今日は久しぶりに晴れましたが、午後はだんだんと曇り空に……また台風が発生したようですし……仕事面でもバタバタして、9月は本当に落ち着かない月になってしまいました。


新聞に「米国で3人の遺伝子を受け継ぐ赤ちゃんが生まれたという」記事を読みました。「父親と、卵子の小器官ミトコンドリアに遺伝性の病気を持つ母親と、そして別の女性である。母親から卵子の正常な“核”を取り出し、正常なミトコンドリアを持つ女性の卵子に移植したうえで、母親の子宮に戻した」そうです。生まれたのは男の子。この子は一生研究の対象になるんだろうなぁ……と思うと、なんともいえない気持ちになります。出来るだけ平穏に平凡に、生まれてきてよかったと思える人生を歩んでほしいです。『デザイナーベイビー』の世界が現実に身近にあるんだと実感しましたわ。



全然関係ないのですが「○○瑚芽」さんという名前を見ました。最初三文字が名字で「芽(めぐみ)」と読ませるのかと思いましたが、○○二文字がよくある名字だったので、たぶん瑚芽が名前だと思うんです……わかる方がいたらぜひ教えていただきたいです! 



今月もお付き合いいただき、ありがとうございました。毎日更新ってやっぱり難しい~! 前の記事のお返事も遅れます。ごめんなさい! 来月のスタートは少しゆっくりになるかも……こんな調子ではありますが、またどうぞよろしくお願いします♪(o・ω・)ノ))



《9月の本棚:計13冊》
「夏休みの拡大図」(小島達矢)「還暦猫 ご隠居さん(五)」(野口卓)「臣女」(吉村萬壱)「見えざる網」(伊兼源太郎)「風景」(瀬戸内寂聴)「余命一年のスタリオン(上)」(石田衣良)「余命1年のスタリオン(下)」(石田衣良)「露の玉垣」(乙川優三郎)「神様の御用人6」(浅葉なつ)「いつもが消えた日 お蔦さんの神楽坂日記」(西條奈加)「ルカの方舟」(伊与原新)「デザイナーベイビー」(岡井崇)「どうしてこんなところに」(桜井鈴茂)


今年読んだ本は110冊になりました! 年内に150冊は……難しいかなぁ(◎-◎;)