2016年08月15日

乗雲便りNo.15:オスカーさんは○○のような人だ…!

『立ち止まり犬と平和の風を嗅ぐ』(前寺滋子)


この前の発売中の『ビッグコミックオリジナル』の表紙(松村誠さんのイラスト)に「平和の俳句」が載っています。戦時中は真偽のほどはわかりませんが、飼い犬も差し出すように強制されたとか……。空の青さ、風のさわやかさ、飼い主との散歩をするおだやかな毎日を楽しんでいるワンちゃんたちをながめているこちらもホッコリした気持ちになります。 この句も含め、昨年1年間の作品は『金子兜太といとうせいこうが選んだ「平和の俳句」』(小学館)で読むことが出来ます。



前は夜7時でも明るいな~と思っていましたが、やはり日が短くなってきていますね。コンビニには来月から販売される、おでんの予約チラシが……(^。^;) おでんの具はちくわが大好きですが、大根も好きだぁ~!!


大根は漢字で書くと「大きな根」……根菜類の中でとにかく土の中にある根の部分が大きくなるという事でこの名前がついていますが、平安時代などは大きい根とかいて「おおね」と呼んでいたようです。大根は「古事記」や「日本書紀」にも登場しているそうで、もともと日本には自生していた植物なんですね。


平安時代や鎌倉時代の文献には女性を表す言葉として「君は大根のようだ」とか「君は大根のようだ」とという表現が出てくるらしい……。「野菊のようだ」なら嬉しいけれど、大根ですかぁ…(ー_ー;)となりますが、この当時の大根は今のようなドッシリしたものではなく、どちらかというとスラリとしていたので、形ではなく「色が白い」という褒め言葉として使っていたのでは?ということです。他に白いものはなかったのか?と考えなくもないですが、大根の白さが瑞々しくてよかったのかしらん? 私も昔は色白だった……はず……(¨;)


「千六本」ってありますが、大根を大雑把に千本以上細かくするという意味だと思っていましたが(あ、私だけ?)大根は中国語で「ローボー(蘿蔔)」といって、このローポーを糸のように、繊維のように細くするので「センローボー(繊蘿蔔)」。それが日本に入ってきて、解りやすい漢字が当てられて「千六本」となったそうです。


またカイワレダイコンは江戸時代から食べられていて、江戸幕府は「ちゃんと育てれば大根になるのに、その前に食べてしまうのは贅沢だ!」と禁止令を何度も出しているそうな~これにはちょっと笑いました(≧∇≦) 江戸城のどこかに大根畑とかあったのかしら?




日に日に足がむくんで立派なダイコンに育っているワタクシ……うまい使い道もないので、とりあえず歩いて買い物に行こうっと(O.O;)(oo;) 皆さまもお身体に気をつけて下さいませ。






rohengram799 at 13:05コメント(14) 

コメント一覧

1. Posted by ミューちゃん   2016年08月15日 16:57
5 オスカーさん、こんにちは
「平和の俳句」は中日新聞でも毎日読めるのですが、読み手が戦争を経験した高齢者から年齢が1ケタの子供まで幅広い年齢層から送られてくるみたいですね。オリンピックやSMAPの事で、あまり報じられませんが、今日は終戦記念日です。若者に「8月15日は何の日でしょう?」て聞いても「分からない」て答える人も多くなって来てるらしいです。今日と云う日を僕は重く感じ、そして生きてます。
2. Posted by オスカー   2016年08月15日 17:18
§ミューちゃん様
「平和の俳句」関東では東京新聞で掲載されているようです。なにかの記事に70歳の人も今日がなんの日か知らなかったって書いてありました。終戦、敗戦、玉音放送のあった日…どんな表現でもいいので知っていてほしいですね。
3. Posted by のざわ   2016年08月15日 20:42
オスカーさん、こんばんは。
夏になると、戦争のことで気持ちがつい沈みがちな私です。でもオスカーさんのブログで、金子兜太さんといとうせいこうさんの選んだ俳句を読ませていただきました。小さな小さな存在ですが、平和がずっと続くことを願っています。
4. Posted by オスカー   2016年08月15日 22:31
§のざわ様
朝日新聞で読者の食の思い出をつづる「記憶の食」という特集を組んでいて、戦時中の記事もあるようです。この中で漫画化されたものがありましたが、衣食住の心配がないって有り難いと思いました。
5. Posted by ナンチャッテ   2016年08月16日 00:27
立ち仕事お疲れ様です

大根でも、青味大根やひのな大根のようにスラッと細い大根もございますからね
まぁ、守口大根のようになっていたら化け物でしょうけど
(´0ノ`*)オホホホホ 漬け物でしか見たことございませんが

まぁ、本文にございますように
今の食卓に並ぶ青首大根は昭和以降ですもんね
春の七草の1つの大根こと『すずしろ』 これも、今の青首大根とは違ったんでしょうなぁ

今年は終戦の話をテレビでほとんど耳にしませんでした
リオ五輪一色ですね(SMAPが割り込んできましたがw)
お盆の行事に高校野球も相まって、なんだかとっても多忙でほとんど寝ていないオイラでした
6. Posted by のり   2016年08月16日 04:00
オスカーさん
日本では、8月15日が”戦争”と”平和”を考える日に
なってほしいですね!
こちらは、5月の最後の月曜日を”メモリアル・デー”
(戦没将兵追悼記念日)としていますが、すっかりと
連休日を楽しんでいます(苦笑)古くは、南北戦争、
独立戦争?スペイン戦争などの戦没者を慰霊
しています!
息子が18才になった時、兵役の為に3ヶ月の訓練を
することを誓約さされました。
あの頃は、イラク戦争の頃でしたから、もし?徴兵に
なったら?と心配をしました。
小学校から授業の前に”国家に誓う”言葉を胸に
手をあてて唱えます!スポーツが始まる前は、
必ず胸に手をあてて国歌斉唱をします!
アメリカでは、戦争と平和が身近にある国なのです!
のり
7. Posted by 猫ムスメ   2016年08月16日 07:01
飼い犬も差し出しさせされたのは本当らしいですよ。タイトルは忘れましたが子供の頃、児童向け文庫で、小学生の兄弟が飼い犬を差し出したくなくて隠して飼う…みたいな本を読みました。結局は見つかって殺されてしまうんですがね。動物好きの私としては大いに涙したものです😢

「象のいない動物園」も子供の頃アニメ映画で観ましたが、号泣でしたね。今もこの時期になると思い出します。
8. Posted by なう60   2016年08月16日 08:08
おはようございます。
8月15日は、「終戦日」でなくて「敗戦日」の歴史を確りと教えないと「ただ戦争は、嫌だ、してはいけない。」た゜けて゜は、日本のために戦った
英霊に、申し訳ないと思います。
9. Posted by オスカー   2016年08月16日 09:32
§ナンチャッテ様
タイミングが悪いと休憩時間も椅子に座ることなく……になるのでキツいですわ。オリンピック中継、選手の足首をうらやましくながめていますが、たまにパジャマみたいなユニフォームが出てくるので笑えます!
10. Posted by オスカー   2016年08月16日 09:42
§のり様
自分が物心ついてからアメリカはいつも戦争しているイメージがあります。迷彩服も今はデジタル迷彩になっていますし…。靖国神社を訪れる外国の方々が増えているそうです。過去を学び未来に繋げる、そんな毎日であってほしいです。
11. Posted by オスカー   2016年08月16日 09:45
§猫ムスメ様
『象の餌のゆたかに積まれ敗戦忌』(白岩てい子)
動物たちにも受難の時期でしたね。ゾウの話はよく知られていますが、ヘビとかも悲惨な最期で、これは子ども時代に耳にしなくてよかったと思いました。
12. Posted by オスカー   2016年08月16日 10:11
§なう60様
オリンピック中継の間に式典の様子が流れ、またオリンピック……今年はなんだかいろんな事が重なり過ぎた夏という気がします。敗戦忌という季語しか使わない俳人もいるそうです。
13. Posted by 見張り員   2016年08月17日 07:51
おはようございます
大根は寒い時も暑い時もおいしいですよね~、私は大根を千六本にして明太子をほぐしたのであえるのが好きです。

私は…大根のようにすらっとしてなくってまるでごろっとしたサツマイモだなあと自分を見て思いましたwww!みずみずしくない(◎_◎;)!
14. Posted by オスカー   2016年08月17日 08:30
§見張り員さま
サツマイモは大好きです! なんとなくサツマイモってダイコンより女性っぽいイメージがある気がします。ほっこりした持ち味、誰もが大好き~見張り員さまも同じ慈味あふれています(´∇`)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード