2018年05月03日

若夏雲便りNo.5:賢いさけび

池下和彦さんの『わけるな』という非戦詩を探していた時に『母の詩集』を知りました。内容は下記で、また印象深い、考えさせられた詩をいくつか紹介させていただきます。『つづき』にでてくる「うたこ」は池下さんのお母さんの名前です。


http://www.dowa-ya.co.jp/books/poem/others/hahanoshishu.html

http://www.teinenjidai.com/chiba/h19/01/index.html





『いつ』

 1人でトイレに行かれなくなったのはいつ
 1人で歩けなくなったのはいつ
 1人で食べられなくなったのはいつ
 1人で風呂に入れなくなったのはいつ
 どれもいつからと答えられない

 看病でも介護でもなく
 いっしょに暮らしているだけだったから



『川』


川を見て
母は

という
ぼくが少しとがめた口調で

とききかえすと
母は
海から流れる川といいなおした
あまりに静かなものいいだったので
それを
ふたりのあいだの真実にする




『つづき』

うたこ
だんだん
ばかになる
どうかたすけて
起きぬけ
母はそう言って私にすがりつく
だれが
この病を
老年痴呆と名づけたのだろうか
かつて私は
こんな賢いさけびをきいたことがない
私は
母のまねをしてすがりつく





『わけるな』はこちらで。

https://plaza.rakuten.co.jp/tora11/diary/201607300001/



rohengram799 at 09:17コメント(2)空のお城図書館 | 医療・臓器移植・介護・福祉関係 

コメント一覧

1. Posted by 猫ムスメ   2018年05月03日 10:59
先週末、地引網ついでに実家に帰りました。
その時、伯母の家で従兄弟や両親と「親が動けなくなったらどうするか」なんて話になったんですよ(^^;
伯母はもう介護付き老人ホームに入る算段をつけているのですが、うちの両親は「お姉ちゃんがある程度は世話してくれるかなぁ…」なんて呟いていました。

段々とそういった話題が身につまされる年齢となりました。
2. Posted by オスカー   2018年05月03日 16:45
猫ムスメ様
新聞もシニアマンションとか介護付き住宅の広告が増えましたが、やはり先立つものは・・・で、自分の老後を考えてしまいます。親が60代70代と老いていく時期は自分の不手際やらなんやらでいっぱいいっぱいで、田舎に帰ることもなく過ごしてしまいました。半年に1回でも帰っていたら、また違ったのかな、とか今でも考えてしまいます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード