2016年10月22日

徳雲便りNo.15:三時のおやつは『かりんとう(侍)』にしましょう

真夏のような日があったかと思えば、一気に冬になる!?みたいな気温の変化に身体がなれないですね。お風呂でゆっくりしたい……!


ウチはNORITZの給湯器に変えたんですが「お風呂がわきました」の時に流れるメロディ、あれは『人形の夢と目覚め』という、19世紀ドイツのピアノ教師テオドール・エステン(セオドア・オースティン Theodore Oesten/1813-1870)が作ったピアノ曲の一部なんだとか。。楽譜の音符が読めて両手が使えるようになったぐらいのレベルで習得可能だそう。ピアノを習っている人はすぐわかったんだろうなぁ~。私はずっと専用に短いフレーズを作ったんだと思っていました。他のメーカーさんはどんなメロディなんでしょう?



ピーナッツを放り投げて食べるように、かりんとう(には見えないかも)を投げて食べようとするお侍さんが描かれた、全体的に水色のさわやかな表紙が気にいって買った『かりんとう侍』(双葉文庫)。うろこ雲便りNo.22:多少の違いはあっても…(^-^)にも書いた『しのぶ梅 着物始末暦』の作者・中島要さんです。『しのぶ梅』シリーズもかなり出ていますが、読んでないなぁ(; ̄ー ̄A



黒船が来航し、時代が大きく変わろうとしている幕末のお江戸で、日々かりんとうを食べることだけが楽しみのような、旗本の次男坊・雄征。子どもがいない兄の家督を継ぐことになるだろうし、粋な柳橋の人気芸者にナゼか惚れられているし、もうずーっとこのまま甘~い毎日が続くと思っている、真面目といえば真面目なんだけど、人の気持ちに疎い、空気が読めないおぼっちゃんなノンキ者であります。


友人のひとりが切腹騒動を起こし、今度は失敗しないから介錯をしてくれと頼まれ、さぁどうする!?………イヤだ、表紙はあんなに、ほよよん(*´∀`)♪とした雰囲気なのに、どシリアスなのか?と焦ってしまいましたが、そんなことはありませんでしたわ。友人は離縁させられた元・嫁と逃避行~!


女心が理解出来ない彼ですが、意気投合した駆け出しの戯作者・鈍亭魯文と淀橋水車小屋跡の幽霊騒ぎなどに関わって、ちょっとずつ世間のことを知り、なかなか刺激的な日々を過ごします。その間もかりんとうは欠かさない! 子どもがいつでも変えるように値上げはしない頑固おやじ。このおやじとの関わりが後半に活きてきますが、それは読んでのお楽しみで(笑)


やがて義姉が懐妊し、跡取りの夢は破れ、婿養子の話が持ち上がると友人だと思っていた人物から「なんでお前なんかが…」と見下されていたことがわかり……色々あって己の未熟さに凹んでいるところに安政三年の大地震が起きます!


今までボンヤリだった彼は、地震前後の記録に没頭します。「虚実ないまぜの噂の中から、己が聞いたこと、見たことをそのまま書き記すのは、この災厄を知らない後の子孫が枕を高くして眠れるようにするためだ。」「この先、江戸が火事や風水害に見舞われたとしても、広く世間に出回った『安政見聞誌』は必ずや後世に伝わるはずだ。序文の言葉通り、後の子孫が身を守る一助となるに違いない。」………熊本・大分の地震から半年過ぎたと思ったら、鳥取での地震。驚きました。自然災害はいつどんな形でどこに起こるか、完全に予測・予知することは出来ませんが、過去の記録から学べることはたくさんあるはず。また人それぞれにお見舞いの気持ちを表す、出来ることがあると思うので、それを考えて行動していきたいと思います。



義姉の妊娠の時に「ずっと子どもが出来なかったのに、おかしくない? 弟が父親じゃないの?」という心無い噂を流したのが、同じ立場で慰め励ましてきた友人だったとか……今もこういう妬みやひがみからの無責任な噂話をする人っていますよね。そんなことをしてもなにもならないのに。



《男はすべて女より生まれた子供のなれの果てでしょう。ならば女子供を大事にすべきではありませんか》


雄征がこう話す場面があるのですが、登場する女性はみんなそれぞれたくましいかな~と思いました。魯文のおかみさんも亭主のことをよくわかっているし、雄征の尻を叩く鶴次も男前だ(笑)。


池波正太郎センセーの『おせん』もいろんな立場、年代、容姿の女性が出てきました(13作品収められています)。したたかだったり、ズルかったり、強かったり(心身ともに!)けなげだったり、欲深だったり……でもなんか憎めなくて、それぞれの人生を応援し見守りたいというか……。もっと時間がかかるかなと思っていましたが、あっという間に読み終わってしまいました。


表題作の「おせん」「三河屋お長」「あいびき」「平松屋おみつ」など特にお気に入り……いやいや他のも捨てがたいわ、やっぱり全部オススメ、素晴らしいです(≧∇≦)





rohengram799 at 14:44│Comments(6)空のお城図書館 

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2016年10月22日 16:26
かりんとう、うちの父の大好物です。あまりお菓子とか甘いものは積極的に食べないのですが、かりんとうだけは別なので、東京のデパートとかでおいしそうなやつを見かけると買っておきます(帰省の時に持ってく)。私は特に好きでも嫌いでもないんですが、歳とともに好みも似てゆくでしょうか・・・

ところで私は昨日、吉村昭さんの『羆』を読み終わりました。動物小説っていうんですかね。どの作品も短いのに濃厚で読みごたえがありました。動物に憑りつかれた人って何か共通するものがあるおかもしれませんね
2. Posted by ミューちゃん   2016年10月22日 16:56
5 オスカーさん、こんにちは
男と女の気持ちって、お互い分からないのが当たり前のような気がしますが、それでも「女心が分かってない」て云う女の人は僕は引きます(笑)何かの本で読んだのですが、女性から悩みを打ち明けられた時、男性は必死になって答えを探すのですが、女性は、その答え云々よりも自分の為に時間を割いて考えてくれてる事に対して喜びを感じてるみたいですね。最近は女性同士で遊ぶのを「デート」て言ったり、お互い恋人でもないのにキスをする写真をわざわざブログにアップする人が多いみたいですが、違和感あるのは僕だけでしょうか…?
3. Posted by のざわ   2016年10月23日 07:00
オスカーさん、おはようございます。知らなかったことをオスカーさんのブログでいろいろ知ることが出来て楽しいです。有名な小説しかほとんど読んだこともない私ですが、それ以外でもたくさん面白い作品はあると感じました。私は語学に興味があって、デンマーク語の小説を読んでいる日々です。英語、日本語、デンマーク語だけでも頭に負担(?)とも思いますが、もっと多言語を読める方も存じあげています。オスカーさんの頭の中はいろいろなものがいっぱい入っていそうです。つくづく人間の頭の無限とも思える記憶力や整理力に感心します。元気なうちに頭も体も限度まで(?)使えたらいいなあと思う日々です。
4. Posted by オスカー   2016年10月23日 10:36
§猫ムスメ様
かりんとうって郷愁を誘うお菓子ですよね。今度からかりんとうを見かけたら猫ムスメ様父娘を思い出すことでしょう。おみやげにかりんとう…私の中でなにか物語がうまれる予感(笑)
『羆』いいですよね! 『羆嵐』を買ってありますが、まだ読んでいません。今はクマも学習して音のする方には人間がいるとわかって襲いにいくとか……怖い!
5. Posted by オスカー   2016年10月23日 10:40
§ミューちゃん
確かに「ただ聞いてほしいの」と言いながら、本音はどうあれ「うん、そうだね」と同調してほしいところはあるかも……まぁこれは誰でもそうかな。語らせながら、自分で解決策を見つけてもらうのはカウンセリングにも通じるものがありそうですが、なかなか難しいですね~! 私など自問自答の繰り返しです( ̄▽ ̄;)
6. Posted by オスカー   2016年10月23日 10:49
§のざわ様
その作者が書いたものをそのまま読む…これは憧れです! 生活習慣など理解していないと('_'?)という場面も多いのでしょうが、言語のニュアンスを自分なりに読みとってみたい、とか思います。それをやっている、のざわ様はスゴいです!
世の中にはこんなに本があふれているのだから、いろんな作家の本を読みたいと思い、出来るだけ初めての作家作品を選んでいますが、お気に入りの作家さんのはやっぱり目がいって買ってしまいます(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ