2018年03月19日

桃月雲便りNo.22:明日、輝く ✨

『明日』(新美南吉)



花園みたいにまつてゐる。
祭みたいにまつてゐる。
明日がみんなをまつてゐる。

草の芽
あめ牛、てんと虫。
明日はみんなをまつてゐる。

明日はさなぎが蝶てふになる。
明日はつぼみが花になる。
明日は卵がひなになる。

明日はみんなをまつてゐる。
泉のやうにわいてゐる。
らんぷのやうに点ともつてる。




皆さま、どうぞステキな明日を、よい1週間を♪(o・ω・)ノ))



里中満智子先生の「あした輝く」はコチラで☆

http://paonyan.com/comic/ashita.htm

rohengram799 at 13:34│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by HyperChem   2018年03月19日 16:42
今は世の中がせっかちになってしまって、
「待つ」という感覚、楽しみが薄れて
しまっているように思います。
春はいつも待ち遠しい季節でしたが、
花粉症になってからは、ちょっと憂鬱な
時期…。
中学の頃、里中満智子先生の作品が好きな
クラスメイト(男子)がいましたねぇ(懐)。
2. Posted by オスカー   2018年03月20日 07:14
HyperChemさま
私の兄も里中先生の「あすなろ坂」を持っていました(笑) 「アリエスの乙女たち」とかリアルタイムで読んでいた時代が懐かしいです。あの頃はまだ「花粉症」ではなく「花粉アレルギー」という言葉がマンガにあったな、と思い出しました!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ