2019年07月05日

桐月雲便りNo.4: 柵

今年の夏は涼しくなるとテレビで言っていましたが、冷夏じゃないよねぇ?と思ってしまいました。地球のあちこちで、いろんな自然災害が起こっています。宅地開発やら人間のやってきたことが遠因にあるのだろうけれど……被害が拡大しないように祈るばかりです。こういう気持ちってバカにならないと思うので。



さてさて……「移民」という言葉、自分のまわりにはそういう立場の人も係わっている人もいないのですが、この本は読んでみたいなと思いました。


6歳で「移民」になった少女が15年かけて書き上げた半生記〜『ふるさとって呼んでもいいですか』ができるまで|大月書店 @otsukishoten|note(ノート) https://note.mu/otsukishoten/n/nbaf388accd5f




川崎洋さんも好きな詩人のひとりですが、この詩は初めて知りました。柵っていったい何ですか、この言葉を繰り返している人たちがたくさんいるのでしょう。





「こちら側と向こう側」 川崎 洋


柵っていったい何ですか
柵のこちら側と向こう側だなんて
ああ可笑しい
棒杭の一本一本に
どんな意味があるんですか
並べて土に打ち込めばいいと思ってる
そうすりや
つながったような感じがするんですか
どうかしてやしませんか
何かのおまじないですか
柵って何ですか
柵のこちら側と向こう側だなんて
元来すうっと歩いていけばそれでいいのに
どうってこともないのに
柵だなんて
そればかりじゃない
柵のこちら側では喜びが
向こう側では悲しみだなんて
すうっと歩いていけば
ただそれだけの話だったのに
柵があって
向こう側へ行けば殺されてしまう
なんて
柵ってなんですか
こちら側から向こう側へ行けないなんて
そこの所でこちら側へ廻れ右
向こう側も
こちらを向いて歩いてきて
そこの所で
くるりと向こうを向く
しょうがないなあなんていいながら
柵ってなんですか
草や木が生えているのっぺらの大地に
そいつがあって それで
こっち側と向こう側
だなんて
棒杭が並んでいて
それに針金が絡まっていて
同じ位無造作に
死体が絡まっていて
向こう側とこっち側
向こうで
出ていけ

こっちでは
やあいらっしゃい
だなんて
柵っていったい何ですか
柵のこちら側と向こう側だなんて




rohengram799 at 08:40コメント(2)空のお城図書館 | わたしにできること 

コメント一覧

1. Posted by ミューちゃん   2019年07月05日 16:38
5 オスカーさん、こんにちは
不謹慎な事を言ってしまうかも知れないのですが、こう云う自然災害とか地震とか、まともにダメージを受けるのは何故、地方が多いんだ❓て云う疑問を持ってしまいますそれも若者が多くない所ばかりダメージを負ってるような気がします。それに選挙も近いみたいですが、避難指示のテロップが出てるのに、テレビでは党首討論をしてるのを観てると、そんな事してる場合じゃないんじゃないて思ってしまうんですよね。特に今回、安倍さんの喋りに僕はウンザリしましたね
2. Posted by オスカー   2019年07月05日 17:32
ミューちゃん様
テレビで避難場所に行こうとしても、免許返納してしまったら足がない、移動出来ない高齢者が多い地域もある。こういうことも考えないといけない、と言っていました。若い人は仕事が休めないかもしれないし。日中でも田舎はバスも少ないし、タクシーもつかまらない。選挙どころじゃない人の方が絶対多いと思います。何を言われても絵空事にしか感じないですね。 まだまだおかしな天気です。ご自愛下さい。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード