2018年03月19日

桃月雲便りNo.23:ぞろぞろ

積ん読本の整理をしていたら、古谷三敏さんの『寄席芸人伝』の6巻がまぎれていました。全部片付けてしまったと思っていたので、なんか懐かしい。 ニュースで襲名問題が取り上げられていたけれど(下記サイトを読んで、わかったような、わからないような)、マンガに出てきた「一芸名(ひとつな)とん平」の話がやっぱり好きだなぁ、と思ったワタクシです。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/54819




さてさて、今では小学校の教科書に落語が載っているんですね。落語絵本は何冊か見たことがありますが、教科書に、というのは知らなかったです。小4の国語の教科書に採用されたという『ぞろぞろ』私は好きです(^ω^)


【参詣客がまばらな稲荷神社の門前。茶店を営む老夫婦の生活は苦しく、店主の老爺は妻の老婆に「売り上げがないため、仕入れもままならず、商品はわずかな駄菓子と、天井に吊るしたまま長く売れ残ったワラジ1足だけだ」と不満をぶちまける。老婆が「なにごとも信心だから、お稲荷様にお参りに行ってはどうですか」とすすめるので、店主は言うとおりに神社へ行き、茶店の繁盛を懸命に祈った。】



そして、えっ(;・∀・)と思いがけないことが起こり、ウチもあやかりたいと思った床屋さんにもも・・・意地悪じいさん的なオチではなくて、あちゃー(´・∀・`)な結果が。 噺家さんはひとりで何役もこなしますが、子どもたちがそれぞれの役を演じたら、また面白いかも、と思いました。


http://ensou-dakudaku.net/kyoka/zoro.html




rohengram799 at 16:30コメント(6) | 落語  

コメント一欄

1. Posted by ミューちゃん   2018年03月19日 17:24
5 オスカーさん、こんにちは
前にも書きましたが、芸能人と噺家さんは全く違う職種だと思うんです。違いを言うなら、芸能人はデビューしてから下積み時代が有るのに対して、噺家さんは下積みを経てからデビューする人が殆どじゃないかなって思うんです。今や一つの有名な大会になってる「R-1ぐらんぷり」の「R」は本来、落語の「R」なのに今は噺家さんは出てないですよね(笑)でも今年優勝した濱田祐太郎さんは面白かったですね~彼が優勝した事で勇気を貰えた人も居るだろうし、今後のお笑い界にも一石を投じた感じがしますね
2. Posted by オスカー   2018年03月20日 07:20
ミューちゃん様
H-1グランプリというのがあって、なんだ?と思ったら、お坊さんの法話力を競うものでした!厭きさせずに話をするって難しいですよねぇ。坊主バーとか行って胸のウチをさらけ出したいですわ。
3. Posted by 猫ムスメ   2018年03月20日 15:36
落語みたいなタイトルだなぁと思ったらやっばり落語のぞろぞろだったんですね! 私はたまに「だくだく」と混じります(笑)。

私が小学生の頃は教科書に「まんじゅうこわい」が載ってました。今は学校寄席が流行ってるみたいですが、私の頃は無かったので羨ましく思います。しかしあれを見て「噺家になりたい!」とか言われてしまったら親は大変だろうなぁと思います(^^;
4. Posted by オスカー   2018年03月20日 16:39
猫ムスメ様
「だくだく」は知らなかったので、検索しました。こちらも面白いですね。噺家さんも小学生相手だと、どんなネタにするか、悩むと思うのですが、タダで落語を楽しめるなんて贅沢ですよねぇ(笑) 「異世界落語」4巻も積ん読なので、読まなくちゃ!
5. Posted by トリテン   2018年03月20日 20:54
ふむふむ、紙石鹸なんて懐かしい。
子供のおもちゃ用、大人の旅行用に紙石鹸がありました。

ボテッとした厚みの紙石鹸を水に濡らして手で擦り合わせると、ブクブクと泡立つのです。
なんだか、セルロイド人形と同じくらい懐かしい時代の代物です。(#^.^#)
6. Posted by オスカー   2018年03月21日 10:30
トリテン様
紙石鹸、記憶にあるのですね。紙からブクブク泡が出るなんてちょっとしたマジックですよね! 小さい時に手にしていたら、絶対買い占めていた気がします😀

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ