2018年03月20日

桃月雲便りNo.24:紙石鹸

今日は冬に戻ったような天気ですね。花粉はおとなしくしているようで、それは有り難いです(^◇^)


「春星(しゅんせい)」「星朧(ほしおぼろ)」という、なんとも美しく、ちょっとセクシーな 季語がありました。 春の宵に、潤むように見える星。夏星の熱っぽさとも冬星の鋭さとも異なり、暖かさを感じさせる星をいうようです。



『春星や紙石鹼も詩もはるか』(花谷和子)


春星という季語より紙石鹸という言葉が気になる! 食べられる紙、という駄菓子(?)はあったけど、紙石鹸は知らないので、調べました。画像に全く記憶がない。



http://bonkura-oyaji.blog.so-net.ne.jp/2009-07-19



昔(保育園くらいかなぁ)身体だけでなく、石鹸で髪の毛を洗って、キシキシしていたわ、なんてことを思い出しましたヾ(@゜▽゜@)ノ



rohengram799 at 16:21│Comments(6)

この記事へのコメント

1. Posted by ナンチャッテ   2018年03月20日 18:05
こんにちは(*´∀`)つ
自分も紙石鹸は初耳です
あー、アウトドアで使っていた人いましたわ
携帯できる石鹸的なヤツでしょうか?

ま、もうアウトドアご無沙汰なのでいっか笑

閑話休題
いつぞや、藤田和日郎さんの『からくりサーカス』に興味があると書かれていましたが、今度アニメ化決定ですって
ご興味未だにあれば・・・的なご紹介

とはいえ、『うしおととら』のアニメは駆け足で話が作られちゃって、感動するところがあちゅーまに駆け抜けた印象
2クールだから仕方ないかもしれませんが、正直期待以下でした
ご参考まで
2. Posted by 猫ムスメ   2018年03月20日 19:09
紙石鹸…全く記憶にありません。しかし駄菓子屋にこれが売っていたら確かに買うと思います。女の子が好きな系統ですよね(^^;

私の頃は記事にあるロケットペンシル、そして「練り消し」が猛烈に流行りました。やはり交換したりしてましたよ! 懐かし。今もあるんですかねぇ、練り消し…
3. Posted by HyperChem   2018年03月21日 00:36
花粉症は、目がすごく楽になりました。
一時だけとは思いますが…。
今日は雪が舞っていました。
明日はもっと降りそうです。
この単語で一瞬にして思い出しました。
ありました、紙石鹸。
自分で持ってたのか、親が持ってるのを
こっそり見つけて持っていたのか。
記憶にないですが。
薄いので一瞬のうちになくなります。
リンク先にかかれている、ボロボロになる
のも、色や柄?があったような記憶も
薄っすら。
あの技術は、違った形で今役に立ちそうな
気もしますね(^^ゞ。
4. Posted by オスカー   2018年03月21日 10:13
ナンチャッテ様
アニメ情報、ありがとうございます。知らなかったです。最近はダンナさんの方が録画していろんなアニメを見ていますわ(^o^;) アウトドア用品、たまーにお店をのぞいて、お手軽な高カロリー食を見たりしています(笑)
5. Posted by オスカー   2018年03月21日 10:19
猫ムスメ様
そこまでしなくても、みたいな便利なのか不便なのかよくわからない文房具もありますが、退屈な授業中には欠かせないものでしたね。 小学校は木の机で小さい穴があり、そこに消しゴムのカスを詰めているコが何人もいました。私もやってましたけど(笑)
6. Posted by オスカー   2018年03月21日 10:27
HyperChemさま
紙石鹸を最初に考えた人、商品化した人ってスゴいですよねぇ。そして柔らかい鼻セレブティッシュも今の時期には有り難い商品。お高いけど(^_^;) しかし、この天気はなんでしょう。あたたかい陽射しが欲しいです。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ