2019年09月07日

祝月雲便りNo.10:時限爆弾 ( ・_・)ノΞ●~*

9/3読売新聞の文芸面で島田雅彦さんの新刊『君が異端だった頃』の紹介記事がありました。ほぼ事実の自伝的私小説らしい。


http://seidoku.shueisha.co.jp/1908/read02.html



「今でも中上(健次)が夢に出てくることがある」そう。中上健次の小説は何冊か買ったけれど、読んだのは一冊くらいかも。歳は離れていたけれど、交流があったらしい。文学者たちの交流図とか欲しいわ〜あと同時期に活躍した作家さんたちが一目でわかるモノが欲しい〜! 子どもが使っていた教科書の巻末には文学年表みたいなのがあって、世間の出来事と出版された本がわかりやすかったので、こういうのが欲しい! 自分で作る気はもちろん、ない!(笑)



記事の最後の言葉が印象的でした。


「死者は生きている者の意識の中で再生する。時限爆弾のようにさく裂するんです」



私の中にはいくつの時限爆弾が仕掛けられているのでしょう?





仕掛ける、と言えば……蜘蛛の巣も罠を仕掛ける感じでしょうか? 「蜘蛛」関連のコメント文章を読むことが続いたので、雨上がりの蜘蛛の巣の写真をまとめた記事をどうぞ。蜘蛛はいないです(多分)。やっぱり巣を作るのがヘタな蜘蛛もいるんでしょうね(^。^;)

http://naniomo.com/archives/7255




こちらは2年くらい前の【豊田市美術館「蜘蛛の糸」展】のブログ記事です。行ってみたかったなぁ。

https://shizukozb.blog.so-net.ne.jp/2017-01-15




【いちばん美しいクモの巣】絵本です。

https://bookmeter.com/books/537915



rohengram799 at 16:00コメント(2)絵本・昔話・童話・法話 | アート・博物館・美術館 

コメント一覧

1. Posted by ミューちゃん   2019年09月07日 16:52
5 オスカーさん、こんにちは
個人的には11番と12番の蜘蛛の巣の写真が僕のお気に入りですね因みに今日も、結構、大きな蜘蛛の巣を発見しましたよ(笑)。
2. Posted by オスカー   2019年09月07日 19:21
ミューちゃんと様
「蜘蛛女のキス」とかあったよなぁ、と調べたら小説が原作なんですね。ちょっと読んでみたい。そういえばスーパーも100均もハロウィン🎃一色になっていましたわ。クモの巣デザインのgoodsもたくさんありました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード