2018年03月05日

桃月雲便りNo.3:えぴすとれー

新聞で水原紫苑さんの歌集『えぴすとれー』が紹介されていました。紫苑というと、どうしても宝塚の星組トップだった紫苑ゆうさんを思い出してしまう・・・(^o^;)



「えぴすとれー」って造語なのかなと思っていたら「歌は手紙でありたい」ということで、手紙を意味するギリシャ語をタイトルにしたそう。カタカナで「エピストレー」だったら、特に興味を持たなかったかもしれない。表紙を見たらとてもシンプルだった!


http://www.honamisyoten.com/bookpages/ST201713347.html




「世のなべて少女とならばおそろしき少女のむかで、少女のみみず」


この作品は別の書評で見つけたのだけれど、郷ひろみさんの♪処女と少女と娼婦に淑女~「How many いい顔」を思い出してしまった! 女だからこそよくわかる「少女」のおそろしさ・・・少年じゃダメなんだよなぁ!なんて思ってしまった!




rohengram799 at 18:45│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by 猫ムスメ   2018年03月05日 19:01
素敵な表紙ですね。
しかしすいません、私は値段の「3000円」に釘付けになってしまいました(-_-;) 歌集って普通そんなにするものなのでしょうか??

日本は総じて本が高いですね。
出版制度の問題であり、作者さんが儲かる訳では決してないというのは分かるのですが、果たして3000円出して歌集を買う人がどれだけいるだろう…と。コアなファンならともかく、なかなか新規の若い読者はつかないのではないか…と思いました。
この制度をなんとかしないと日本には詩や歌の文化がいつまで経っても根付かないですよね…
(アメリカでは子供が寝る前、親にねだり、詩集を朗読してもらうのが一般的でした。それを間近に見ているので、つい…)
2. Posted by オスカー   2018年03月06日 07:32
猫ムスメ様
私はふらんす堂という仙川にある出版社のブログで、いろんな歌集の装丁などを見ていますが、作者の方のこだわりもあるし、紙自体が高いのもあるし・・・で値段は仕方ないのかなと思うことがあります。俳句や短歌ってだいたい1ページに3作品くらいだし、数が多ければページも増えますし。ただ詩や俳句って余白も大事な作品に思えるので、ぎっちり詰まった句集とかはちょっとなぁ😢 詩を読んでもらいながら眠る、憧れてしまいます!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ