2018年03月12日

桃月雲便りNo.12:温泉

新聞記者はいろんな本を読んでいるんだなぁと当たり前ですが、読売新聞の編集手帳を読んで思います。ウチはダンナさんが巨人ファンなので、ずっと読売新聞なんですが、他紙でも一面にコラム記事があって、それぞれ興味深いことが書いてあるのでしょうね。


3月4日には別府市の「今は、別府行くより、草津行こうぜ」の話にあわせて『温泉文学事典』が・・・またマニアックな事典があるものですが、ここの出版社は他にもいろいろ出しているようです。


http://www.izumipb.co.jp/izumi/modules/bmc/detail.php?book_id=129117&prev=released



「いでゆ奇談」「ざふん」(これは嵐山光三郎さんの本だとわかった)「二十面相の湯」・・・気になるタイトルが書いてありましたが、漫画家のつげ義春さんも温泉が好きだったと思います。


http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062085380

http://hina-ken.com/?page_id=25



つげ義春さんの本を立ち読みしていたら、運動会に出るのがイヤで、ケガをしたら走らなくてすむと思い、足の裏をカミソリで切ったら予想以上に深く切ってしまい、治るのが遅くなってしまった、みたいなことが書いてありました。私も運動会はイヤで熱が出ないかな~とかケガしないかな~と思っていましたわ。階段からおちることも考えましたが、出来なかったです・・・(;゚∇゚)





rohengram799 at 12:55コメント(4) 

コメント一覧

1. Posted by ミューちゃん   2018年03月12日 17:01
5 オスカーさん、こんにちは
運動会のマスゲームって残暑厳しい中、練習をやっていたから、あれだけは嫌でしたねしかも裸足だったし(笑)騎馬戦も嫌でしたね。組体操が危険で今は廃止されてるみたいですが、騎馬戦も相当、危ないですよ
2. Posted by トリテン   2018年03月12日 19:27
別府温泉を舞台にした有名な小説、文学がないのは残念です。
私は愛媛出身なので、道後温泉の「坊ちゃん」があるからいいのですけどね。(^_^;)

でも、やはり別府温泉は湯の種類と湧出量で日本一だと思いますよ。

そろそろ暖かくなったので、温泉に行く機会も減りますけど、オスカーさんも別府にぜひいらしてください。(^-^)/
3. Posted by オスカー   2018年03月13日 07:18
ミューちゃん様
騎馬戦、私たちは山梨なので川中島の決戦をイメージしてやっていましたね。詩吟を唸るおじさんとか毎年やってきていました。今、2学期は行事が多く9月半ばには運動会!が多いけど、暑すぎますよね(´-ω-`)
4. Posted by オスカー   2018年03月13日 07:23
トリテン様
別府温泉は活字より映像の印象が強いような気がします。2時間ドラマとか(笑) 山梨は信玄の隠し湯と言われるところがいっぱいありますが、本当にお高い宿には出かけたことがないです。大分温泉巡り、してみたい!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード