2019年04月15日

春愁雲便りNo.14:三角定規

今日は風が強くて、桜吹雪がマンションの中庭で乱舞していました。ウチは6階なんですが、それより上に舞い上がっていたような………! だんだんと葉桜になってきましたが、それもまた風情があるのが桜ですね。


花より団子、どんな言いますが、こちらには季節感のある落雁がたくさん〜 食べなくても見て楽しめます😋


【甘春堂 お菓子コレクション】

http://shop.kanshundo.co.jp/smartphone/list.html?category_code=ct-higashi






2018年2月15日付読売新聞の「四季」にあった短歌に三角定規が出てきました。社会人になってからはほとんど使うことがなくなったものの1つですわ。


 
「なぜ泣きしか今もわからずきらきらと三角定規は光をとほす」 (松原あけみ)


子どものころ、筆箱(ペンケース)には必ず三角定規が入っていた。その三角定規と結びつく涙の記憶があるのだろうか。涙の向こうに三角定規がきらめいていたか。涙の理由はさまざまだが、理由のない涙もさまざま。歌集『海盆』から。(長谷川櫂)



他人からしたら「それのどこに泣く理由が?」ってこと、そして自分でも「なんで?」なことがあってもイイじゃないか〜! で青い三角定規の♪太陽がくれた季節 を思い出したりして……いろいろあって再結成は夢となりましたが、これからも青春を語る一曲なのは間違いないでしょう(*´ー`*)

https://sp.uta-net.com/movie/2928/



三角定規📐のまるい穴の他、文房具のトリビアはコチラから。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/amor1029.exblog.jp/amp/1541082/%3Fusqp%3Dmq331AQPCAEoAZgB8euTzpXn3_Ri




他の『海盆』からの短歌はこちらのブログ記事でも紹介されていました。

http://lavender11.hatenablog.com/entry/2019/01/19/102238




松原あけみさんの短歌にはこんな昔話風(?)なものもありました。


「狐顔の人に道を訊かれたり峠のむかうですと答へて」



キツネ目の男ではなく、キツネ顔の人。キレイな女性だったのかしら? キツネが化けて人間世界に来たけれど、迷子になってしまった。親切な人が帰り道を教えてくれた(о´∀`о) そんなメルヘンだったらいいな、な短歌。春宵のホラーテイストに読めなくもないけど、なんとなく気分はメルヘン♪


それでは、皆さま、よい夢を……おやすみなさいませ😴





rohengram799 at 23:00│Comments(4)

この記事へのコメント

1. Posted by さち   2019年04月16日 07:22
おはようございます。偶然にもうちも六階に住んでおります。桜が舞い上がるベランダって何か良いですね🌸家は目の前が公園なので子供の声が結構聞こえます。たまたま六階になったのですが、ちょうどいい高さだと思ってます。高層階も嫌だし(地震の時、階段上がれない)、一階は寒いし、虫が嫌いなので。蚊も上がってこないですよね。落雁て綺麗ですけど食べるのはちょっと苦手かも。口の中乾きません?
2. Posted by ナンチャッテ   2019年04月16日 10:04
こんにちは
花散らしの風の置き土産ですねソメイヨシノはパッと咲いて儚く散っていく様が美しいわけですが、どうしても花びらの掃除が大変になりますね
昔の手書き図面修正で、未だに三角定規は使う場合があるオイラでした
( ̄∇ ̄)自分は花散らしをいやらしい意味で使っておりませんぞw
3. Posted by オスカー   2019年04月16日 10:41
さち様
私の住んでいるところは12階まであるのですが、最上階は景色も違うし風の強さも違いますね😱
作家の藍川京先生は横浜のかなり高い階のマンションにお住まいのようで、風の強い日は大変みたいです。落雁は数えるくらいしか食べたことがないのですが、仏様のお供え物のイメージが強くて……食べちゃいけないもののだという気が抜けません(笑)
4. Posted by オスカー   2019年04月16日 10:45
ナンチャッテ様
「花散らし」という言葉を使うな、みたいなクレームがお天気キャスターにいくみたいですね。なんだかなぁ、であります(~_~;)
三角定規やハサミ、よく行方不明にしていました。今は「孫の手」が見つからず、背中がカユいです(笑)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ