2018年10月09日

稲熟雲便りNo.12: ボーン ボーン

先月23日の読売新聞・編集手帳に、ブラジルで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会で、商業捕鯨の一部再開を盛り込んだ日本の提案が反対多数で否決されたことに関連して「雪鯨橋」のことを書いていました。


鯨の骨で出来た橋があるとは! 一頭、一体の骨を使って橋を作れるのは鯨くらいしか出来ないでしょうね。その由来、歴史は日本人の鯨との関わりについてさせられます。


【雪鯨橋】

http://tomanosu.hatenablog.com/entry/2017/05/05/040855



あと、本当につながりでコチラも・・・まるでダビデ像のような仁王さまにビックリします。う~ん、寝てみたい( 〃▽〃)・・・ではなく拝みたいです。


【一心寺】

http://blog.taisukedouga.jp/entry/2015/12/29/225402




今回のタイトルは、吉野弘さんの詩「I was born 」のborn(うまれた)とbone(ホネ)をかけてみました (;゚∇゚)


吉野弘さんの詩はコチラです!

http://www.matatabi.net/Poetry/Yosi_03.html



コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ