2017年01月30日

夢雲便りNo.22:鰥・・・( ・◇・)?

俳優の向井理さんが映画の企画に初挑戦したという記事を読みました。6月末公開の「いつまた、君と~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~」(深川栄洋監督)で、原作は3年前に亡くなった祖母、芦村朋子さん(享年97)の手記だとか。祖父の吾郎さんは享年47歳。向井さんが7年前から映画化を熱望していたそうです。



河治和香さんの『未亡人読本 いつか来る日のために』という本があるのですが(タイトルはヘビーですが、表紙は可愛い)、和香さんのダンナ様がガンに倒れ、看取り・・・悲しみに浸る暇もなく、40代で未亡人になってしまいます。そして数々の雑務に追われることに。死去から葬儀までの段取り。銀行や役所での手続き、子どもがいないのでお墓選びもあれこれ考え、厄介な相続問題に、つらい遺品整理。忙しい日々が過ぎると、今度は「孤独」という試練が・・・。私も両親を亡くした後にいろいろあったので、そのことをあらためて考えてみたくて買って読んでみました。


和香さんの本は1冊読んでいましたが、全く記憶にないのですが、書き物をしている方なので、読みやすくイラストもなごませてもらいました。少し変更もあるのでしょうが、提出書類などの一覧表もあって何も知らない人にも役立つのではないかと。また心情もうんうん、そうだよね・・・と共感出来ることもあって、時には自分もこうしたかったな、という後悔などもありましたが、当時の自分の気持ちを整理出来てよかったのかも。


この本には「未亡人百科」という項目もあり、未亡人の歴史についても書かれています。未亡人とは文字通り未だ亡くならない人、この言葉は江戸時代には出てきません。明治以降の言葉だそうです。「やもめ」は平安時代から使われていた言葉だそうで、一番古い表現のようです。

『男のヤモメを〈鰥夫(やもお)〉、女のヤモメを〈寡婦(やもめ)〉と呼んだ、とある。
当時のヤモメは、配偶者・家族・新関のいないひとり者で、普通の住民としての義務も果たすことのできない貧困者というニュアンスを含んでいたらしい。
今も役所で配偶者を失った男女(寡夫・寡婦)に使われる〈寡(やもめ)〉という言葉は、その成立からして、世間並の男女カップルからは外れた人、ということからはじまっているのである。』(P231)


江戸時代に盛んに使われる「後家」という言葉は国産で(未亡人は中国の『左傳』から)女性のみに使われます。男の後家さんとかたしかに聞いたことはないですね。



『本格的に未亡人という言葉が出てくるのは、日清日露専属の頃からである。
近代国家になった日本は、この戦争によって約十万人という戦死者を出した。戊辰戦争や西南戦争とは、桁違いの死者の数である。
働き盛りの男たちの大量死は、同時に、世の好色の代名詞となっている〈後家さん〉を大量発生させる結果になってしまった。
このことに、国家主義の人々は、国に残してきた妻が〈後家さん〉となって、男たちの好奇の視線に晒されるのかと思うと、心配で戦意も萎えるのではないか……!
というわけで、ここに国家についてよって大量に生み出された〈後家さん〉たちのために、〈未亡人〉という尊称が使われはじめたらしいのである。』(P232)


「尊称」には棒点がついています。また『当時の記録を見ると、戦没者の妻は〈未亡人〉であるのに対して、夫が病死した魚屋のおかみさんは、昔ながらの〈後家〉であるところから、当時は使い分けらしいのであるれていたものとみえる。』とありました。


「未亡人」という言葉ひとつにしても、いろんな時代背景があることに、驚きというか、なんというか、スゴいなぁ・・・と思ったワタクシなのでした。お墓の話も興味深いものでしたが、こちらはまた別の機会にしたいと思います。



向井さんのおばあ様もダンナ様と別れて50年(同い年だとして)いろんなご苦労があったでしょうし、ダンナ様も心残りがたくさんあっただろうなぁと思いますが、おふたりがいたからこその向井理さん、命のつながりについて、またいろいろ考えるきっかけになりますね。



今日はあたたかいですが、夜には冷え込むとか・・・皆さまもお身体に気をつけて下さいませ。




rohengram799 at 11:38コメント(10)トラックバック(0) | お墓・葬儀・終活・メメントモリ | 空のお城図書館 

トラックバックURL

コメント一欄

1. Posted by 猫ムスメ   2017年01月30日 13:43
なるほど〜。
「未亡人」が広まった理由に膝を打ちました。確かに中身はおなじなのに、「後家」だとエロっぽくなっちゃいますもんね….💧

ちなみに私が知っている某・芸人さんは、「後家殺し」の異名を持っています(^_^;)(^_^;)(^_^;)
2. Posted by ミューちゃん   2017年01月30日 17:00
5 オスカーさん、こんにちは
「未亡人」て云う言葉は比較的、新しい言葉なんですね。そう言えば日常生活では、あまり使わない言葉ですもんね…僕が聞いた話は戦時中に不倫をしてしまったら姦通罪と云う罪になってたみたいです。これ今に置き換えたら大変ですよね…
3. Posted by KIRARI   2017年01月30日 18:54
オスカーさん、こんばんは!
昨日はお祝いのコメントをいただき、
本当にありがとうございました♪ (*^_^*)

向井理さん、個人的に大好きな方ですが、
もう映画の企画に挑戦されるなんて
本当に凄いですね!!
昔の大変な時代に早くして連れ合いに
先立たれた方は、本当にご苦労されて
いるんでしょうね。
どんな映画になるのか、何だかとても
気になります♪ (#^.^#)
4. Posted by MEL   2017年01月31日 01:29
ご無沙汰しています

個人的には体調を崩しました…
寒暖の差とかも影響あったかしら…?

向井理氏は演者としては
かなりハイレベルだと思うので
違う立場での活躍も期待したい所です…
5. Posted by オスカー   2017年01月31日 08:26
猫ムスメ様
後家さんという言葉も死語に成りつつあるような・・・。再婚の方も増えている昨今、これはこれでまた相続問題も大変そうです。『異世界落語』に「芝浜」が出てきて、やっぱりいい噺だなぁって思いました‼
6. Posted by オスカー   2017年01月31日 08:31
ミューちゃん様
江戸時代も心中の生き残りには厳しかったですが、女性の方がひどい扱いになっていて、そういうのはずっと続いていたんだろうなと思います。漫画に「男の浮気は価値があがるが、女の浮気は価値を下げるだけだ」とスゴいセリフがあったのを思い出しました😨
7. Posted by オスカー   2017年01月31日 08:35
KIRARIさま
映画タイトルからして、大陸で生活していたのかなと想像しています。向井理さん、実はどんな方かよくわかっていません💦 似たような雰囲気の役者さんが多いような気がして・・・映画には興味があるので、観たいですね~!
8. Posted by オスカー   2017年01月31日 08:39
MELさま
こちらこそご無沙汰しています。昨日は暑いくらいでしたが、今日はまた冬にもどりましたね。お大事にして下さい。役者さんはやはりマルチな才能があるんでしょうか、うらやましいです。
9. Posted by なう60   2017年01月31日 08:47
おはようございます。
同級生が色々アドバイスしてくれますがその内の1件「男ヤモメは、見てられん。男は、先に逝くべし。」近所に10年以上の男ヤモメ」本当に同級生の言うとおりです。もう一つ「奥さんに優しくしたらアカン、亡くなって「せいせい」したと思われるのが一番の奥さん孝行。しかしながら女一人で生きていくのも大変、同級生の女性曰く「旦那がいない家に帰ってくると「シ-ン」として本当に寂しいよ。」納得です。
10. Posted by オスカー   2017年01月31日 09:33
なう60様
ひとりになってラクよ~!なんて言うのはやはり寂しさの裏返しではないかと思います。ヤモメ、という言葉の音にはちょっと愛嬌がありますね。今は案外、なんでも出来るダンナ様が多いのかも・・・独身も多いですし、生活能力が高い人はたくましく生きていけそうです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ