2018年09月15日

菊咲雲便りNo.9 :ゆうだち⚡

♪夕立 そこまで来ている 雷ゴロゴロ ピカピカ


コレは井上陽水さんの「夕立」という歌なんですが「 洗濯物がぬれるから 女はひきつった顔で わめきまわる ころびまわる 男はどうした事かと 立ちつくすだけ」という歌詞もあり、 なんだか笑ってしまいます~今の陽水さんも悪くはないけれど、この頃のワケのわからない感じがやっぱり好き♪(´ε`*)


http://www.kasi-time.com/item-12434.html




さてさて、読書メーターで『ゆうだち』という絵本を見つけて、気になったので本屋さんに(立ち読みするために)さがしにいったのですが、見つかりませんでした。う~ん、またYouTubeで朗読動画をさがすか!と思ったセコいワタクシ、ありました(* ̄∇ ̄*)



しかし・・・「絵本男子」ってナニ(´・ω・`)? いつからこんな名称が・・・なんとなく子どもより戦隊もの(に出ている俳優)に夢中なるお母さま方を思い出してしまいましたわ。



【絵本男子が読む『ゆうだち』】

http://ehondanshi.com/book/details/87/




今日から三連休の方々も多いでしょう。いろいろありますが、おだやかに楽しく過ごせますように(*・ω・)ノ



この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2018年09月15日 16:30
5 オスカーさん、こんにちは
陽水さんの歌詞に意味を説く程、ナンセンスな事ないですよね(笑)。超名曲の「少年時代」も歌詞をよく見ると、かなり難解ですし(笑)。

絵本男子…。何でも最後に男子とか女子とか付けないで欲しいですね(笑)
2. Posted by オスカー   2018年09月17日 07:44
ミューちゃん様
陽水さんの「夕立」は「氷の世界」と同じくらい好きかも。「青空ひとりきり」とか結構、気象がらみの作品が多いような気がする。
「佐川男子」とかもありましたね。ウチに来る佐川さんはオジサンですが、愛想のイイ人です(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ