2019年04月22日

春愁雲便りNo.21:S・O・S

「真っ白なショートケーキのどのへんを崩せば好きになってくれますか」


今日はショートケーキの日ですね。野島伸司さんの脚本で『ストロベリー・オンザ・ショートケーキ』ってドラマがあったよなぁ(見ていない)と思って、タイトルをつけました。私が今、切羽詰まっているとかそんなことはありませんので、万が一にも気にされた方がいましたら、申し訳ないです〜深く考えないで下さい(´ー`A;)



切羽詰まるを変換してで「切羽」ってこういう漢字なのか、羽根を切るのに詰まるってなんだ?と思ったら鳥の羽根ではなかった('~`;)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1012144070?fr=rcmd_chie_detail



最初の短歌はこ千原こはぎさんの作品。こちらの本の皆さまの感想、コメントにもたくさんステキな言葉が散りばめられていました∩(´∀`∩)


ちるとしふと (新鋭短歌シリーズ39) >> https://i.bookmeter.com/books/12765628




どこかで青い鳥が赤い糸を持って来てくれたら最高!という話を聞いた用な気がしますが、そんな他力本願はダメ!と思うおやぢの午後であります。



では、どうぞよい1週間を♪(o・ω・)ノ))





rohengram799 at 15:13│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by さち   2019年04月22日 18:11
何故にショートケーキの日なのでしょうか?って調べました。成る程~。ショートケーキ食べたくなりました。短歌なんて興味が無かったのに、読んでみると良いですね。妄想が浮かびます(*^^*)
金の糸を自力で掴み取ったそれぞれの彼は?うふふとニヤける私です。
2. Posted by オスカー   2019年04月23日 07:38
さち様
ショートケーキのいちごがだんだん小さくなってきたような気がしてさみしい〜値段を押さえるためでしょうか😢 短歌や俳句は妄想の宝庫ですね。読む時の気分でその光景が大きく変わったり、他の人の感想にビックリしたりが楽しいです✨

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ