2016年07月30日

布雲便りNo.30:ドジでノロマなカメです( TДT)

読みかけ放置していた『百』を読み終わりました。百歳を前にして老耄のはじまった元軍人の父親と、無頼の日々を過ごしてきた「私」とのなんともいえない複雑な、でも大なり小なりどの家族にもあるんじゃないかという親子関係を描いた、私小説(といっていいと思う)。表題作は川端康成文学賞受賞だそうです。


「私」の名前はカルメンですっ♪……ではなくて、色川武大(イロカワ・タケヒロ・1929-1989)さん。東京生れ。東京市立三中に入学しますが、学校になじめず中退。戦後の数年間、放浪と無頼、映画と演劇の日々……阿佐田哲也名義で『麻雀放浪記』などを書いています。私は読んだことはないのですが、マンガの『哲也―雀聖と呼ばれた男』は掲載雑誌を買っていたので読んでいました(笑)


「連笑」「ぼくの猿 ぼくの猫」「百」「永日」の4つの作品で、私は最後の「永日」が一番よかったというか、自分はここまでの介護問題には突き当たらなかったけれど、父親の立場になる可能性が大なワケで……自分の老いについて、家族とのかかわりについて、久々に考えてしまいました。


彼は頭の形が悪いことにスゴく劣等感を抱いていたようで、あちこちにその思いが書いてありました。麻雀アニメに『咲-Saki-』という、女学生(笑)が麻雀全国大会で優勝を目指す!みたいなヤツがあったんですが(ほぼ超能力対決になっていましたけど)咲ちゃんも優秀なおねーちゃんに劣等感を抱いていたようでした。コラ動画にアカギが出てきたのがあったのですが、彼は開襟シャツを愛用しているので、頭髪こ白さはちょっと気になりますが(笑)学生に混じっても違和感ナシで笑えましたわ~あ、私は麻雀は全くわかりません( ̄▽ ̄;)


「劣等感いっぱいの主人公がガンバる!」系ドラマの代表的なものは、やはり「教官!」「ドジでノロマなカメです!」の『スチュワーデス物語』でしょうか? 知らない世代の方が多い? この「のろま」という言葉は、江戸の人形遣い野呂松勘兵衛が演じた「間狂言」の「野呂間人形(のろまにんぎょう)」に由来するらしいです。「野呂間人形」は平らで青黒い顔をし愚鈍な仕草をする滑稽な人形なので「のろま」になったと……「野呂松」や「野呂間」とも書くことから「野呂間人形」説がかなり有力らしいです。佐渡島には今も古い鈍間人形が残っているそうです。芥川龍之介も『野呂松人形』という作品を書いていました。



いまだにガラケーを愛用し「ポケモンGO!がナニさ(ーー;)」と、時代に全くついていけない、昭和の甲羅を背負ったドジでノロマなオスカーですが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします……(´;ω;`)






rohengram799 at 15:36コメント(8) | 空のお城図書館  

コメント一欄

1. Posted by ミューちゃん   2016年07月30日 16:37
5 オスカーさん、こんにちは
今は、もうスチュワーデスとは言わずにCAて言いますからね…「スチュワーデス物語」と言えば、多くの人は堀ちえみさんを思い浮かべると思いますが、僕は春やすこさんのイメージも強いんですよね(笑)。やすこさんは最近、アリエールのCMに出てて、ちえみさんは関西ローカルの番組に出演されてるようです。今でも交流があるみたいですね
2. Posted by まろゆーろ   2016年07月30日 17:31
あはは。昭和の甲羅を背負ったかあ。とてもグッとくる表現ですね。そうなると僕などさしずめぼちぼちウミガメの域でしょうか。
のろまの語源、そんなことだったのですね。
スチュワーデス物語の頃って、すべてに許しと認める心、そして小さな事柄にも喜ぶという余裕があったような。それだけみんなに責任感があったということでしょうか。今思うとよい時代でしたね。

百歳にしてやっと老耄ですか。百まで元気とは恐れ入ることかと。
オスカーさんも百まで生きて、この国を存分に観察してくださいね。
3. Posted by オスカー   2016年07月30日 19:53
§ミューちゃん様
私にはスチュワーデスさん、看護婦さんがしっくりくるんですけどねぇ(笑)
ちえみちゃんもアイドル時代はまさかあんな波瀾万丈な人生になるとは思っていなかったでしょうね~! やすこけいこさんも懐かしいです!
4. Posted by オスカー   2016年07月30日 19:59
§まろゆーろ様
『かめくん』という北野勇作さんの小説を思い出してしまって……本文は4章で構成されていて「模造亀(レプリカ)」「機械亀(メカメ)」「亀記憶(カメモリー)」「亀手紙(カメール)」で甲羅が記憶装置だったかと……。 長生きしてきんさんぎんさんみたいなカワイイ100歳になりたいです(笑)
5. Posted by ゆちあ   2016年07月30日 20:20
こんばんは。
スチュワーデス物語懐かしいです。今はスチュワーデスなんて言わないですね。
それだけでも時代を感じてしまいます(笑)
昔のドラマもそれなりに味があっていいですよね。最近再放送で「GTO」(反町と松嶋)を見て面白いなと思いました。 
ガラケーからスマホに変えて一ヶ月。便利さはありますが、やはりガラケーで十分だと感じます。
ポケモンGOは私はやりませんが、すごいブームですよね・・・。歩きスマホしてくださいというゲームにしか思えませんが
6. Posted by オスカー   2016年07月31日 07:43
§ゆちあ様
「GTO」は漫画を読んでいました! 「スクール・ウォーズ」もDVDBOXが発売中ですね。 歩きスマホ、私も後ろからぶつかられそうになりました。無言で近づかれる恐怖、デューク東郷(ゴルゴ13)ではないけれど「俺の後ろに立つな」と言いたくなりますわ。 あ、ゴルゴというのは新約聖書の“ゴルゴダの丘”からつけられたそうです…知らなかった!
7. Posted by なう60   2016年07月31日 08:20
おはようございます。
視野を広げてくれるオスカ-さんのブログ、時代の先頭を走っています。「ポケモンGO!がナニさ(ーー;)」の生き様に納得です。
8. Posted by オスカー   2016年07月31日 09:24
§なう60様
>「ポケモンGO!がナニさ(ーー;)」
紋次郎のようにカッコよく「あっしには、かかわりのねぇ話でやんす」と言い切れないおばちゃんです……そしてハマったらきっとブログは放置になるので、ブームが去るのを待ちます(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ