続けています(笑)
4. Posted by オスカー   2016年07月28日 22:08
§のざわ様
『錦繍』の世界を理解出来ない男とは付き合いたくない……というコメントを以前雑誌で見たことがあります! 川端康成の本はもう一冊『千羽鶴』が積ん読になっていますが、有名過ぎる作家の本ってなかなか読まないものですね(笑) ビールが美味しく飲める本の特集とかあったら面白そうです。ギョーザ本だったりして(^。^;)
5. Posted by なう60   2016年07月29日 08:00
おはようございます。
「キクイタダキ」全長10cm。日本で見られる鳥の中ではいちばん小さく、体重5グラムほど。全体はうすい緑色をしていて、頭のてっぺんが鮮かな黄色で、菊の花びらが貼りついているようなので、この名があります。可愛い小鳥、見てみたいですね。勉強の朝でした。
6. Posted by オスカー   2016年07月29日 08:40
§なう60様
本当に「小鳥」という感じがたまらない可愛さですよね! この前、職場の立体駐車場の上階にカラスが2羽、なんだか恋人同士のようにいい雰囲気で止まっていました。仕事中で写メ出来ないのが残念なくらい、本当にいい構図で……10年働いていて、はじめてカラスにトキメキました(笑)
7. Posted by 猫ムスメ   2016年07月29日 21:01
子供の頃、「一日一善運動」というのが流行ったのを思い出しました。確か施した「善行」を皆の前で発表させられた気が…💦
子供心にもなんかオカシイんじゃないかと違和感を覚える運動でしたが、「善活」よりはマシですね(>_<)
8. Posted by オスカー   2016年07月29日 22:23
§猫ムスメ様
「一日一善!」 日本船舶振興会のコマーシャルを思い出します。心がけて行動するのはいいですが、発表は…なんか就活のためにボランティアみたいですね。善行は「左手に告げるなかれ」の精神でいいと思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ