2019年06月10日

林鐘雲便りNo.8:蜜と兎

梅雨寒というほどではないけれど、半袖ではちょっと……な気温ですね。先月のあの暑さはなんだったんだ Σ( ̄皿 ̄;; という気分になる月曜日。



さてさて………最近のわたくしは「官能の十七文字、愉悦の三十一文字」探しに熱中しているわけですが、そんな深読みしなくても〜な解釈をすることも楽しんでおります。



雪の野の兎華麗な罠に落つ   能村研三


あわれなウサギ、罠になかったウサギ、其がただの罠ではなく「華麗な」とはいったい………幸明なワナではなく、技巧のワナではなく、華麗という言葉に拡がる妄想。これはやはりウサギさんは可愛い女の子ではないのか? 雪山のスキーウェア&ゴーグルマジックに惑わされてしまったのでは? と考え方しまうおやぢ!



ダンナさんは若い頃、山登りをしていたのですが、山であった子に下山したら会いましょう、と約束して、いざ街中で会ったらアレ?な経験があったと言っていました。「酸欠で、みんな可愛く見えるんだよ、お互い様だと思うけど。」と(;´д`) 制服姿がカッコいい!みたいなヤツですかね? こんな話も思い出す一句でありました。私には、ですよ! もっと高尚で正しい鑑賞があるはず(^。^;)



蜜なめて黒瞳かがやく春の暮(みつなめてくろめかがやくはるのくれ)


桂信子さんのこの短歌も普通には読めば、何も問題(?)はございません〜蜂蜜の美味しさを純粋に喜ぶ子どもの姿が浮かびます。ええ、最初はそうでした。でも、私はピアノ……じゃない、私はおやぢなので、自主規制するようなことを考えたりするのです、ハイ。良い子は深く考えないように(*/∀\*)





最後に胸キュンな句をご紹介します(笑)



手をつなぐ勇気ください冬の虹  阿部友子




良い1週間になりますように♪(o・ω・)ノ))




【追記】

ちょっと難しい顔をしたアンティークドール(((^^;)

https://ameblo.jp/amebebeka/entry-12474372397.html

rohengram799 at 10:16│Comments(2)

この記事へのコメント

1. Posted by ミューちゃん   2019年06月10日 16:56
5 オスカーさん、こんにちは
自分のブログでも書いたのですが、ハリセンボンのはるかさんと、ゆりやんレトリィバァさんが僕が住んでる所のすぐ近くで番組のロケをやってたみたいです。僕は、ゆりやんさんの事が可愛くて好きな芸人さんなのですが、男性が言う「可愛い」て言うのと女性が言う「可愛い」の感覚って結構違うものなんだなって思ったりします。男性が言う「可愛い」は、本当に可愛いと思う時に言う言葉で、女性が言う「可愛い」て言うのは、口癖みたいに言ってる人が多いような気がしますどう見ても可愛くないオジサンとか動物を見ても「可愛い」て言ってる人が多いですしね(笑)これも偏見かな…
2. Posted by オスカー   2019年06月11日 07:45
ミューちゃん様
ドラマ『孤独のグルメ』でゴローちゃんが「女性の“可かわいい”は奥が深い」と言っていたのを思い出しました。いろんなものが混ざった「かわいい〜💕」なのでなかなか理解するのは難しいかも。意識の差ってありますよね。この前はバストサイズの男女の意識の違いを読んで笑いました😁

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索