2018年04月03日

清和雲便りNo.2:イソップ

『昭和天皇物語』2巻が発売になりました。表紙のメガネ男子の昭和天皇が可愛らし過ぎます!良子さまとのお姿が「青春の輝き」であります。

https://www.shogakukan.co.jp/books/09189825


試し読みでタカさんの「こゝろえ」が読めますが、タカさんの愛情にこちらも涙してしまいました。誰かに愛された記憶って本当に素晴らしい。


またイソップ物語の話がありますが、学習院初等科4年生だった10歳の時、母の貞明皇后からイソップ物語を教えてもらい、童話を書くことを発案、自分の名前を付けた「裕仁(ひろひと)新イソップ」と命名。第一作は「海魚の不平」。ホウボウやタイが他の魚の才能をねたむのを、目の不自由な別の生き物がたしなめるというもので「自分よりも不幸な者の在る間は身の上の不平を言ふな」との言葉を付けたそうです。
 

また、5年生の授業でカエルを解剖して帰ってきた後、トノサマガエルの解剖に挑戦。体内の器官を観察して箱に入れて庭に埋め、「蛙(かえる)」の神様として「正一位蛙大明神」の称号を与えたとか。



小学生の時の自分を振り返ると、恥ずかしいことばかりですわ。イソップ物語もなんか説教くさいイメージがあって、小さい頃も今もほとんど読んだ記憶がないです。これから気にして読んでみようかなぁ。



http://www.kunaicho.go.jp/about/history/history11.html

https://www.kufs.ac.jp/toshokan/gallery/113.htm



rohengram799 at 08:24コメント(2)空のお城図書館  

コメント一覧

1. Posted by 猫ムスメ   2018年04月03日 08:40
イソップは確かにアンデルセンなどと違い教訓じみていますね(^^;

「金の卵」という話をご存知ですか?
アヒル? が金ので卵を産むやつです。
夫が、ウチもベランダで米をあげてる
ヒヨドリが恩返しに金の卵を産まないだろうか〜と呟いてました。見返りを求める時点でダメですな(笑)
2. Posted by オスカー   2018年04月03日 08:51
猫ムスメ様
サイトを記事に追加したのですが、イソップ物語は安土桃山時代にはすでに日本に伝わっていたというのが驚きでした。 恩返しシリーズ(?)って結構ある気がしますが、ダンナさまと「小鳥🐦の恩返し」を創作してお腹の赤ちゃんに聴かせてあげて下さい😊

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード