2018年01月18日

新光雲便りNo.13:たそがれの案山子

コマーシャルでちあきなおみさんが歌っていた『黄昏のビギン』という歌、もともとは♪黒い花びら~の水原弘さんが歌っていたみたいですね。うん、あの声にあっているような気がする・・・って私は何歳なんだ(笑)



久しぶりに近藤ようこさんの漫画を買いました。この方の絵柄の雰囲気も好き。タイトルは『たそがれの市 あの世お伽話』。描きおろしを含めた11話が収められています。


http://konomanga.jp/guide/130655-2



死んだら最初にたどり着くさびしい場所、それが「たそがれの市」。 自分が死んだと気付かない”大人のおいと”を見かけた少女のおきく。おきくはおいとにまとわりつく幽霊を遮り言う。「お前は元の場所に戻りな」と。おきくとおいとの関係は・・・な最初の「紅の皿」。病で先だった母が子を思う深い哀しみを描いた「涙池」。身分違いの恋と因縁を描いた「思い出」など。



『案山子』では、お館さまに見込まれ、また戦に行き手柄を立て出世し、母親に楽な暮らしを、という息子が出てきます。


「おまえ侍の真似ができるかい! お孫さんの無事だけがおっかあの望みだよ」

「ふん ここで生き腐れていたら おれはあの案山子と同じだ」

「親不孝者! おまえが留守の間 田を守ってくれた案山子の方が頼みになるよ!」

「じゃあ 案山子を息子と思え」と笑う息子の姿を見送り、顔をおおった母親の嘆き。


「ほんとうはおまえを案山子にしてでも 手元においておきたいよ・・・」



お鼻がツーンとしてしまった・・・そして、さだまさしさんの『案山子』を歌いたくなるのでした。



♪元気でいるか 街には 慣れたか友達出来たか
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る ・・・





rohengram799 at 18:41│Comments(4)空のお城図書館 | さだまさし

この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2018年01月19日 17:00
5 オスカーさん、こんにちは
案山子自体を最近あまり見なくなりましたね。目玉の風船も見なくなりました。カラスは昔よりか遥かに賢くなっているので、それではもう怖くないのでしょうね(笑)カラス除けのCDは確実に今でも効果が有りますが(笑)
2. Posted by オスカー   2018年01月19日 19:40
ミューちゃん様
実用的な案山子よりもアートとしての案山子の方が目立っているような・・・。田んぼのある風景もだんだん少なくなってきたように思います。
3. Posted by 猫ムスメ   2018年01月21日 11:25
さだまさしの「案山子」、以前オスカーさんに教えてもらい初めて聴きましたが、本当に名曲ですね。そして歌詞は何度読んでも泣けます(T_T)
母の愛情はいつの時代も変わらないということですね。
4. Posted by オスカー   2018年01月21日 23:22
猫ムスメ様
物語ではあちらの世界に連れていかれたのは案山子になっていました。身代わりになったのですね。働き者の孝行息子になってメデタシメデタシでした。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ