2019年04月05日

春愁雲便りNo.4:目玉焼き

なんだか昨日から「目玉焼き」の詩が気になって仕方がない🍳 目玉焼きって朝ごはんのイメージがあって、ひとりで食べるというより誰かと食べる、誰かに作ってもらう、誰かに作ってあげる、という感じで、その誰かは家族より恋人が多いような気がする。



そんなワケで(?) 遅い朝ごはんの目玉焼きを作る前に更新(笑) 私は目玉焼きは卵は1つだけ、両面焼いたのが好きです!




『食卓のデュエット』  谷川 俊太郎


目玉焼にみつめられて彼女は顔を赤らめた
ハムが聴耳をたてているので彼は不安になった
誰もがしていることをしているだけなのに
それが恐ろしい秘密のように思えてくる


窓の外の木々の間で蜘蛛は蝶を食べ
遠い渓谷で水は川岸を食べ
人の心の中でひとつの考えが他の考えを食べ
食べることは愛することそっくりだ


食べちゃいたいと囁いてゆうべ彼女は彼を愛した
彼女自身の卵をいつかこのぎらぎら輝く世界に
かえすために






昨年の高知県芸術祭で文芸奨励賞受賞の目玉焼きの詩もよかったので、ぜひコチラからお読み下さいませ。


http://www.kochi-art.com/pol/602




【おまけ・めだま焼き専用たまご】

http://www.cgegg.co.jp/products/4068/




*現在コメントは受付ていません*

rohengram799 at 08:44谷川俊太郎  

コメント一覧

1. Posted by さち   2019年04月05日 09:39
おはようございます。これはまた朝から色っぽい詩をありがとうございます。色々とイマジネーションを掻き立てられますわ。今日はこれから息子の荷入れをを手伝いに行ってきまーす。暖かい一日になりそうですが、花粉が嫌でしょうね。この詩を励みに頑張ります!
2. Posted by 猫ムスメ   2019年04月05日 11:24
そう言えば最近、目玉焼き食べてないなぁって気付きました。夫が朝ご飯を食べない(スムージーだけ)の人だからかもしれません。確かに1人じゃ焼いて食べないですもんね〜(^_^;)
子供の頃、黄身が好きな私と白身が好きな私で交換こしてたのを思い出しました。今考えると黄身より白身が好きな子供って珍しいのでは!? と思います。
3. Posted by ミューちゃん   2019年04月05日 16:47
5 オスカーさん、こんにちは
朝は目玉焼きよりも卵かけご飯の方が僕は好きですね(笑)。でも僕は一時期、健康の為、卵を控えてた時期が有りました。たまにスーパーで売ってる卵とコンビニでサラダの一部として入ってる卵って微妙に違ったりするのかな?て思う時も有ります。僕としては、カレーを食べる時に生卵を入れて食べるのが一番ベストな食べ方かなって思いますね(笑)
4. Posted by オスカー   2019年04月05日 22:42
さち様
新生活の準備、楽しくもあり淋しくもあり…でしょうか。日中は風が強かったですが、空気感がやはり春!だったので、なんとなくウキウキ気分でありました。
自分にないセクシーさを文字の中に求めております(笑)
5. Posted by オスカー   2019年04月05日 22:46
猫ムスメ様
朝ごはんを食べないとお腹がすかないのかと思いますが、ウチのダンナさんもおむすび1個を握って出したら終わりですわ。
目玉焼きもらうゆで卵もやはりキミが一番だと思います(笑)
6. Posted by オスカー   2019年04月05日 22:52
ミューちゃん様
卵かけご飯、私は白身をふらして食べていました〜最後に食べたのはいつだろう? ずいぶん食べていないことに気がついた! 今はたまごって特売品になってしまいましたが、高いのはやはり美味しい気がする(о´∀`о)
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード