2017年05月09日

起雲便りNo.8:お腹いっぱい

おはようございます(o´Д`o)ノ゙


GW中にはいつも読んでいる漫画雑誌が発売にならないので、つまらなかったので、ヘンな本を買ってしまう・・・『葬儀屋と納棺師と特殊清掃員が語る不謹慎な話 』! コミックエッセイですね。内容はタイトルそのまんまです。本の中から気になったものを・・・まずはWikipediaにも載っていた葬儀にまつわる風習『耳塞ぎ餅』です!
 

友人や親戚など自分と同年齢の死者が出た場合にのみ行われ、葬式の夜は配偶者と一緒に餅を取って両耳を塞ぎ死者に呼ばれないように(正確には招く声が聞こえないように)するというもの。間違って葬儀の連絡があったら、餅を2個食べる(右耳と左耳)と言っていた人がいるとかいないとか、どこか違うところで読んだ記憶が・・・(;´Д`)




もうひとつは高齢者の葬儀のお話。 あるおじいさんは亡くなる前には水も飲めなくなり、ガリガリにやせていたのに「ああ・・・お腹いっぱいだぁ~」と言って亡くなったそう。お通夜にはお子さんやお孫さんがたくさんいらして、小さい女の子がご遺体の近くに食べ物を持っていき「じいじーおなかいっぱいだねーぱいぱいねー」と言っていたそうです。


「きっと人生に満足してのその言葉だったのでしょう」のコメントに、ああ、自分もこうありたいなぁ、心いっぱい、優しい気持ちに満たされて、フワフワとリアル空のお城にたどり着きたいものです。



他にも特殊清掃員の話など、食事中はもちろん前後も避けた方が絶対にいい状態の絵面がたくさんでしたので、積極的にオススメはしませんが、お仕事されている方々は本当に大変だと思いました。


あと、孤独死のニュースってなくなってしまった方だけ放送されることが多いですが、ペットが寄り添って一緒に亡くなっていることもあるそうす・・・ρ(・・、)




rohengram799 at 06:12コメント(8)トラックバック(0)お墓・葬儀・終活・メメントモリ | 絵本・昔話・童話・法話 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by なう60   2017年05月09日 08:08
おはようございます。
「心いっぱい、優しい気持ちに満たされて、フワフワとリアル空のお城にたどり着きたいものです。」同感です。子供の頃、よく空を飛んでいる夢を見ましたが大人になって見たことがありません。
2. Posted by ミューちゃん   2017年05月09日 16:53
5 オスカーさん、こんにちは
一人暮らしの高齢者が先に亡くなって、飼っていたペットの里親探しが困難になるケースって結構、多いですよね孤独死って一見、誰にも迷惑かかりそうにないように見えるけど発見して、その後の処理が大変そうだから、僕は天寿を全うして死にたいですね(笑)
3. Posted by オスカー   2017年05月09日 18:17
なう60様
空を飛ぶ夢、弓女占いには必ず出てきますね。どういう状況によるかで、意味も違ってくるみたいで(当たり前ですが)中には布団が飛ぶ夢とかあって笑いました! 毎日、寝ても覚めても楽しい夢をみたいですね(^^)
4. Posted by オスカー   2017年05月09日 18:22
ミューちゃん様
今はペットの老人ホームみたいなものもあるようです。庭に犬小屋なんて時代ではなくなりましたね。ペットフードもたくさんありますし。この前誰があの味とか考えるんだろ?と調べたかったのに「猫食文化」「犬食文化」が目についてしまいました(´д`|||)
5. Posted by のざわ   2017年05月10日 07:44
昨朝は夫に起こされるまで、心地よい夢心地でした。布団を干してふかふかだったこともあって、その心地よいこと。死ぬってこういう気持ち良いことなのかな?と感じました。こわいと思っているけれど、そして病気は苦しいと思うけれど、死ぬ瞬間は最高に平安な心地になるのではないか?そう思えた朝でした。
6. Posted by 猫ムスメ   2017年05月10日 07:48
特殊清掃人…以前、本で読みました。ブログにも書いたと思います(著者の男性がガスマスクみたいなやつを付けた写真の表紙💧)

かなり凄惨ですよね。私は独身者ですので、いつかこのような死に方をするのだろうかという目で読んでしまいました>_<

ちなみにペットですが、この本では、犬の遺体処理を頼まれたという話も紹介されてました。飼主が大型犬をベランダに出したまま一家揃って旅行に行き(もちろんわざと)、犬は餓死。
飼い主がなかなか戻らないため近隣から苦情が来て大家が依頼…ということだったらしいです。これを読み、ワンちゃんが可哀想で可哀想でなりませんでした。そして無責任な飼い主一家は同じ思いをして死ねばいいのに、と思いました。
7. Posted by オスカー   2017年05月10日 09:21
のざわ様
よくあの世の話みたいな本が出ていますが、本当のところはわからないですからね。「今日は死ぬにはもってこいの日だ」って感じる時がくるのかしら?
8. Posted by オスカー   2017年05月10日 09:26
猫ムスメ様
餓死したワンちゃんの話、酷すぎますね。こういう人たちはペットを飼ってはいけないと思います。 「特殊清掃人」の記事、覚えています。危険な仕事ですよね。誰かがやらねば、の仕事のひとつですが、相当の覚悟がないと。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード