2018年08月03日

炎昼雲便りNo.15:臥遊~7月の本棚

明け方から消防車のサイレンが何回か聞こえてきました。一昨日も昼間サイレンが鳴り響いていて、夏場でも火事は多いのですね。一年中「火の用心」気をつけないと!


さてタイトルの「臥遊(ガユウ)」ですが、部屋で横になりながら絵画を観賞し、絵画の中の鳥を愛で、その声を想像したり、山水画の滝の流れる音を思い浮かべて、作品の新たな魅力を模索すること、をいうようです。 絵画だけでなく、地図や旅行雑誌を広げて空想旅行するのも広い意味では「臥遊」になるでしょうか?

二男は先月はじめ、石垣島に旅行しましたが、私は本の中で気ままに脳内妄想旅行をしたいと思います(笑)


【2018年7月の本棚 】
https://bookmeter.com/users/718307/bookcases/11755344

rohengram799 at 09:58│Comments(0)月刊・空のお城図書館 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ