2017年07月01日

蘭月雲便りNo.1:くもゆき

7月になりました。むし暑いです~!


青空文庫で甲賀三郎の『蜘蛛』を読みました。 もちろん短編です(笑) 急に大学を辞めて、専門外の蜘蛛の研究を始めた辻川博士。しかし、不注意から毒蜘蛛に咬まれて死亡。辻川の研究室の始末を任された私(大学の助手)は、辻川の秘密の日記を発見。そこには、辻川の友人である潮見博士が、研究室の階段から転落死した事件の真相が……な話です。


完全犯罪、と言えるんでしょう。文中「眼だ眼だ。おそろしい蜘蛛の眼だ」とあり、蜘蛛の眼なんて意識したこともないわ……と思いましたが、ちょっとホラーな気分に浸れます!


クモはクモでも、今月のワタクシは7月の異名「蘭月(らんげつ)」を冠して「蘭月雲便り」にしてみました。「蘭月蜘蛛」だと妖しい、蜘蛛女って感じがしないでもない(◎-◎;)





卓球の福原愛ちゃんが秋に出産予定とか。あの愛ちゃんが結婚してお母さん!と親戚のおばちゃんの気分です(笑) 女の子ではないかと言われていましたが、男の子もかわいいよ!な池井昌樹さんの詩がありました。コレはおとーさん、たまりませんな~ハイハイする息子、きっとヨダレだらだらの満面の笑みに違いないと思うのだけれど。ウチの子どもたちにもこんな時代がありました。懐かしい(*´ω`*)




『息子』


真昼の襖のむこうから
むすこはきっとぼくをめがけて這ってくるのである
くりかえしくりかえし這ってくるのである
わらいながら抱きとめようとする妻の腕(かいな)を振り切って
真昼の襖のむこうから
ぼくのなにかをめがけていっしんに這ってこようとするのである
むかしながらのおおなみみたいに
なんどでもなんどでも打ち寄せようとするのである




それでは皆さま、相変わらずのワタクシですが、今月もどうぞよろしくお願いいたします。





rohengram799 at 19:45│Comments(8)青空文庫 

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2017年07月01日 19:58
福原愛ちゃんのニュースには、私も「おおっ」でした(笑)。しかし安達祐実が脱いだ時もそうでしたが、なにかこう、親戚の子がイケナイことしてる場面を見たような気持ちになってしまうのは私だけでしょうか(^^;
2. Posted by のざわ   2017年07月01日 21:20
池井さんの詩には若い父親の喜びがあふれていますね。オスカーさんも経験がおありとありますが、私も小さな息子たちの愛くるしさをときどき思い出します。息子が父のもとに這ってくる様を大波にたとえたところが素晴らしいと思いました。
3. Posted by ミューちゃん   2017年07月02日 16:51
5 オスカーさん、こんにちは
小さい頃から国民全員に愛されてる人って裏を返せば国民全員に監視されてる感じがして本人は嫌なんだろうなぁ~て勝手ながら、そう思っちゃいます今だったら将棋の藤井君がそうじゃないですかね?その内、浅田真央ちゃんが結婚て云う話になって、世間は福原愛ちゃんと同じリアクションをするでしょうね(笑)
4. Posted by ナンチャッテ   2017年07月03日 00:28
一気に暑くなりましたね
冷汗シーツを引っ張り出してきて、準備しましたよ

買い直した方が効果あるのかな?
5. Posted by オスカー   2017年07月03日 08:28
猫ムスメ様
子役なんかはチヤホヤされているので、ちゃんとしたオトナになるんだろうか、と心配になりますが、愛ちゃんも大丈夫かなぁ~と気になっていました。だんだん綺麗になってよかったな(笑)って思いました(≧▽≦)
6. Posted by オスカー   2017年07月03日 08:33
のざわ様
息子たちが夢に出てくることがありますが、だいたい小さい頃の姿なんですよね。一番濃密な時間を過ごしたからでしょうか? 昨日は母親からひどい虐待を受けた主人公が父親の遺骨を探す『愛を乞うひと』を読みましたが、血のつながりってなんでしょうね。
7. Posted by オスカー   2017年07月03日 08:35
ミューちゃん様
今週末には眞子さまの婚約発表も予定されていますし、あの小さかった女の子が・・・とまたまた思うことになりそうです。しかしお相手が・・・なんとなく心配です(´-ω-`)
8. Posted by オスカー   2017年07月03日 08:39
ナンチャッテ様
昨日は1年の折り返しの日だとラジオで言っていました。そう聞くとムダに焦ります。私もこの前ひんやりシーツ的なものを買いました! 今日は猛烈な暑さになるそうで・・・ああ、イヤですね~お身体に気をつけて下さいませ。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ