2016年10月08日

徳雲便りNo.5:秋刀魚

おはようございます。起きたら阿蘇山噴火のニュースが……降灰がすごいですね。はやくおさまりますように。いろんな被害が広がりませんように。



『首飾りしたままの妻秋刀魚焼く』(久保田至誠)や→→→『火だるまの秋刀魚を妻が食はせけり』(秋元不死男)→→→『食べ方のきれいな男焼秋刀魚』(二瓶洋子)……秋刀魚の俳句を並べてもドラマが出来るじゃないか!と最近はアホな遊びに熱中しているワタシです(笑)


奥さんはなぜ首飾りしたまま秋刀魚を焼いているのか? 外出して思ったより帰りが遅くなってしまい、焦っているのか、ダンナが早く早くと秋刀魚を催促しているのか? 他の支度もしていて秋刀魚を焦がしてしまったのか……でも満足げに綺麗に食べてくれるならいいダンナさんだ( 〃▽〃)と勝手にドラマを作っています。秋刀魚ってナゼか昭和のイメージがする魚です。家の外で七輪で煙モクモクで焼いている風景がうかんでくるからかしらん? 



秋刀魚は秋の文字が入っていますが、江戸時代には「魚中の下品(げぼん)」と言われ、季題にもされなかったとか……。魚も時代により価値が変わるのですね。



三連休の方もいらっしゃるでしょう。天気がイマイチで残念でありますが、心はいつも日本晴れ!でお過ごし下さいませ。





rohengram799 at 08:20コメント(8) 

コメント一覧

1. Posted by なう60   2016年10月08日 08:56
おはようございます。
HPそしてブログの記録は、残しておくといいですね。噴火で思い出してHPを見てみました。
昭和52年8月4日、到着の夜8時頃、買い物帰りの途中、何か白いものが降ってきた。「北海道はすごい真夏に雪が降る!」と本当にそう思った。その内、ワイパ-を最大にしても段々見えなくなり路肩に停止してその雪?なるものを拭くと何と灰みたいなものであった。通行車は、全て停止して、その灰みたいなものが降り止むのを待つことに、10分程度降り続き、ようやく止んで無事帰ることが出来た。
北海道って変なものが降る位の認識で、到着したばかり、テレビもなく、旅の疲れで寝てしまった。明くる朝、起きてびっくり、車が真っ白、近づいて見ると何と灰である。何と有珠山の爆発がお出迎えの花火!初めて北海道に到着した懐かしい思い出である。
2. Posted by 猫ムスメ   2016年10月08日 12:14
昨日、ランチに魚の選べる居酒屋へ入ったんですが…

ウェイトレスと板さんが「明石家?」「明石家!」と私の注文を伝達し合ってました。

ちなみに私が頼んだのはサンマ定食です(^w^)
3. Posted by ミューちゃん   2016年10月08日 16:30
5 オスカーさん、こんにちは
秋刀魚はねぇ…。申し訳ないですけど、あまり魅力を感じないんですよね…て云うのも僕の両親は漁師もやっていたから、魚の食べ方にも人一倍うるさかったんですよ残そうとするとメチャクチャ怒られましたからね魚を食べて美味いと思う人は多分、普段あまり魚を食べてない人だと思います(笑)少なくてもウチでは3日に1回は晩御飯で何かしらの魚料理が出てましたからね…
4. Posted by 見張り員   2016年10月08日 23:21
こんばんは
秋刀魚。歌にもなれば絵にもなりますね。しかし昔はひどい扱いの魚って結構いますね(◎_◎;)。
それが今や高級魚ですから当時の人が利いたら腰を抜かすかもしれませんねw。
いやあ、面白いものです。
5. Posted by オスカー   2016年10月09日 01:27
§なう60様
噴火と聞くと富士山は大丈夫なのかと思ってしまいます。阿蘇山の噴煙は四国にも届いているようですね。田舎にいた頃、本当か嘘かわかりませんが有珠山の溶岩だと言って小さい石のかけらを持ってきたお客さんがいました。今どこにあるのかわかりません(^o^;)
6. Posted by オスカー   2016年10月09日 01:29
§猫ムスメ様
またなんともベタな符丁ですが、わかりやすいと言えばわかりやすくていいのかも! さんまサンご自身は秋刀魚は好きなのかしら? 共食いになる気がしてイヤなのか?(笑)
7. Posted by オスカー   2016年10月09日 01:32
§ミューちゃん様
ウチは魚屋だったので、焼き魚より刺身が多かったかな~? 秋刀魚は真ん中あたりの美味しいところだけホジホジして食べる、行儀の悪い子どもでした……そしてそんなに魚は好きじゃないです(¨;)
8. Posted by オスカー   2016年10月09日 01:36
§見張り員さま
クジラとかも今は高級品ですよね。時代により食材の価値観ってかなりかわりますね。あと佐藤春夫の『秋刀魚の歌』を全編読んで、こんな侘しさのある詩だったのか!と驚きました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード