2018年03月09日

桃月雲便りNo.9:愛しき日々

「愛しき日々 」というタイトルにベーやん(堀内孝雄)の歌を思い出した方もいるでしょうか?
作詞は小椋佳さん、言葉が美しいです。

http://j-lyric.net/artist/a00049b/l00679f.html




4月はじまりの手帳が書店にならび始めました。おやぢが大好きな週刊ポスト(3/16日号)の袋綴じに「幻のヌードダイアリー」がありました。ボイン手帖、モーレツ手帖、のぞき手帖、パンチ手帖、ハッスル手帖、浮世絵秘帖・・・資料提供はあのカストリ書房さん。内容はオススメ出来るものではないのですが(品がないし)好奇心が暴走した方は、買ってドキドキしながら袋綴じを破いて下さい(*ノωノ)

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14417533/


「紳士手帳」というブログ記事がありました。モデルさんの三段腹についてふれているところに笑いましたが、私のお腹よりはまだ・・・と思ってしまった( ̄0 ̄;)

http://www.chowchow.gr.jp/inova/st/index.html




カレンダーも4月はじまりのものとかありますね。この前「 ふたりひめくり」という日めくりカレンダーをみました。「日めくり」自体がもう懐かしい!

http://nk-yutori.com/product/futari_himekuri



東京都はオリンピックには便乗して(?)へんな婚活支援ビデオを作成したようですね。昔は売れ残りのクリスマスケーキにならないように25歳までに結婚!とかありましたが、今は平成のうちに結婚して東京2020を子どもと見る!になっているとか?


「恋人の聖地」プロポーズの言葉コンテストという記事を見つけました。2017年受賞作品が読めます。

http://www.seichi.net/17contest/


ちなみに私はちゃんとプロポーズされた記憶がありませんが、恋人の聖地のひとつ「覗橋のハート♥️」はふたりでのぞいてみたいと思いました(笑)

http://www.zuiho.jp/weblog/?p=1203



rohengram799 at 12:12│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2018年03月09日 17:06
5 オスカーさん、こんにちは
最近は松岡修造さんの日めくりカレンダーのヒットで他のタレントさんの日めくりカレンダーが発売されてますが、殆どカレンダーとしての機能が働いていないと思います(笑)。有名人のカレンダーって不便なものが多いですよねまぁ、写真がメインですから仕方がないと思いますが僕は4月始まりとか月曜日始まりのカレンダーを見ると、ちょっとモヤっとしますね(笑)。
2. Posted by なう60   2018年03月10日 09:45
オスカ-さん
おはようございます。
自動車を整備、歯医者さん、週刊現代などの週刊誌、開けて見ていると「どっきり」袋とじ、困った時代になっています。結婚しない男女、身近にいます。曰く「結婚している同級生、友達を見ていると皆さん、幸せより苦労している人多く」結婚はしません。(そんなことはないとアドバイス
出来ない。笑、困った時代です。日本人の存続が
危ぶまれてます。
3. Posted by オスカー   2018年03月10日 09:53
ミューちゃん様
カレンダーと言えば、新年号が決まるのが後ろ倒しになったとか・・・業界は大変ですね。日めくりカレンダーも芸能人、ペット、マンガキャラとたくさんありますが、私は昔ながらのあの薄い紙のヤツが好きです。間違って2枚破いたりしたことが懐かしい(笑)
4. Posted by オスカー   2018年03月10日 09:58
なう60様々
自治体主催のお見合い、合コン的なものもたくさんありますが、なんのために結婚するの?と言いたくなることも・・・好きだから一緒にいたい!という気持ちより安定した生活が先みたいで、そこはう~ん、となりますね。少子化と騒がれる中で虐待のニュースは続き・・・民がいなければ国は存在しなくなります。未来の日本、大丈夫でしょうか?
5. Posted by 猫ムスメ   2018年03月10日 17:23
オスカーさんに教えて頂き購入した「昭和の事件簿」でしたっけ? あれもそうでしたね(^^; 封印されたビニ本のコーナーが強烈でした(^^;
今とは全く違った女性のふくよかさ、そして露出の大胆さが興味深かったです。



6. Posted by オスカー   2018年03月11日 09:23
猫ムスメ様
おやぢ紳士の好奇心からか緊縛師を検索していたら、銀座に緊縛講習会も開催しているクラブみたいなものがあることがわかりました。さすが東京、さすが銀座!しかし、ビックリですわ!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ