2018年02月08日

恵風雲便りNo.5:花眼(かがん)

ダンナさんも私と同じくメガネ歴が長いのですが、二人して今は老眼・・・本を読む時にはメガネを外すという暮らし(^o^;)



『読みなほす本のヒロイン若きまま年ふりつもり花眼の我居り』(涌井ひろみ)



「花眼」は、かがん、と読むらしい。中国語で「酔眼または老眼」の意味だそうです。字面は美しいけど、普段の生活、話し言葉には向かないのが残念。


2010年1月の朝日歌壇(朝日新聞の文芸欄でしょうか?)に

『老眼を花眼と呼ぶことうれしくて聖書の小さき活字を辿る』(横浜市・飯島幹也さん)
 

という句があったそうです。



花眼と聖書という文字にこの方の信仰心も加わって、とても美しく清らかな感じ・・・白百合の花束を胸に抱いていた乙女の気持ちになりました!



花は花でも昨日からクシャミ連発(>ω<)/。・゜゜・
目はカユカユ( ・д⊂ヽ゛ で鼻炎のクスリを飲み始めました。 まだまだインフルエンザも油断できません。皆さまもご自愛下さいませ!




rohengram799 at 15:27│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2018年02月08日 16:21
「かがん」と聞いて字が浮かぶ人はまずいないでしょうね(^^; 確かに口語には向かない言葉だと思います(笑)。

ちなみに私は顎関節症になった際、別名「美人病」と言うんだ…と聞き、大変嬉しく思いました(*´-`)
2. Posted by ミューちゃん   2018年02月08日 16:31
5 オスカーさん、こんにちは
僕は生まれた時から、ずっと裸眼で、眼鏡とは無縁の生活を送って来ましたが、40代になったら眼鏡に、お世話になるでしょうね大体、視力って眼科に行かない限り測らないですから、自分が今、どれぐらいの視力なのか分からないです。でもテレビに出てる小さいテロップが時たま見えない時が有るから、もう老眼は進んでいるのかな
3. Posted by のざわ   2018年02月08日 21:25
老眼または酔眼を花眼という、初めて知りました。呼び方ひとつで、ちょっと嬉しくなったりしますね。私は老眼が50歳頃から始まりました。でも見えるだけで、ありがたいことです。スーパーに盲導犬のための募金箱が置いてあります。「頑張って」と心の中で唱えて毎回ほんとに少額のコインを入れています。
4. Posted by オスカー   2018年02月09日 08:29
猫ムスメ様
本当には表現ひとつで気持ちや印象があるなら変わりますよね~言葉って不思議です。午前8時25分ニュースで「あたたかい支援」と連呼していますが、あたたかさのない支援なんて、ただの嫌がらせにしかならないだろ~と思う私です😅 「美人病」・・・大変だけどニンマリしてしまいますね✨
5. Posted by オスカー   2018年02月09日 08:33
ミューちゃん様
裸眼で過ごせたのは10年くらいかもしれません。遠くの緑を眺めるといいと言われましたが、山はすぐ近くにありました(´-ω-`) 今は目に刺激のあるものばかりですよね。メガネは慣れるまで大変だと思います。私は枕元に置いていたので、起き抜けによく踏みつけていました💦
6. Posted by オスカー   2018年02月09日 08:38
のざわ様
盲導犬の育成などの活動に皇室を離れられた清子さんが熱心でしたね。目の不自由な方が線路に転落などの報道があると、なんともいたたまれない気持ちになります。 今はパンダ人気ですが、パンダの目はやはりケモノの鋭さがあり、犬や馬の目とは違う~と思います。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ