2019年10月06日

紅樹雲便りNo.5:こころ(の一部)

昨日は暑かった………もう10月なのに。皆さま、体調はいかがですか?


さてさて……子どもが高校時代に使っていた教科書に載っている、夏目漱石の『こころ』を読んでいました。全文は多分読んでいないんじゃないかなぁ。あちこちであらすじとか感想が書いてあるので、まるまる1冊読んだ気になっているかもしれないけど(^o^;)


読書メーターの感想に

小学校から数年おきに読み直していますが…

というのがあって、スゲー Σ(*゚Д゚*) と思いました。
私の小学生時代など、国語の教科書は読みますが、あとはほとんどが漫画。本屋さんが近いこともあり、ほぼ毎日買いに行ってましたわ。 読んだ本といえば兄が買っていた「詩とメルヘン」(雑誌)か詩集(アンソロジー的な)か格言・名言集(1つの言葉が短いから読みやすい)くらいなので、小学生(高学年だとしても)で「こころ」とは……!

それに私は本を読み返す、というのがほとんどなくて(漫画や同人誌とかは別)「こんな言葉があったよね」と思った時に確認のためにそこを探すくらいで……薄い詩集とかは読み返すけれど、小説はないです。1冊を何回も大切に読む人に憧れがあります。


私が『こころ』で好きなのはココです。


「精神的に向上心のない者は、ばかだ。」

私は二度同じ言葉を繰り返しました。そうして、その言葉がKの上にどう影響するかを見つめていました。

「ばかだ。」とやがてKが答えました。「僕はばかだ。」



けぇ〜! と叫びたくなるような、そんな場面です。

関係ないですが、物語を書くときに会話文ので後に「。」をつけるかどうか、悩んでおりました。出版社では「つけない」と聞いていましたが、学校では「。」をつけることを推奨しているとか。以前は気にならなかったのに、最近はミョーに気になる私です(^o^;)


https://kodomobook.com/genkou01




rohengram799 at 00:05コメント(6) 

コメント一覧

1. Posted by さち   2019年10月06日 11:51
私も本は一度読んだら満足してしまうことが殆どです。例外はありますが。「赤毛のアン」「あしながおじさん」、クリスティの「そして誰もいなくなった」など何年かおきに読みたくなり図書館で借りてきます。
会話文、ご存知のように「。」つけない派ですが、それは初めて書いた時、森先生の小説をお手本にしたためです。言葉でも、この文字は漢字より平仮名が良いのかとか、改行のペースとか、まるでバイブルのようですわ。お陰で一冊だけ手垢だらけです(^_^;)新しいのを買いたいくらいです。
2. Posted by 猫ムスメ   2019年10月06日 15:18
実家から本屋が近かった…というのは鼻血が出るほど羨ましいです。どれだけそういう環境に憧れたことか(>_<) 本屋・図書館にすぐ行ける環境だったかどうかはその後の人格や学力にも影響すると思っています。

私は本屋も図書館も数キロ離れていて、自力ではいけませんでした。親も仕事をしていたのでそうしょっちゅうは連れて行ってくれず。
図書館でMAXまで借りた本を返却期限まで繰り返し繰り返し読みました(借りると2〜3日で読み終わる子だったので)。
買った本に関してはそれこそ擦り切れるまで読んだものです。もっと色んな本を読みたかったけれど、繰り返し読んだことにより一文一文が頭に叩き込まれ、自分にとって血となり肉となったのかな…と感じています。

3. Posted by オスカー   2019年10月06日 16:35
さち様
森先生の文章を初めて読んだ時は長音がないことに驚きました。今はブログ記事を読んだりして慣れてきましたが😅 文章って視覚も大きいですよね。漢字を見た時のイメージで印象が大きく変わります。「くび」も「首」と「頸」ではかなりの違いがあるので、書き手のこだわりなのか、たまたまなのか、う~ん、となったりしますが、愛読者といいながら「ベルばら」を「ベルバラ」と書く人はなんなのよ、と思います😱
4. Posted by オスカー   2019年10月06日 16:39
猫ムスメ様
田舎の本屋さんなので文房具屋とセットみたいでしたが、実家が商店街にあったので恵まれていたと思います。それでも甲府の大きな書店に行くとおお〜!となりましたね。今は複合書店が増えていかにも、な町の本屋さんが廃業してしまうのが残念です。
5. Posted by ミューちゃん   2019年10月06日 17:03
5 オスカーさん、こんにちは
僕は文学作品を殆ど読まず、専らエンタメ系(特に音楽)を読んでいるので学がないのですが、今年の5月に「文豪たちの悪口本」(彩図社文芸部)て云う本が出版されたみたいで、内容は興味があるから読んでみたいですね(笑)
6. Posted by オスカー   2019年10月06日 17:22
ミューちゃん様
この本、私も気になっていました! 青空文庫都かでエッセイを読むと、こういう作家同士の繋がりがあったのか!と思ったり、同時代の作家だったのかと思ったり…。昔の方が素直に容赦なくバンバン悪口というか自分との考え方や趣味の違い等を謂えたのかもしれないですね。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

オスカー

QRコード
QRコード