2016年09月24日

秋雲便りNo.21:平和の「ぞう」

このところバタバタしついて新聞のテレビ欄さえ見ない日が続いていたのですが、9月21日は国際連合が制定した記念日(国際デー)のひとつ「国際平和デー」だったのですね。1981年にコスタリカの発案により国連総会によって制定されたそうです。なぜコスタリカからかはわかりません。(コスタリカは1949年に憲法で軍隊を放棄することを決めたのでコレに関係ある?)


当初は国連総会の通常会期の開催日である9月第3火曜日でしたが、2002年からは9月21日に固定されました。平和を呼びかける日で、国連ではこの日1日は敵対行為を停止するよう働きかけているそうです。ニュースでやっていたでしょうか? 呼びかけなくてもおだやかな日常があるのが当たり前の世界であって欲しいのですが……。


Facebookではリアクションボタンのハートマーク「超いいね」(こんなのがあるんですか!Facebookとは無縁なワタクシです)を押すと、たくさんのハートが飛び散るアニメーションが表示されて評判になっていたそうです。


先月までは、原爆忌や終戦の日など戦争に関連した記事をたくさん目にしていました。オリンピックやパラリンピックなどがあり、今は豊洲問題がメインになっていて、どこか平和に関する話題は8月だけみたいになっているような……私もそうなんですが、いつでも考えなくてはいけないことですね。


『英霊いつまで直立不動炎天下』という句があるのですが、これを読んでいろんな兵隊さんや軍人銅像について考えてしまいました。慰霊のために、彼らを忘れないために建てられたものでも、風雨にさらされる外にあるというのは……たくさんの人に知ってもらえる(見てもらえる、気にしてもらえる)けれど、今でも現世に留まり、戦っているという捉え方もあるんだと……こんなのは「ちっぽけな感傷」なんでしょうけど、せつなくなりました。



「ぞう」つながりというワケではありませんが、川崎洋さんの『象』という詩を思い出しました。“象が識らないことがらの総量と私が識らないことがらの総量とでは私の分がずっしり重い”……自分がもの知らずだと思う度にこのフレーズが浮かんできます。



『象』 川崎洋


気の合う
象 と
めぐりあいたい

象が眠っている間に
象の牙に
小鳥の絵をかきたい

象が識らないことがらの総量と
私が識らないことがらの総量とでは
私の分が
ずっしり 重い

象の前に
象の目方分の
花束を積み上げたい

象の背中に
誰も乗せないように
したい
仏陀にも
触らせないようにしたい


その具象としての
ミステリアスと
私は
生命連鎖の
どんな環に位置して
繋がっているのか





rohengram799 at 18:12│Comments(6)わたしにできること 

この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2016年09月25日 16:45
5 オスカーさん、こんにちは
僕はオリンピック、豊洲問題が取り上げられるって云うのは逆に言うと、平和の象徴なのかなって思うんです。戦争になりそうだったら、こんな事ニュースで取り上げないですからね。僕がニュース番組を観てて思うのが明るい話題をスポーツ以外でも取り上げて欲しいなって思う事ですね。何らかの偉業を達成したとか人助けをしたとか、どんな事でも良いんですよ。じゃないと観てる方は疲れますからね
2. Posted by のざわ   2016年09月25日 20:23
オスカーさん、こんばんは。9月21日が国際平和デーってニュースで聞くまでは知りませんでした。10月21日は国際反戦デーだったでしょうか?息子の予定日だったので、うっすら記憶にあります。最近ではネットとかで検索するといろいろなことが分かり、知識が豊富な錯覚をしてしまうのですが、それでも自分で知っていることはほんのわずかなのでしょうね。象と人間を比較して、表現しているところがおもしろいなと思いました。
3. Posted by 見張り員   2016年09月25日 22:25
オスカーさんこんばんは
「象」の詩、いいですね。象というものを秤のごとく詠ったというその観点に括目します。
私も物を知らない人間です。
象よりずっしりと重いのでしょう、しらない物事の総量。

「英霊~」の句。切なさがこみ上げます。彼らは生きているときもそして死して護国の英霊として銅像になっても直立不動がまるで義務のごとく立っている。
彼らはきっとそうして未来永劫立っているのだろうと思うとー言葉が見つかりません。
4. Posted by オスカー   2016年09月26日 08:04
§ミューちゃん様
「平和」の定義も難しいですが、ポケモンGO!のお台場周辺の騒ぎを見ていると「平和ボケ」なんてもんじゃないなぁと思います。VRゲームも発売になるみたいですが、ますます現実感がなくなりそうで怖いです。
5. Posted by オスカー   2016年09月26日 08:12
§のざわ様
「国連デー」で検索するとあれもこれもと色々出てきて正直ビックリしました。いろんなものがありすぎて、本来の目的から外れて単なるイベントになってしまわないか気になります。考えるきっかけになるのはよいのですが「前も何かやってたよね」になりそう…! 川崎洋さんは読売新聞の「こどもの詩」選者をされていましたが、彼の選んだ詩は私好みのものがたくさんありました。
6. Posted by オスカー   2016年09月26日 08:20
§見張り員さま
俳句を載せていたサイトでは、作者の夢に出てきた戦友の姿みたいな解釈がされていましたが、せつなく苦しくなる俳句であるのは間違いないですね。象の前に、たくさん積み上げられた花束……これを想像する時には、ハナコのお別れの会の様子を思い出します。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ