2019年09月06日

祝月雲便りNo.7:夜は雅(みやび)

どこかで「夜は雅(みやび)」という言葉を読んで、あらためて「みやび」について調べてみました。



ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


日本文学の美的理念の一つ。「みやび」は「宮ぶ」から出た言葉で,宮廷風であることが本来の意味で,それが美意識の次元まで高められたもの。都会的な文化と密着し,都会人の繊細で鋭敏な感受性によって見出された,上品で優雅な,知的に洗練された情趣美であって,粗暴,やぼ,無知などに背反する。実生活の日常性から遊離した宮廷生活の風流で遊戯的な雰囲気のなかでの産物である。奈良時代末期からすでにみられるが,平安時代に入って京都を舞台として展開された貴族文化の美意識の核心をなしていた。



「宮ぶ」「宮廷風」……言われてみれば納得というか。そうなんだ〜!と何か満足しました(笑)




「みやび」から離れますが、読売新聞(9/2)の「読売俳壇」にあった、う~ん( ̄~ ̄;)となった句を。


ごきぶりや読経続ける通夜の席

(川崎市・西 順子さん)


ああ〜、う~ん、なんてこと! 叩き潰すわけにはいかないし、叫ぶことも出来ないし……。お坊さんも参列者も、見つけた人たちは「どーしよー!」でしょう ヽ(д`ヽ彡ノ´д)ノ


どこかのお寺の仁王像の中にミツバチが巣を作っているらしい…というニュースを見ましたが、こちらも殺生出来ず……文化財の価値もあり、対処できず困っているようでした。しかし通夜の席でこういうことがないとは言えないですよねぇ。


違う生き物だったら、またねぇ……蝶とかクワガタとか……生死に関する人間の傲慢さとかも考えてしまう一句でした。


rohengram799 at 00:00コメント(6) 

コメント一覧

1. Posted by ミューちゃん   2019年09月06日 16:59
5 オスカーさん、こんにちは
ゴキブリより僕は蜘蛛が苦手なんですでも蜘蛛の巣って一体、いつ作られてるんだろう?て云う興味は有りますね(笑)。巣を作ってる過程を見たいです。時々、意外の所に蜘蛛の巣が有るって云うケースが有りますから
2. Posted by オスカー   2019年09月06日 20:04
ミューちゃん様
蜘蛛は種類によって巣を作る時間帯が違うみたいですね。私の知り合いのダンナさんも蜘蛛が大キライだと言っていました。小さい頃、古市橋伊恵に住んでいてかなり大きな蜘蛛を見てしまったそうで…ああ、想像志多だけでゾワゾワしてきました😱
3. Posted by さち   2019年09月07日 11:39
こんにちは。今頃またコメントを拾ってすみません。小学生の頃、夏休みの自由研究でナガコガネグモの巣の作り方(殆ど親の言いなり)をやったことがあります。一過程ずつ写真に撮り模造紙に貼り付けた記憶が。名前だけするっと出てきたので余程印象に残っているのでしょう。検索した写真を見てこれだー!と思い出しました。今見るとぞわぞわ~です。よくこんなもん家の中に飼って(ガラスケースの中とはいえ)やってたなあと思いますわ(゚A゚;)ゴクリ
4. Posted by オスカー   2019年09月07日 12:28
さち様
自由研究なんて何をやったか記憶にない私です…やらなかったから覚えていないのかも😰 アリの観察とか朝顔の観察ではなく、クモの巣に観察! スゴいですね。クモの巣はある意味、芸術品なので、午後upする予定の記事に追加しました🕸️
5. Posted by 猫ムスメ   2019年09月07日 14:32
若かりし頃すごく好きだった人の名前が「雅博」でした(笑)。だから雅の字には弱いです。
最近毎日通ってる子育て支援センターに「雅人君」がいて、今時キラキラじゃない普通の名前だなぁいいなぁなんて思いながらちょっと意識しています(^_^;)
6. Posted by オスカー   2019年09月07日 15:08
猫ムスメ様
お母さんが堺雅人さんのファンなのかしら?と思ってしまいました(笑) なんかおだやかで優しいイメージの名前ですね。私のまわりには「雅」の字の人はいなかったかも。正美、正子、正博とか「正」の人が多い気がする。時代かしら?(^o^;)

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード