2019年02月06日

令月雲便りNo.9:チュウボウのサル

「チュウボウのサル」………タイトルを聞いて、小生意気な中学生を連想してしまいますが(あら、私だけ?)『厨房の猿』という海岸寺がありました。もう前からサルが住宅街に出没、大捕物のニュースが流れていますが、この絵がリアルに再現されたら恐ろしいですわ。「猿の軍団」……((( ;゚Д゚)))


【厨房の猿】

https://ameblo.jp/giantlimited/entry-11291479573.html




実家にキジの剥製があったのを思い出して(コレも怖かった)キジについて調べていたら「誕生鳥」なるものがありました。誕生花、誕生石、誕生星……なんでもありますなぁ。根拠はどこにもあるのかわからないけれど、確実に366種類は存在するってことですよね。誕生鳥はまぁいいとして、誕生魚とかはさかなクンくらいのマニアじゃないと喜ばないかも(;゚∇゚)


【誕生鳥&鳥言葉】

http://hijiki-to-oudon.com/birthdaybird/



サルとキジときたらやっぱり次はイヌでないと! 作者不詳の「犬」の詩です。



     「犬」


神は地と天を創造されたとき
花や樹を造られ
それからあらゆる生き物を
そして全ての鳥や蜂を創造された。
ご自分の仕事を完成されたとき
ひとつとして同じものはなかった。
神は言われた。
「これからこの地球を歩き、
それぞれに名をつけよう。」
それから神は地を、海を、往かれた。
神がどこに往かれても
力の限りその後を付いていく
小さな生き物があり、
地のもの、空のもの、海のものすべてに
名がついたとき
その小さな生き物が言いました。
「神様、僕にはもう、名前が残っていません。」
父なる神(God)は笑ってやさしく言われた。
「お前のことは最後まで残しておいたのだ。
わたしの名前を逆さにして与えよう。
おまえの名は、Dog(犬)だ。」





最後に……このセンスは一体いつのものなのか(´~`;)と思ったポスターをご覧下さいませ。


http://www.convention-w.jp/jssbji39/index.html


rohengram799 at 06:56コメント(4) 
アート・博物館・美術館 

コメント一覧

1. Posted by さち   2019年02月07日 08:40
厨房の猿を見て、『ジュマンジ』という映画を思うかべました。この絵のように映像化されてます。また観たくなりました。
2. Posted by オスカー   2019年02月07日 09:28
さち様
タイトルだけは記憶にあった『ジュマンジ』どんな話だったか検索して思い出しました。この時期は温泉に入っているおサルさんが可愛いですね😊
『イデアの影』読み終わりました。私にはよかったけど、ミステリファンには物足りない作品かも。
3. Posted by 猫ムスメ   2019年02月07日 16:21
誕生鳥!
早速URLを開いたら、私の誕生鳥は「フキナガシフウチョウ 風まかせ」でした。全く聞いたことがありません(笑)。
我孫子市には結婚前の紀宮様が働いていたことで有名な山階鳥類研究所があります。隣接して鳥類博物館もあるので、そこに行けば誕生鳥のことも何かわかるかも? と期待しています。
オモローな小ネタ有難うございました(^∇^)
4. Posted by オスカー   2019年02月07日 18:33
猫ムスメ様
検索していたらさかな言葉、誕生果とかあってオイオイ、そこまで……となってしまいました😅 そういえば占いも動物占いとかありましたよね。困った時のネタとしてはこういうのをいくつか知っていると便利なのかも。ここも野鳥は多いけど、名前はちっともわかりません(((^^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索